北川澄香役の真飛聖が犬で眠りやすくなった?ドラマ『あなたの番です 第7話』

f:id:akira2013web:20211203215233p:plain

引用:https://www.ntv.co.jp/anaban/

ドラマ『あなたの番です 第7話』で、北川澄香役の真飛聖さんは、なぜか愛犬の声で眠りやすくなるので、その理由について詳しく紹介しましょう。

ドラマ『あなたの番です 第7話』のキャスト

日本テレビのドラマ『あなたの番です 第7話』の登場人物や俳優さんたちは、以下の通りです。

  • 手塚菜奈(演:原田知世)夫の翔太の言動にヒヤヒヤする主婦
  • 手塚翔太(演:田中圭)住民たちに協力を求める男性
  • 児嶋佳世(演:片岡礼子)足が切断されて殺害された女性
  • 北川澄香(演:真飛聖)自分に責任はないと主張する主婦
  • 榎本早苗(演:木村多江)夫を住民たちに紹介
  • 榎本正志(演:阪田マサノブ)交換殺人ゲームの捜査を約束
  • 久住譲(演:袴田吉彦)実家に放火される事を恐る住民
  • 浮田啓輔(演:田中要次)犯人が誰か分かっている男性
  • 細川朝男(演:野間口徹)久住譲に突き飛ばされる人物

ドラマ『あなたの番です 第7話』のストーリー

児嶋佳世の足が切断された状態で、ゴルフバッグに入った状態で見つかってしまったので、刑事たちは夫の児嶋俊明を容疑者扱いしてしまいます。

北川澄香は「こんな事を行ったら、無責任な人間と思われるかもしれませんけど、私のせいじゃないです」と言ってしまいますが、手塚菜奈からは「私もそう思います」と同意します。

手塚翔太はこれ以上の被害を出さないためにも「もう警察に言うべきだと思います」と説得して、ついに北川澄香や手塚菜奈も納得しました。ところが、榎本早苗の夫 正志が、神谷将人を連れて、密かに捜査をしてくれる事を約束してくれたのです。

その代わり、他の刑事が担当したら、殺人教唆になる可能性もあるので、自分たちに任せて、警察署には行かないようにさとされます。

久住譲は『細川朝男を殺害しなければ、実家に火をかける』と脅迫されていたので、浮田啓輔に相談したら「犯人の目星はついているから、これからカマをかけてくるわ」と言われるのです。

ところが、その後に浮田啓輔は何者かに絞殺されてしまい、久住譲は『もう一刻の猶予もない。もうヤルしかない』と決意します。

密かに、ビルに侵入して、久住譲は細川朝男を高い所から突き飛ばしてしまいますが、寸前の所で自分の足を掴まれてしまい、自分も一緒に落ちてしまいました。

刑事たちは、手塚菜奈を重要参考人として連行しようとしますが、この先どうなってしまうのでしょうか?

真飛聖が犬で眠りやすくなった理由』

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 真飛 聖 (@sei_matobu)

www.instagram.com北川澄香役の真飛聖さんは、愛犬と一緒によく寝ているようですが、愛犬のパグはオッサンのようないびきをかくとコメントしていました。

引用元:https://hint-pot.jp/archives/47596?page=3

ところが、途中からは愛犬のいびきが聞こえないと眠れなくなってしまったのです。

最初はうるさいイビキだったとしても、やはり愛しい存在の声となれば、オッサンのおようなイビキであっても、それが安眠剤のような存在になったのでしょう。

ドラマ『あなたの番です 第1〜6話』の内容

www.akira-movies-drama.com上のリンクをクリックしたら、ドラマ『あなたの番です 第1〜6話』のストーリーや豆知識などが見られます。

今作の豆知識『無責任な人間だった北川澄香(真飛聖)が動いた理由』

北川澄香(真飛聖)は、自分で交換殺人ゲームの紙に『児嶋佳世』と書いておきながら「私のせいじゃありませんから」と言ってしまいます。

さらに、仕事を優先して、子供を放ったらかしにしてしまう所もあり、周りから無責任な母親と思われていました。

しかし、そんな女性でも、手塚翔太から「僕は奈々ちゃんのためなら、世間体なんて無視します。あなたもソラ(息子)くんの事をそのように思っているんでしょう?」と説得されたら「私、警察に言います」と動いたのです。

仕事を優先していたとは言え、やはり子供のためと思い、無責任な心が大きく動いたのでしょう。

ドラマ『あなたの番です』シリーズを見られる動画配信

動画配信『Hulu』に入会すれば、第6話で久住譲(演:袴田吉彦)が人に相談したり、実家の放火を恐れたりするシーンなどを見られます。初入会の方であれば、2週間は無料で視聴可能です。

ドラマ『あなたの番です 第7話』の見所とまとめ

第7話では、北川澄香役(演:真飛聖)が、ついに動き出しますが、被害者が続出する一方で、犯人が誰なのか謎が深まっていく一方です。

それにしても、真飛聖さんが愛犬のイビキを聞いて眠りやすくなるのは、自分も猫と一緒によく寝ていたので、その気持ちはよく分かります。

ただし、自分は寝相が悪いので、愛猫に距離を取られてしまって、少し悲しい思い出になっています(苦笑)。