映画『糸』の見所

映画『糸』の見所

f:id:akira2013web:20210922032709j:plain

小学生が駆け落ちしていく訳ですが、虐待から守れなかったのに、そこから引き離すとは、最悪の対応をする警察の対応にゲッソリとしてしまいました。しかし、今の日本の法律だと、そうなってしまうんだろうなと思ってしまいますね。

しかし、園田葵(演:植原星空)が自ら、虐待していると強く主張して、母親は何もしてくれないと主張したら、児童相談センターに保護してもらえたんだろうなぁと思ってしまう内容ですね。

ラストシーンでは、高橋香(演:榮倉奈々)ガンで重病になってしまいますが、きっと榮倉奈々さんは役作りのために結構ダイエットをがんばったんだろうなと思うほど顔がやつれていました。

あそこまで役作りに専念するとは、榮倉奈々さんの女優魂というものを感じさせられる映画でした。