喜多見幸太(鈴木亮平)のバレてはまずい過去を考察!ドラマ『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜 第1話』

ドラマ『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜 第1話』では、都知事が喜多見幸太(鈴木亮平)のバレてはまずい過去を憂慮するので、そのまずい過去とは何か?考察してみたので参考にしてみて下さい。

ドラマ『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜 第1話』のキャスト

f:id:akira2013web:20210705025426p:plain

出典:https://www.tbs.co.jp/TokyoMER_tbs/

医療ドラマ『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』は、2021年7月4日から放送開始されました。

脚本&演出

女優&男優&声優

主題歌

医療ドラマ『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』のエンディングテーマ曲は、GReeeeNの『アカリ』です。

ドラマ『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜 第1話』のストーリー

1992年アメリカで、大きな惨劇が起きてしまって、少年が必死に医師を呼んでいました。それから、歳月は流れて、日本の東京都で、赤塚梓都知事の発案で『TOKYO MER』が発足されました。

このチームは、今までとは違い最新の医療施設を設備した車両を出動させて、病院で治療するのではなくて、外で治療しようとするものでした。

多くのメンバーたちが自己紹介する所で、赤塚梓都知事は「この医療チームが駆けつける所では、死者を一人も出さない事です」と断言してしまったのです。

これには、TOKYO MERメンバーの弦巻比奈は「死者0って無理でしょう」と愚痴をこぼしてしまいます。

ところが、赤塚梓を快く思わない者たちは多くいて、久我山秋晴や音羽尚たちは『どこまで、やれるのやら』と鼻で笑いながら、TV中継される都知事を眺めていました。

そんな時に、大規模な交通事故が発生したという知らせが届いて、TOKYO MERが出動します。

現場へ到着したら、車両が横転していて、まだ安全に医師が入れるような状況ではなかったのですが、喜多見幸太はレスキュー隊の制止をふりきって、車両に突入してしまうのです。

喜多見幸太は迅速に、怪我人たちにトリアージ(重傷者を判別する際に使うタグ)を貼っていき、誰を優先的に治療させるべきか?判別していきました。

それからも、喜多見幸太は周囲の者たちの意見を聞かず、無理な医療行為ばかりしていきますが、周囲の反発を買ってしまい、TOKYO MERは大丈夫なのでしょうか?

『喜多見幸太(鈴木亮平)のバレてはまずい過去』

喜多見幸太(鈴木亮平)のバレてはまずい過去を考察してみましたが、医療ドラマではありがちなケースを考えてみたら、以下のようなものがあげられます。

  1. 無茶な医療行為を行って患者を死なせてしまった所
  2. 経歴を詐称している所
  3. 医師免許を持っていない所

1番は医療ドラマではあるあるですが、TOKYO MERが解散しなくてはいけない事ではないでしょう。なぜなら、医療事故は残念ながら、何回も起きてしまっているので、それで解散まで追い込まれるのは考えにくいです。

そう考えたら、2番か3番という事になりますが、都知事の憂慮の度合いを考えたら、やはり医師免許を持っていない時に治療してしまった所ではないでしょうか?

喜多見幸太は、外国で荒っぽい医療行為をしていたというので、その厳しい環境下で少しずつ医療行為を覚えていって、医師免許を持っていない時に治療を行ってしまって、それが、高輪千晶も「あの事件がバレたら」と憂慮した所なのでしょう。

ドラマ『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜 第1話』のまとめ

第1話では、無鉄砲な喜多見幸太を支えるべきか?支えないべきかでチームが揺れ動いてしまいますが、今後はチームが一丸となって団結できるのか注目したい所です。

気になったのは、やはり喜多見幸太のバレたら、まずい過去ですね。恐らく医師免許を持っていない状態で、治療を行ってしまったのではないかなと睨んでいますが、はてさて、どのような展開が待ち構えているのか、期待しながら見守りたいと思います。

ドラマ『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜 第1話』は、動画配信『Paravi』に入会すれば見る事ができます。