河上万斉(窪田正孝)は他のアニメを意識していた?映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』

映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』では、河上万斉(窪田正孝)が圧倒的な強さを誇っていましたが、他のアニメを意識していた可能性が高いので、詳しく紹介しましょう。

映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』を見られる動画配信

銀魂2 掟は破るためにこそある』を見られる動画配信は、2018年8月17日時点では以下の通りです。

U-NEXT

Prime Video

映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』のキャスト

日本のアクションコメディー映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』は、年に公開されました。

銀魂2 掟は破るためにこそある』の登場人物や俳優さんたちは、以下の通りです。

映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』のストーリー

坂田銀時たちは、あまりにも金がなくてキャバクラでアルバイトをする事になってしまいます。そこへ徳川の将軍や新撰組がやってきたので「将軍かよーーー!」と驚愕してしまいます。

松平片栗虎は「将軍様ゲームをするよぉ」と棒を取り出して、将軍さまの棒を引いたものが命令する事に従う事になりました。

ところが、本物の将軍は負け続けてしまって、裸の姿にされてしまい、坂田銀時は『もう打首獄門は間違いない』と覚悟を決めてしまうのです。

キャバクラで楽しいゲームが起きていた時に、土方十四郎は『将軍様にも困ったもんだ、こんな時にキャバクラか』と呆れていました。そこへ首に何かを刺されてしまい、土方十四郎はへたれになってしまい、アニメオタクになってしまいました。

新撰組近藤勲が、伊東鴨太郎を重用していたので、大きな軋轢を生んでいたのです。

伊東鴨太郎は、それを利用して、オタクになった土方十四郎に罠をしかけて、新撰組から追放してしまいます。しかも、伊東鴨太郎は新撰組を乗っ取ろうとしてして、近藤勲の命を狙おうと動き出すのです。

この裏には、高杉晋助や河上万斉たちが控えていました。坂田銀時たちは、オタクになってしまった土方十四郎を引っ張り出して、新撰組を助けようとしますが、伊東鴨太郎の野望を打ち砕く事ができるのでしょうか?

『河上万斉(窪田正孝)が意識していたアニメ作品』

河上万斉(窪田正孝)は、あの坂田銀時にも引けをとらないほどの能力を誇っていました。しかし「ござるな」というセリフを吐く所や、のんきに構える剣客という所は、やはり『るろうに剣心』を意識していたのでしょう。

さらに、坂田銀時との戦いでは、スローモーションのように戦っていくので、映画『マトリックス』も意識していた可能性すらあります。

映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』と比較

映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』で、河上万斉(窪田正孝)は『るろうに剣心』によく似ていましたが、そのるろうに剣心の映画は圧倒的なスピードで迫力のあるアクション映画になっています。

多くの実写化映画は失敗すると言われて久しいのですが、このるろうに剣心は、珍しく大当たりしました。それは、ワイヤーを利用したド派手なアクションシーンと、豪華なキャスト陣(佐藤健さんや武井咲さんたち)の参加が功を奏しました。

しかし『銀魂2 掟は破るためにこそある』も、アクションシーンとコメディが絶妙に合わさって、独特の良さが出ているので、オススメですね。

映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』のまとめ

今作の感想を紹介するので、参考にしてみて下さい。

銀魂2 掟は破るためにこそある』のオススメ層

アニメを実写化した作品なので、若年僧向けの映画ですね。歴史上の人物を意識したキャラクターが多く登場しますが、史実とは、かなり違う所があるので、歴史好きの方にオススメできるかどうかは微妙ですね。

  • 歴史好きの方:⭐️⭐️⭐️
  • 若年僧:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 中年層:⭐️⭐️⭐️
  • シニア層:⭐️
  • 男性層:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 女性層:⭐️⭐️⭐️⭐️

銀魂2 掟は破るためにこそある』の残念な所

あの勇ましい土方十四郎が、へたれになってしまうのは面白い所なんですが、土下座してしまうのは『えぇ?』と思ってしまう所でした。

そんな土方十四郎は見たくないという感じがしましたね(苦笑)。これは、福田雄一監督の笑いのセンスなんでしょうけど、今回も橋本環奈さんが鼻の穴に指を突っ込んでしまうシーンがあるんですが、あれはいらないと思います。

せっかく、綺麗な女優さんなので、そこまでさせなくてもと思ってしまう所です。

銀魂2 掟は破るためにこそある』の見所

将軍様ゲームでは、坂田銀時たちが何とか将軍のご機嫌を取ろうとしますが、次々に空回りして、将軍を裸にする所は、面白かったですね。

さらに、イケメン俳優たちが女装をして、あごをしゃくれてしまう所は、さすが福田雄一監督の作品だなと、逆に納得してしまいまいた。

そのように面白いシーンが数多くあるので、福田雄一ワールドが好きな方は、必見の映画ですね。