似顔絵『広瀬すず No.1』が完成!アゴの輪郭線を消去

f:id:akira2013web:20210722180639j:plain

広瀬すずさんの横顔の似顔絵が完成したので、その経緯や完成画像について紹介しましょう。

前回まで描き終えていた所

f:id:akira2013web:20210722114456j:plain

前回まで描き終えた所でしたが、この時は服の模様もハッキリとしていなくて、いまいちな仕上がりでした。

服の模様が完成

f:id:akira2013web:20210722182019j:plain

服の模様をハッキリさせるために、服・アクセサリーなどの余計な線は全て消去しました。

さらに、服にハッキリと着色して、前回から、だいぶ変わった感じですね。

アゴの輪郭線を消去して各パーツに明・暗を着色して完成

f:id:akira2013web:20210722180706j:plain

各パーツの中間色に明・暗の2色を追加して、アゴや唇などの余計な輪郭線を消去しました。

これで、完成系ですが、思ったよりも良い仕上がりになりました。

f:id:akira2013web:20210717192701j:plain

一部の輪郭線を残しましたが、そのほうがメリハリが効くと思ったからです。前回の猫の絵よりは、毛の描き込みがよくなったなぁと思えます。

まぁ、人物画と動物画の違いがあるので、一概にスキルアップしたとは言えないかもしれませんが、前回よりはだいぶよくなったのは確かです(多分)。

似顔絵『広瀬すず No.1』のまとめ

人物画で、初の完成作品ができあがりましたが、CGの初の人物画としては、まずまずのできあがりだと思います。

しかし、もう少し血色をよくしたかったですし、最初にトレースして残すべき線を決めておけば良かったなと思う作品でもありました。

その反省は次回作のロシアンブルーに活かしたいと思っているので、ぜひとも次回作を期待して待っていて下さい。