AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


映画『となりの怪物くん』吉田春(菅田将暉)の意外な素顔

映画『となりの怪物くん』では、吉田春(菅田将暉)には意外な素顔があり、それが原因で彼女(演:土屋太鳳)とも上手くいかないので詳しく紹介しましょう。

となりの怪物くん』のキャスト

日本の映画『となりの怪物くん』は、2018年4月27日に日本で上映されました。この映画の原作は、日本の漫画『となりの怪物くん』で、作者は『ろびこ先生』です。

吉田春(演:菅田将暉

学校のクラスメートから怪物のように恐れられたハル(吉田春)は、学校へ行きたがりませんでした。そんな人付き合いが苦手で、奇抜な行動を取るハル役を演じたのが、菅田将暉さんです。

菅田将暉さんは、ハルを演じるに当たって、発声を変えるように意識して、それが映画によく現れていて、怪物くんの存在を際立たせていました。

水谷雫(演:土屋太鳳)

雫は、友達や恋人よりも勉強が大事と考えている女子でしたが、その雫の勉強を邪魔するのが、ハルでした。雫はハルを面倒に思ってしまいますが、少しずつ惹かれていきます。

土屋太鳳さんは雫の『人と繋がりたくても繋がれない』という所に感銘して、かつて自分も少女時代に思った事を言葉にできない事もあったので、雫に共感できる所があったようです。

吉田優山(演:古川雄輝

ハルの兄である優山は、かつて弟思いの性格をしていました。しかし、ある出来事がキッカケで、弟のハルに言ってはいけない事を口に出してしまいます。それが、兄弟が絶縁状態になるキッカケとなるのです。

古川雄輝さんは、ストーリーが展開していく事によって、他の人への接し方を意識して変えようと努力をしました。その努力があって、優山のとらえどころのないミステリアスな部分を強めています。

吉田泰造(演:佐野史郎

泰造は、ハルと優山の父親で、少し冷酷非常な性格をしています。そのような役を得意とする事で有名なのが、佐野史郎さんです。そのため、まさに適役という感じがしましたね。

三沢満善(演:速水もこみち

満善はハルと優山の従兄弟で、ハルの父親代わりとなっていました。そんな満善は、バッティングセンターを経営していました。そして、ハルの仲間たちは、次第にバッティングセンターへ通う事になるのです。

三沢満善はイケメンの設定になっていて、女性から告白されるシーンがありました。速水もこみちさんは、ここで強めに断っても、弱めに断ってもダメだと思って、特に神経を使って演技に臨んでいました。

山田賢二(演:山田裕貴

山田賢二は髪を染めていて、少しとんがった性格をしているので、ヤンキー風の生徒にも見えます。所が、意外にも頭はよくて、雫と同じ塾に通う生徒でもあるのです。

山田裕貴さんは、原作のキャラクターでは人気No.1の山田賢二を演じるに当たって、相当のプレッシャーがあったようです。しかし、同じ共演者の菅田将暉さんや池田エライザさんと一緒に歌って、気分をリフレッシュしていたようですね。

夏目あさ子(演:池田エライザ

夏目あさ子は、美人な女子高生という事で、友達が多そうなイメージを抱きやすいキャラクターです。所が、美人という事で、すぐに男子から好かれてしまって、多くの女友達が離れていく可哀想な一面のある女子です。

池田エライザさんは、そんな夏目あさ子の悲しさや寂しさを、見る人たちに伝えられるように熱演していました。

佐々原宗平(演:佐野岳

野球部員だった佐々原宗平は、ハルに借りがありました。そのため、ハルの家にプリントを届けに行った雫が気になりだしていくのです。

野岳さんは、不器用な性格をした佐々原宗平を演じるにあたり、少しずつ自分を変えようと努力する所を分かってもらえるように演じていました。そんな佐野岳さんは、菅田将暉さんの才能や真面目な人柄に感心していたようです。

大島千づる(演:浜辺美波

大島千づるは、学級委員長でしたが、それは人から押し付けられたものでした。所が、その学級委員長になった事を感心してくれるハルに、少しずつ惹かれていく事になります。

浜辺美波さんは、メガネをかけて大島千づる役を演じていたら、何回もメガネがずり落ちてしまいました。そのたびに周りから「メガネ上げて、大島」と言われてしまい「千づる」と呼んで欲しいと思ったようで、女心は難しいものですね。

となりの怪物くん』のストーリー

雫は一生懸命に勉強していたら、担任の先生から「このプリント、悪いんだけど吉田君(ハル)に届けてくれる?」と頼まれてしまいます。

『なんで、私が?』と思いながら、ハルが住んでいる自宅まで足を運び、ハルの従兄弟の満善にプリントを渡して「それじゃ」と言って帰っていきます。

所が、その帰り道にハルが待ち伏せをしていて、いきなり飛びかかってきたのです。ハルは「俺を学校へ戻しに来たんだろう」と迫りますが「私はプリントを届けにきただけ」と断ります。

