小宮山泉役で広瀬すずが出演しても『怒り』は最低な映画?

映画『怒り』では、小宮山泉役として広瀬すずさんが出演していても、史上最低とも言える映画と言えるので、その理由について紹介しましょう。

映画『怒り』のキャスト

2016年9月17日に日本で上映された『怒り』は、日本のミステリー映画になります(DVDの収録時間は142分)。

監督&脚本&原作

  • 監督:李相日
  • 脚本:李相日
  • 原作:吉田修一

登場人物&俳優

映画『怒り』のストーリー

セミが鳴く暑い季節に、残酷な事件が起きてしまいました。それは風呂場から廊下まで赤く染まるほどの猟奇的な事件。さらに扉には、赤黒い文字で「怒」と書かれていたのです。

不思議な事に、扉の鍵は壊されていない状況で、近所では悲鳴が聞こえなかったというい事で、南條刑事は頭を抱え込んでしまいます。

容疑者と思える人物は、その当時、日本には少なくても、3ヶ所もあって、周囲の人間たちは「あいつが容疑者ではないか」と疑い始めるのです。

千葉では、槙洋平の娘は夜の店で働いていて、男の要求にできるだけ応えようとするので、心身ともにボロボロになっていました。

自暴自棄になっていた愛子でしたが、父親の会社でアルバイトとして働いていた田代哲也と知り合うようになってから、次第に親密な関係になっていきました。しかし、この男が犯人の可能性がある事が分かり、愛子の父親は苦悩していきます。

沖縄でも、無人島に住む田中信吾という怪しげな男がいましたが、美少女の小宮山泉は、そんな男を相手でもにこやかに話しかけていました。

ところが、小宮山泉は真夜中に米兵にレイプされてしまい、近くにいたクラスメートは米兵が怖くて何もできず自分の情けなさに涙を流してしまうのです。

東京では、藤田優馬が同性愛者で、大西直人と深い関係に陥っていましたが、次第に大西直人が犯人ではないかと思える所があり、少しずつ隙間風が吹いていきます。

はたして、犯人はどこにいる人物なのでしょうか?

『小宮山泉役で広瀬すずが出演しても最悪な映画』

小宮山泉役として、あの大女優の広瀬すずさんが出演しても、ハッキリ言って『怒り』は史上最低な映画と言えます。

なぜなら、レイプや同性愛など刺激的なテーマだけを取り上げていて、何もミステリーな要素はなくて、ただ見るものに胸くそ悪い気分だけを与える作品です。

ハッキリ言って、この映画は見る価値がないと思います。それでも、刺激的な作品を見てみたいと思う方は、下の広告をクリックして『U-NEXT』に入会したら見る事はできます。

U-NEXTは、月額で税別1990円ですが、初入会の方であれば、31日間は無料です。

『怒り』と他の映画を比較

広瀬すずファンであれば、やはり『怒り』よりも『ちはやふる』のほうが断然にオススメです。

夢や希望に向かって、高校生たちが競技カルタに青春をかけていく姿は、目がくらむほど輝かしいです。

この映画を見たら、自分も頑張らなくてはと思える作品であり、やはり映画は、こういう作品であって欲しいと思えるものです。

www.akira-movies-drama.com

映画『怒り』の感想

怒りは、容疑者と思える人物が3人もいて、さらに場所が千葉・沖縄・東京と離れている位置にありました。そのような複雑なストーリーが展開されていく映画を見た私の感想を紹介するので、参考にしてみて下さい。

怒りのオススメ層

気分がよくなる映画ではないので、誰にオススメするものか?凄く悩ましい所ですが、あえて言えば、親米保守派や愛国者に見て欲しいです。

いつまでも、アメリカに何でもかんでも国の運命を任せていいのか?それを考えるキッカケにして欲しいですね。

  • 愛国者:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 親米保守派:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • キッズ:⭐️
  • 若年層:⭐️⭐️
  • 中年層:⭐️
  • シニア層:⭐️

怒りの残念な所

怒りを見て思った感想は、ただの一言「気分が悪い」。この一言に尽きます。沖縄の青い海に、青い空に舞い降りた小宮山泉さんを演じる広瀬すずさんは、光り輝くばかりでした。

それが米兵に襲われるというのは、あまりにも残酷で気分の悪いものです。決して自分が、広瀬すずさんの事が好きだから、そういう訳ではありません。

実際に米兵による沖縄の少女への暴行事件は幼い頃にニュースで知った事がありますが、そんなアメリカに守ってもらわなくてはいけない日本の虚しくも腹立たしい環境に怒りを覚えた事がありました。

そういう意味で言えば、あの残酷で腹立たしいシーンは、日本がこれからもアメリカ任せの防衛で良いのか?と考えなくてはいけない所でしょう。

実際に米兵全てが犯罪を起こす訳ではありませんが、米軍基地に逃げのびたら日本の警察が捕まえられないので、真剣に考えなくてはいけません。

怒りの見所

残酷な事件を起こした容疑者は、3ヶ所もあるという事は、2ヶ所にいる容疑者は違うという事です。そのため、自分の近くにいた人物は犯人ではなかったのかと、疑ってしまった自分を責めるシーンがあります。

その信じてあげられなかった自分を責めるシーンは、人間の弱さと悲しさを存分に表していて、この映画の最大の見所です。