映画『42 〜世界を変えた男〜』の見所

映画『42 〜世界を変えた男〜』の見所

f:id:akira2013web:20210922032711j:plain

野球映画として、これだけ胸が熱くなるものは、なかなか無いなぁと思わせるほどの感動的な作品でした。

最初は黒人のジャッキー選手が凄い物語かと思っていましたが、リッキー会長が黒人の選手を入団させて、その後もサポートを続けていくので、このリッキー会長も凄いなとうならされるばかりです。

ドジャースは初の黒人メジャーリーガーを誕生させますが、その後に野茂英世選手も迎え入れるので、ドジャースのDNAはしっかりと受け継がれていたのでしょう。

自分が子供の頃に、野茂英雄選手が渡米して独特のフォームから切れ味のするどいフォークで、メジャーリーガーの打者たちを三振させていくのはすごかったですね。

あの当時は「ヒ・デーオ!ヒ・デーーオ!野茂が投げれば大丈夫、ワン・アウト、トゥーアウト、スリー・アウト、チェンジ」という歌が流行り、白人少年が野茂の好投に目を輝かせる映像を見た時は、衝撃を覚えました。

少し話は脱線してしまいましたが、野球には歴史や人種を変える力があるという事であり、映画『42 〜世界を変えた男〜』は、それを雄弁に物語っていましたね。