映画『脳男』小澤征悦が見た生田斗真の悲しき英才教育!

映画『脳男』では、伊能(演:小澤征悦)が鈴木一郎-脳男(演:生田斗真)の悲しき英才教育に直面するので詳しく紹介しましょう。

映画『脳男』のキャスト 

f:id:akira2013web:20211213034749j:plain

引用:https://eiga.com/movie/77146/gallery/4/

2013年2月9日に日本で上映された『脳男』は、日本のミステリー映画になります(DVDの収録時間は125分)。

監督&脚本&原作

登場人物&俳優

映画『脳男』のストーリー

東京都新では、最近になって次々に爆破テロが行われていました。テレビ番組では、その犯人を捕まえて見せると豪語していた女性がいましたが、その女性も殺害されてしまい、刑事たちは早期に犯人を捕まえようとします。

警察は捜査を続けているうちに、遂にテロリストのアジトに突入しますが、仲間は逃げた後でした。ところが、そこに残された鈴木一郎という男を逮捕する事に成功します。

精神科の医師 真梨子は、その鈴木一郎の精神鑑定をする事になりましたが、まるで感情がないのに時計がないのに、同じ時間にピッタリとトイレへ行く事に驚いてしまいます。

真梨子は、家庭教師である伊能という人物から「鈴木一郎の感情は欠落していたが、祖父から英才教育を受けて、犯罪者に正義の鉄槌を下すように教え込まれた」と打ち明けられました。

そんな脳男に興味を示している者は他にもいて、それが脳男と同じように知的水準の高い緑川紀子という女性と、その仲間の水沢ゆりあでした。

茶屋刑事は、脳男が犯罪者にしか正義の鉄槌を下さない事から、連続爆破事件の真犯人は他にいると確信します。それでは、真犯人は誰なのでしょうか?そして脳男は今後も犯罪者たちの命を奪っていくのでしょうか?

小澤征悦が見た生田斗真の悲しき英才教育』

入陶倫行は、孫の鈴木一郎-脳男(演:生田斗真)に英才教育を施していて、それは犯罪者に正義の鉄槌を下すというものでした。

一見すると正しい教育のように見えますが、それを実現するためには一切の感情を壊していく事になります。鈴木一郎が小動物を愛しそうに眺めていたら、入陶倫行は小動物に危害さえ加えてしまいました。

伊能(演:小澤征悦)は、そんな鈴木一郎に人としての感情を芽生えさせようとしますが、入陶倫行が犯罪者に襲われた時に「正義の鉄槌を下せぇ、殺せぇ」と叫び、ついに脳男は一切の感情を排除して正義の鉄槌を下してしまったのです。

映画『脳男』と他の映画を比較

映画『脳男』では特殊能力を持った男が正義に鉄槌を下していきますが『亜人』では不死身の亜人が常識外れの戦いを繰り広げていきます。

自ら命を断てば、完全にキズを治す事ができる上に、特殊な物を召喚もして、亜人同士の戦いは鬼気迫るものがあります。

綾野剛さんは、この映画でダークヒーローぶりをいかんなく発揮していて「来ちゃった」とおどけながら、銃を乱射していきます。

刺激的なアクションと、独特な言い回しのダークヒーローが活躍していく所は、絶妙のバランスを保っているので、多くの方にオススメしたい作品です。

動画配信『U-NEXT』に入会したら、映画『脳男』や『亜人』を見られます(2021年12月時点)。

脳男の豆知識『無感情とサイコパスの関連性』

日本では精神状態に異常が認められる場合には、犯罪を起こしても、すぐに釈放されます。そのため真梨子のように精神鑑定をする必要があります。しかし脳男のように感情が欠落するような事があるのかと言われたら、実はあるのです。

それは脳の構造に何らかの問題があって、感情が欠落している症状です。そして感情が欠落している場合には、サイコパスになってしまうケースがあります。ただし、その関連性には諸説あります。

そのため、脳男のように感情が欠落して犯罪者の命を奪う事は、あながち起こり得るケースなのです。

『脳男』の感想

正義感あふれる犯罪者『脳男』を中心にして、ストーリーが展開される映画を見た感想を紹介するので、参考にしてみて下さい。

脳男のオススメ層

無感情な脳男が、人間離れした能力で、正義の鉄槌を下していく所は、見ていて気分がスカッとする所があります。ただし、厳しい英才教育をする所があるので、家族そろって見る映画としては、どうかなという所はありますね。

  • ファミリー層:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • キッズ:⭐️⭐️
  • 若年層:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 中年層:⭐️⭐️⭐️
  • シニア層:⭐️

脳男の残念な所

茶屋刑事は正義感あふれる男で、命がけで捕まえた犯罪者が、精神に異常があるという理由だけで、釈放される事について苦々しく感じていました。そのため、茶屋刑事は精神科の医師である真梨子に、喰ってかかるほどでした。

所が、脳男が茶屋刑事と同じように犯罪者に正義の鉄槌を下そうとするのに、それに激しい感情を抱いて、脳男に襲いかかるシーンがあるので、思わず「何で?」と思ってしまいました。

同じような考えを持っているので、刑事とは言え、そこは脳男に襲いかかるのは無理があると思いました。もちろん脳男に襲いかかるには、それなりの理由がありましたが、少し無理な設定だなと感じます。

脳男の見所

生田斗真さんが、無感情な脳男を見事に熱演していて、まるでロボットのように何度も立ち上がるシーンも演じきっていました。

この脳男は、なかなか突っ込み所が満載なミステリー映画ですが、生田斗真さんの演技力の高さによって、その不自然さがだいぶ緩和されています。そのため、この映画の大きな見所は生田斗真の演技力の高さにあります。