ハルは「あれか、学校へ来なくなった奴に、友達がプリントを届けるやつだろう?」と勝手な解釈をして、雫を友達に認定してしまうのです。それにハルは「何なの、コイツ?」という顔をして立ち去っていきます。

それからというもの、ハルは、雫にまとわりつくようになり、最初こそ面倒くさいと思っていましたが、次第に純真な性格のハルに惹かれていきました。

次第に、ハルのもとには、佐々原宗平・夏目あさ子・山田賢二たちが集まってくるようになりました。夏目あさ子は美人すぎたので、男子にチヤホヤされて女子から嫌われしまいますが、ハルに勉強を教えてもらい仲間になっていきました。

ところが、次第に山田賢二とハルは、雫を巡って、対立するようになります。所が、ハルは学級委員だった大島千づるに優しく接したら、大島千づるから恋心を抱かれるようになってしまったのです。

生徒たちの間で、複雑な恋愛模様が繰り広げられる中で、ハルのもとへ兄である優山が訪れた事によって、信じられない展開が待っていたのです!

『吉田春(菅田将暉)の意外な素顔』

雫は、つねにトップクラスの成績を誇っていたので『吉田春は、ずっと学校へ行っていなかったので、あまり勉強ができない人間だろう。少なくとも私の敵じゃない』と思っていました。

ところが、吉田春が登校するようになり、テストが行われたら、雫は吉田春に負けてしまったのです!これには悔しくて、もう勉強に集中して色恋沙汰に時間をかけてられないと思ってしまい、二人の間に亀裂が走ってしまったのです。

実は、吉田春は財閥級の家に生まれていて、優れた頭脳を持っていました。吉田春の隠れた素顔は、成績が優秀な雫でさえ、予想だにしていませんでした。

となりの怪物くん』の豆知識

映画『となりの怪物くん』に関連する情報を紹介するので、興味のある方はご覧になってみて下さい。

となりの怪物くん』の主題歌

映画『となりの怪物くん』の主題歌は、西野カナさんの『アイラブユー』です。この歌は、西野カナさんが女の子の本音を歌詞に入れて、作られました。そして、雫と春が少しずつ歩み寄っていくシーンにピッタリの歌になったので、この映画が気に入った方であれば、何回でも聴きたくなる曲になっています。

そして、 この歌は西野カナさんのデビュー10周年の第1シングルとなる記念すべき曲です。

となりの怪物くん』のパンフレット

となりの怪物くんのパンフレット

映画『となりの怪物くん』のパンフレットでは、役者さんたちが原作を読んだ上で、演技をする上で心がけた事が書かれていました。その一部はこの記事のキャストでも紹介しています。

さらに撮影ロケ地にもなった『片山学園中学校・高等学校』や『神戸・諏訪山公園展望台』などの紹介や撮影エイピソードなども紹介されていました。デザインのほうは少しノートっぽくなっていますが、中身のほうはしっかりとしています。

となりの怪物くん』の感想

少年時代に心の傷を負ったハルをとりまく青春にスポットを当てた映画『となりの怪物くん』を見た感想を紹介するので、参考にしてみて下さい。

となりの怪物くん』のオススメ層

学生たちが今しかない青春時代に、恋愛で一喜一憂するドラマです。しかし、恋愛映画というよりは、吉田春の隠れた素顔が明らかになっていくヒューマン映画と言えます。

若い人ばかりが出るので、若年層向けの映画なので、大人よりも学生向けの映画ですね。

  • 学生:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 若年層:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 中年層:⭐️⭐️⭐️
  • シニア層:⭐️
  • 男性層:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 女性層:⭐️⭐️⭐️⭐️

となりの怪物くん』の残念な所

ハルがカツアゲをする生徒たちを吹っ飛ばすシーンがありますが、地面にリバウンドした生徒がバスケットボールのように飛んでいくあたりは、あまりにも非現実的すぎます。ただし、漫画を原作にしているので、その辺りは好みの分かれる所でしょう。

そして菅田将暉さんが、ハルを演じるに当たって、幼稚園児のような喋り方をしますが、そこは怪物らしく奇抜な行動として現れていました。しかし、ここも見る人によっては好みの分かれる所になるので、不自然に見えてしまう方もいるかもしれません。

となりの怪物くん』の見所

雫は、ハルの事をどうしようもない奴と思っていましたが、その男がテストの成績で1位を取ってしまいます。土屋太鳳さんは、そこで愕然とする雫を上手く演じていて「それはショックだよなぁ」と思わず納得してしまいました。

ハルは父親から英才教育を受けていましたが、ここではそれが分からない状況だったので、見ている人も「何で?」と思ってしまいます。そして雫が、ハルにきつい事を言ってしまっても、謝ったら許してもらえると思うラストシーンがありました。

しかし、いつまでもハルが現れなくて階段の所で泣いてしまうシーンは、胸に突き刺さる所で、この映画の最大の見所です。これを見ていたら「人には言ってはいけないNGワードがあるんだよなぁ」と自戒の念を込めてしまいましたね。

それにしても、浜辺美波さん・池田エライザさん・土屋太鳳さん・菅田将暉たちが出演していて、その豪華なキャスト陣には驚かされます。