毛の描き込みの難しさに四苦八苦!ペルシャ猫 No.1のイラスト制作

f:id:akira2013web:20210712072035p:plain

出典:https://www.25ans.jp/lifestyle/animal/g34650385/elecattigger-201120/?slide=2

今日こそは、ペルシャ猫のイラストが完成するかなと思ったら、どんどん描き込んでしまって、毛の描き込みで戸惑ってしまったので、そこまでの経緯を紹介します。

図形で猫のアタリを描く

f:id:akira2013web:20210712071900j:plain

図形で、まずは猫のあたりを描いていきます。今を思えば、ここでしっかりと寸法を間違えずに描いておけばよかったなぁと思う今日この頃です。

ペルシャ猫のの下描き

f:id:akira2013web:20210712071911j:plain

ペルシャ猫のイラストの下描きが終わった所ですが、まぁ、こんな感じかなという所です。

ペルシャ猫の毛の下色

f:id:akira2013web:20210713081223j:plain

だいたいの色を塗っていきました。はみ出すぐらいで良いですね。

f:id:akira2013web:20210713081257j:plain

次に、絵を拡大して、はみ出た所を消しゴムでサッサと消していきます。こういった事が出来るのもデジタルならではといった所でしょう。

f:id:akira2013web:20210713081336j:plain

毛の色がはみ出た所を全て消し終わった所です。次は背景の色も塗っていきますが、どうなるかなぁという所ですね。今日で、終わらなかったのは痛恨の極みです。

CLIP STUDIO PAINT PROの公式ガイドブック

f:id:akira2013web:20210711070123j:plain

今回のイラスト制作で使っているソフトの操作方法が載っているのが『CLIP STUDIO PAINT PRO 公式ガイドブック』です。

自分は、このソフトは使うのが初めてでしたが、このガイドブックのおかげで、色々な操作をする事ができています。

まだCLIP STUDIO PAINT PROを利用していなくて、これから利用を始めようとしている方は、まずは公式ガイドブックを購入して勉強してみたほうが良いです。

この書籍では、基本的な機能からプロの技法に近づけるテクニックまで掲載されているので、重宝できます。