AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


映画『清須会議』坂東巳之助は意外と賢い殿様役だった?

映画『清須会議』では、坂東巳之助さんは織田信孝役を演じていましたが、実は織田信孝は意外と賢い殿様だったので、その理由について詳しく解説しましょう。

清須会議』のキャスト

映画『清須会議』は、2013年11月9日に日本で上映されました(上映時間は約138分分)。 

監督&脚本

織田信長の後継者を決めようとする映画『清須会議』を制作したのが、三谷幸喜監督になります。 

織田信雄側の勢力(登場人物と役者)

織田信雄の勢力の登場人物と役者さんたちは、以下の通りです。

織田信孝側の勢力(登場人物と役者)

織田信孝の勢力の登場人物と役者さんたちは、以下の通りです。

その他の勢力(登場人物と役者)

二大勢力に属さない登場人物と役者さんたちは、以下の通りです。

清須会議』のストーリー

織田信長畿内を制圧して、上杉・毛利・北条・長宗我部は風前の灯でした。所が、柴田勝家羽柴秀吉丹羽長秀滝川一益などは各方面で戦っていたので、畿内には多くの兵が残っていませんでした……明智光秀を除いては。

明智光秀は、積年の恨みを晴らそうとして、本能寺で宿泊していた織田信長を奇襲。世に言う『本能寺の変』です。今まで、多くの人々を恐れさせた覇王は、こうしてあっけなく戦死してしまいました。

さらに、明智光秀織田信長の長男信忠にも攻勢をしかけて、織田信長の後継も失ってしまったのです。しかし、中国の毛利を攻めていた羽柴秀吉中国大返し明智光秀に合戦を挑んで、主君の仇を討ったのです。

織田家の筆頭家老の柴田勝家が本能寺に着いた頃には、全てが終わった後でした。丹羽長秀は、猿(羽柴秀吉)の思い通りにさせてたまるかと考えて、織田家の後継者選びや、遺領の配分を決める事を思いつきます。

その会議の場所となるのが、かつて織田家の本拠地『清須』でした。

丹羽長秀は、清須へ着くなり、織田家の後継は武将として優れている織田信孝を選ぶべきと主張。柴田勝家はそれに同調しますが、それよりも織田信長の妹 お市に会う事を優先しようとするのです。

それに丹羽長秀は「それよりも信孝様のほうが先だ」と言いますが、柴田勝家聞く耳をもちません。

羽柴秀吉は、この機会に織田家を乗っ取ろうしますが、どうなってしまうのでしょうか?

坂東巳之助が賢い殿様役だった理由』

織田信長の後継者は、三法師をのぞいて、みんなバカ殿というイメージを持っている方は多いでしょう。

実際に、長男の信忠は安土城で兵を集める事を優先するべきだったのに、信長を救出しようとして返り討ちにあい戦死してしまいました。さらに、信孝は切腹に追い詰められて、信雄は散々利用されて領地を没収されてしまったのです。

しかし、織田信孝は父の信長から目をかけられていたので、その才覚は優れていたと見て良いでしょう。

実際に、武田家の猛将 木曾義昌の取次を行なっていて、これが武田家の衰退に一役買いました。武将としても、各地の戦いで戦功をあげていたので、各武将が推薦したのも当然と言えるでしょう。

そして、羽柴秀吉が真っ先に潰しにかかったのが、織田信孝だった事も考えると『この優れた男を生かしておいては織田家を乗っ取れなず、我が命が危うい』と思ったからでしょう。

ちなみに、織田信雄は、小牧・長久手の戦いで優勢だったにも関わらず、羽柴秀吉に言いくるめられて、停戦に応じてしまいました(苦笑)。

話は少し脱線しましたが、織田信孝切腹の際に内蔵を投げつけて「昔より主をうつみの野間なれば報いを待てや 羽柴筑前」というカッコイイ辞世の句を残しています。この辞世の句は、のちに実現して徳川家康により豊臣家(羽柴)は滅亡しました。

清須会議』の豆知識

織田家の後継を決める映画『清須会議』に関連する豆知識を紹介するので、良かったら、ご覧になってみて下さい。

羽柴秀吉柴田勝家の争い

清須会議を始める前から、圧倒的に柴田勝家は不利な状況にありました。その理由は、羽柴秀吉が、謀反人の明智光秀を討ったからです。柴田勝家は筆頭家老と言えども、その状況を打開するのは難しかったでしょう。

さらに、戦で活躍するばかりの柴田勝家に対して、羽柴秀吉は今まで何人もの武将を調略してきました。それを考えたら、清洲会議で、多くの武将を取り込むのはどちらが上手いのか?それは羽柴秀吉に軍配が上がっても不思議ではありません。

映画『ステキな金縛り』

映画『清須会議』を制作した三谷幸喜監督は、その他にも『ステキな金縛り』という映画も制作しました。このステキな金縛りは、ある弁護士が証人として落ち武者の幽霊を法廷に連れていこうとするのです。

しかし、落ち武者の幽霊を証人として認めさせるのは、まさに前代未聞。そのため、法廷は荒れてしまいますが、そこには三谷幸喜ワールドが炸裂していて、多くの感動や笑いが起きていきます。

そして、このステキな金縛りの落ち武者は、映画『清須会議』では北条家の家臣として特別出演しています。

清須会議』の感想

映画『清須会議』を見た感想を紹介するので、参考にしてみて下さい。 

清須会議』のオススメ層

丹羽長秀が、羽柴秀吉から所領をもらえる約束をされたのに、柴田勝家からもらえる物が対した事がなくて、ガックリとするのは、三谷ワールドが炸裂していました。

そのため、コメディ好きの方にはオススメの映画ですし、史実として捉えている所も随所にあるので、歴史好きの方も満足できる内容でしょう。

若年層の方は、歴史が好きでなければ『何を言ってるの?この映画は』と思うかもしれないので、あとは歴史をどれだけ知っているかによって、この映画の満足度は変わってくると思われます。

  • 若年層:⭐️⭐️⭐️
  • 中年層:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • シニア層:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 歴史好き:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • コメディ好き:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

清須会議』の残念な所

多くの笑いが起きてしまう清須会議ですが、少し脚色しているので、歴史ファンの方にしてみたら「ふざけすぎだろう」と思ってしまうでしょう。そのため、少しコメディー色のある歴史映画を見たい方でなければ、あまり面白く感じれないかもしれないので注意する必要があります。

ただし、丹羽長秀・三法師・松姫たちは、あまり脚色されていない演技だったので、その部分では歴史ファンの方も楽しめる内容になっています(お歯黒メイクは別です)。

清須会議』の見所

日本の歴史を大きく変える『清須会議』ですが、この清須会議だけを映画化する事は、まさに前代未聞でした。実際に、今までは『織田信長』や『武田信玄』など大名の一生を映画にする作品ばかりでした。

所が、その清須会議で、オスカーの女優 剛力彩芽が眉をそってお歯黒メイクに挑むという衝撃的な内容になっている事には驚かされました(鈴木京香さんもお歯黒メイクをしています)。さらに、妻夫木聡さんが、度を越した馬鹿な信雄を演じた事もあって、清須会議はコメディー色の強い歴史映画になっています。

そのような衝撃的なメイクや、面白みのある演技が、この映画『清須会議』の大きな見所でしょう。