映画『花束みたいな恋をした』の見所

映画『花束みたいな恋をした』の見所

f:id:akira2013web:20210922032710j:plain

山音麦(菅田将暉)と八谷絹(有村架純)の性格が逆転してしまって、最高の恋人同士が破局の道へまっしぐらに突き進んでしまいます。

やはり、就活は人を変えるというか、人生を変えてしまうので、恋人同士の関係がおかしくなってしまうのかもしれません。

最初は、山音麦は「恋人と一緒に生活できる事を続けられるのが夢」と言っていたのに、仕事を優先するようになって恋人と口喧嘩するのは痛々しかったですね。

さらに、八谷絹が知り合いから「恋愛と結婚は違うから」と言われてしまうのも、その通りだとは思いますが、それでは夢も希望もないなぁと思ってしまうばかりでした。

この映画では、有村架純さんが菅田将暉さんとキスをしたり、一緒に風呂に入ったりして、今までの清純派女優から大きく転換するような内容になっています。

それだけに見所はあると思うのですが、幸せな同棲生活からケンカばかりの生活に変化していく姿は、多くの人が『現実は、そうなんだよなぁ』と思ってしまう所かもしれません。