映画『銀魂』坂田銀時が志村新八の姉にぶん殴られた理由!

映画『銀魂』では、なぜか坂田銀時が、仲間の志村新八の姉にぶん殴られてしまうので、その理由やストーリーについて詳しく紹介しましょう。

銀魂』のキャスト

日本のアクション映画『銀魂』は、2017年7月14日に日本で上映されました。DVDの収録時間は131分になります。

監督&脚本

天人が我が物顔を振舞っていた江戸時代を陽気なアクション映画として製作したのが、福田雄一監督です。

登場人物&役者&声優

白夜叉たちと紅桜を持った男が激しい死闘を演じていく登場人物・役者・声優たちは、以下の通りです。

銀魂』のストーリー

江戸幕府の将軍が日本を治めていた時代は、侍たちの時代でしたが、宇宙から襲来してきた天人によって、幕府や侍たちは虐げられてしまいます。

銀時たちは攘夷戦争を起こしますが、侍たちは敗北して、廃刀令によって刀を取り上げられてしまいました。それから歳月は流れて、将軍のカブトムシが逃げ出してしまって、見つけた物には高い報奨金を支払われる事になりました。

これに、銀時や新選組たちが総出でカブトムシを捕まえようとしますが、桂小五郎が辻斬りに襲われてしまい行方知れずになってしまったのです。

今まで、近くで付き添っていたエリザベスは悲嘆に暮れてしまうので、坂田銀時は辻斬りを見つけて捕まえようとしたら、逆に妖刀『紅桜』で返り討ちになってしまいます。

重症に陥ってしまいますが、志村新八の姉 妙の看病もあって、なんとか命をとりとめます。

辻斬りをしていたのは岡田似蔵であり、以前から人斬りとして名を馳せた剣客でした。長州の維新志士 高杉晋作は岡田似蔵を従えて、再び奇兵隊を結成して、クーデターを起こそうとしていたのです。

坂田銀時にとって、高杉晋作は古き仲間でしたが、はたしてクーデターを止める事ができるのでしょうか?

坂田銀時が志村新八の姉にぶん殴られた理由』

坂田銀時は妖刀『紅桜』によって重症に陥ってしまい、志村新八の姉である妙に看病されます。

志村妙は、正気を取り戻した坂田銀時に「私の事、覚えてますか?」と語りかけたら「ゲロみたいな料理を作る女」と答えられるので、重症になっている相手をぶん殴ってしまったのです。

重傷者をぶん殴るとはバイオレンスな女性と思ってしまいますが、ゲロみたいな料理を作る女と答えてしまっては、殴られても仕方ないですね(苦笑)。

その後も、坂田銀時が図々しい事を頼んできた相手に「お前のツラの厚さはタウンページですかぁ?」と言って、志村妙から「分かりにくい例え辞めて」と突っ込まれてしまうのです。

銀魂』の豆知識

日本でクーデーターを起こそうとする晋助を止めようとする映画『銀魂』の豆知識を紹介するので、良かったら、ご覧になってみて下さい。

銀魂』の主題歌


映画『銀魂』の主題歌は、ロックバンド UVERworldの『DECIDED』です。
この歌は、銀魂のストーリーとあまり関連性のないワードが多くなっていますが、激しいサウンドの中で力強く歌われる曲は、激しく斬り合うアクション映画『銀魂』とよく合っています。

銀魂』のグッズ:定春のヌイグルミ

銀魂のマスコットキャラクターとも言える定春が、34cmもの大きなサイズのヌイグルミとして販売されています。

私は、この映画を見るまで定春を知らなかったのですが、犬のような顔をしているのに、マユズミのようなものが書かれていて「なかなか愛嬌のある宇宙生物だなぁ」と思ってしまいました。

これほど可愛らしいヌイグルミであれば、車の中もしくはソファーに置いて、インテリアとして用意しておきたいグッズですね。

銀魂』の感想

銀時と似蔵

引用:https://eiga.com/movie/85208/gallery/6/

数多くの陽気な映画を製作してきた福田雄一監督の作品という事もあって、銀魂も随所に、監督の個性が光る内容になっています。そのような映画を見た感想を紹介するので、参考にしてみて下さい。

銀魂』のオススメ層

銀魂は、幕末の話なのでシリアスなストーリーになっている所はあるのですが、個性豊かな俳優たちのコメディタッチの所が多々あるので、大人から子供まだ楽しめる内容になっています。

ただし、歴史好きの方が見ようとしたら『なんだ、この史実から離れた内容は!』と突っ込みたくなる所もあるので要注意です。そのため、シニア層の方にとっては、ついていけない所があるので、途中で見るのが嫌になるかもしれません。

  • 歴史好き:⭐️⭐️
  • 若年層:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 中年層:⭐️⭐️⭐️
  • シニア層:⭐️
  • 男性層:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 女性層:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

銀魂』の残念な所

1000年に1人と言われたほどのアイドル橋本環奈さんが、神楽役として、菜々緒さんが演じる来島また子を挑発するシーンがありました。

このシーンでは、橋本環奈さんが鼻をほじってアホぶりを見事に演じていたのですが、正直な話ですが「そこまでアイドルにさせる必要があるのかな?」と思いました。

あれは橋本環奈ファンにしてみたら、どうなのだろうと思ってしまいます。実際に、それほど面白く感じられなかったですし、その他に銀時と妙のさりげない会話のほうがよほど面白く感じられただけに少し残念に思うシーンでしたね。

銀魂』の見所

銀魂では、銀時や妙のトークが面白いだけではなく、銀時と似蔵たちが激しく斬り合うアクションシーンも見事でした。この辺りは、コメディー映画というよりもアクション映画として満足できる内容になっている所ですね。

その他にも、エリザベスや定春たちの可愛らしいキャラクターも登場するので、アクションシーンが好きな男性だけではなく、可愛いキャラクターが好きな女性でも満足できる映画になっています。