天海祐希や香川照之の暴言を紹介!映画『カイジ 人生逆転ゲーム』

映画『カイジ 人生逆転ゲーム』で、遠藤凛子(演:天海祐希)や利根川幸雄(演:香川照之)の暴言を吐くので、詳しく紹介しましょう。

カイジ 人生逆転ゲーム』のキャスト

日本で製作されたサスペンス映画『カイジ 人生逆転ゲーム』は、2009年10月10日に日本で上映されました。DVDの収録時間は約129分になります。  

監督&脚本

週間ヤングマガジン賭博黙示録カイジ』の一部を原作として採用したものを実写化したのが映画『カイジ 人生逆転ゲーム』です。

登場人物&役者

自堕落な毎日を送っていたカイジが、命をかけたゲームをする映画『カイジ 人生逆転ゲーム』に登場する人物や役者さんたちは以下の通りです。

カイジ 人生逆転ゲーム』のストーリー 

カイジは、自堕落な毎日を送っていましたが、遠藤凛子から「そいつ、借金を夜逃げしたんですよ」と借りた当人が逃げたので、カイジに代わりに支払って下さいと言ってきました。

しかしカイジは「俺払えませんよ、俺に払う義務なんてないよ」と言ったら、遠藤凛子は机を思いっきり蹴飛ばして「どこのガキなんだよお前は!知らねぇよ、つうか、お前の話なんて誰も聞いてねぇんだよ。車の修理代もねぇ」と 怒鳴りました。

カイジは情けなくなり泣いてしまいますが、遠藤凛子から借金を返せるチャンスをもらえて、豪華客船エスポワールで賭け事をして、一気に借金を返す事になったのです。

しかし、エスポワールでは、遠藤凛子に負けないほどの極悪非道の利根川幸雄が司会を務めていました。

利根川幸雄は、負けた者がどうなるのか?それを言わずにギャンブルを始めようとするので、この船に集まった負け組たちは騒ぎ出してしまいます。しかし、利根川幸雄は怒鳴りつけて、強引にギャンブルを始めさせてしまいました。

カイジは、このギャンブルに負けて地下帝国で強制労働させられてしまいます。しかし、ブレードメイドロードという命をかけたゲームをする事により、一気に借金を返せるギャンブルが行われる事になります。

カイジは、命がけのギャンブルに勝つ事ができますが、利根川幸雄と勝負をする事になり、インチキをされて苦しめられる事になります。はたして、カイジは借金を返せる事ができるのでしょうか?

天海祐希香川照之の暴言』

映画『カイジ』では、遠藤凛子(演:天海祐希)や利根川幸雄(演:香川照之)の暴言が数多く登場したので紹介します。

鳥のさえずみたいに言い訳ばっか

カイジは、借金を払えないと言い張りますが、遠藤凛子は「どこのガキなんだよ、お前は!鳥のさえずりみたいに言い訳ばっか」と暴言を吐いてしまいます。

確かに、言い訳の多い人間はいますが、カイジみたいに友達の保証人になっただけで借金を返さないといけないというのは日本の狂ったシステムですよね。

毎日ゴミって感じでしょ?あんた一生このままだね

遠藤凛子は、カイジが自堕落な生活を送っていたので「あんたの毎日ゴミって感じでしょ?あんたの一生このままだね」と、この先も下らない人生を変えられないと言い切ってしまうのです。

若い時は『俺はまだ途中だから、この先、人生を変えられるはずだ』と思えますが、年齢を重ねるたびに、いつしか『やっぱり無理かもしれない』と思うようになります。

遠藤凛子は、それは見透かしたかのように、この先も変えられないと言ってしまいました。

勝たなきゃゴミだ!

豪華客船エスポワールで、利根川幸雄は騒ぎ出す負け組の連中に向かって「甘えるな!世間はお前らのお母さんではない。勝たなきゃダメだ!勝たなきゃゴミだ」と言い切ってしまいました。

カイジは「暴言だ」と絶句しますが、周りの負け組たちは、なぜか感動して賭け事を始めてしまうのです。

カイジ 人生逆転ゲーム』の豆知識

カイジ 人生逆転ゲームに関連する豆知識を紹介するので、興味のある方はご覧になってみて下さい。

日本のあるビジネス

カイジ 人生逆転ゲームでは、貧乏人に金を貸し付けて、その上に利子によって強制労働させるものでした。日本では、このようにお金を貸し付けて高すぎる利子で金を巻き上げるビジネスが横行していました。

日本政府も何もしていない訳ではなく、消費者金融に厳しいルールを設けました。

所が、その事が逆にお金を借りられるハードルが高くなったので、信用度があまりなくて、お金に困っている方は消費者金融の他からお金を借りる事になってしまったのです。

この映画では、そのような日本の暗い社会情勢を反映した内容にもなっています。

カイジ 人生逆転ゲーム』の主題歌

カイジ 人生逆転ゲームの主題歌は、Yuiさんの『It's all too much』です。この歌はギター音が鳴り響くような曲ですが、哀愁のただよう歌い方で、少し原作のストーリーとはかけ離れた歌詞になっています。

しかし、私はこの歌に登場する『臆病な分だけ出遅れて、ライバルの背中見続けてんだ」とういフレーズが凄く好きですね。この言葉は重くても、その通りだなと思って、この映画を見てから、私はYUIさんの歌を聴くようになりました。

映画『カイジ』シリーズを見られる動画配信

動画配信『Amazonプライム・ビデオ』であれば、映画『カイジ 人生逆転ゲーム』・『カイジ2~人生奪回ゲーム~』・『カイジ ファイナルゲーム』を見られます(2021年12月時点)。

カイジ 人生逆転ゲーム』の感想 

カイジが、イカサマをする者たちと命をかけたゲームをする映画『カイジ 人生逆転ゲーム』を見た感想を紹介するので、参考にしてみて下さい。

カイジ 人生逆転ゲーム』のオススメ層

世間から負け組と言われるような若者たちが、一発逆転のギャンブルをする事になるので、宝くじやギャンブルなどが好きな方にオススメの映画です。

  • ギャンブル好き:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 宝くじ好き:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • キッズ:⭐️⭐️
  • 若年層:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 中年層:⭐️⭐️⭐️
  • シニア層:⭐️⭐️⭐️⭐️

カイジ 人生逆転ゲーム』の残念な所

エスポワール船のゲームで負けたカイジは、地下帝国で労働する事になりますが、その過酷すぎる労働条件を見ていたら「日本で、ここまでひどい環境があるのか」と絶句してしまいます。

今の日本にも過酷な労働はありますが、この映画では過酷な労働をしても日給が400円も満たないのです。

しかし、借金をしたカイジが、それに文句を言える訳がないので、過酷な労働をしていく事になります。このようにいきすぎた労働をする事は、映画のストーリーを盛り上げてくれますが、少しやりすぎだなぁと思ってしまいました。  

カイジ 人生逆転ゲーム』の見所

カイジ 人生逆転ゲームに登場する遠藤凛子や利根川たちは、暴言をあびせかけてきますが、その過激さが、他の映画では見えない刺激になって、思わずカイジの世界に引き込まれてしまいます。

さらにゲームのイカサマをやぶっていくカイジの頭の良さに「なるほどねぇ」と感心してしまうのも、この映画の大きな見所ですね。そして、絶妙なタイミングで、YUIさんの歌が流れる所は、私が最も感動する所でした。