映画『劇場版シグナル』の見所

映画『劇場版シグナル』の見所

f:id:akira2013web:20210922032704j:plain

劇場版シグナルでは、無機質なトランシーバーで、未来と過去がつながり、刑事たちが事件を追求していく映画です。

トランシーバーは無機質なのに、時空を超えて連絡できるなんて、何か不思議な感じがして、見ようとしたらドラマ版があったんですね。知りませんでした。

今度、ドラマを見てみようと思ったのですが、ドラマのストーリーを最初に軽く紹介していたので、ドラマを見ていない方でも理解しやすくなっています。

それにしても、ラストシーンでは意外な人物が犯人であり、三枝健人が過去の大山剛志に2009年の事件を調べてもらおうとした事が効きましたね。

ラストシーンでは、三枝健人が犯人の復讐を止めようとするので『そこは止めないでやってくれよ』と不満に思ってしまう所でしたが、ラストでは100%納得いく終わり方で気分がスカッとする映画でした。