映画『ヤクザと家族 The Family』の見所

映画『ヤクザと家族 The Family』の見所

f:id:akira2013web:20210922032710j:plain

綾野剛さんが、少し不器用でも義理人情に熱いヤクザを演じていて、活躍する所もありましたが、あまりにも厳しい法改正の所は考えさせられてしまいます。

実際に、ヤクザからカタギになっても『5年ルール』が存在していて、5年間は一般人として扱ってもらえない所があり、細野竜太(演:市原隼人)もかなり苦しめられます。

その結果、平和になったのかと言えば、半グレが出現するようになり、木村翼(演:磯村勇斗)が半グレの象徴のような存在になっていきました。

木村翼は子供の頃から、山本賢治から目をかけられていたので、昔から山本賢治を慕っていました。

この映画は悲しい結末を迎えますが、木村翼と山本賢治の娘が出会えたので、そこだけが救いだったかなという感じがしますね。