アーキテクトが明かしたネオの存在価値!映画『マトリックス リローデッド』

映画『マトリックス リローデッド』では、マトリックスの創設者アーキテクトがネオの存在価値について明かすので、詳しく紹介しましょう。

映画『マトリックス リローデッド』のキャスト

アメリカ合衆国SF映画マトリックス リローデッド』は、日本では2003年6月7日に公開されました。

監督&脚本

登場人物&俳優

映画『マトリックス リローデッド』のストーリー

人間の残る砦は、ザイオンしかなくて、全戦力が集結していました。モーフィアスはコンピュータとの果てしない戦いに終止符を打とうとして、多くの船を出撃させようとします。

しかし、ロック司令官は「ザイオンを守る事を優先すべきで、船をこれ以上は出撃させられない」と反対をしてしまいます。評議会では、ロック司令官の意見を却下して、多くの船を出撃させて、コンピュータとの戦いを終わらせる事を決定しました。

ネオは、夢の中で恋人のトリニティーを失うシーンを見てしまい、嫌な予感がしていました。

『もしかしたら恋人を実際に失うかもしれない』と心配しながらも、任務を遂行して、キー・メーカーを連れ出して、マトリックスを作り出したアーキテクトと話し合う事になります。

ネオは「大事な恋人を失う事になっても、お前には何もできないだろう」と言われますが『そんな事は認められるか』と部屋を出ていきます。その頃、外ではトリニティーが激しい戦いを繰り広げていて、腹部を撃たれてしまうのです。

しかし、ネオは高速移動して、トリニティーを何とか救出に成功します。ネオ・トリニティー・モーフィアスは集合しますが、コンピュータがザイオンに迫っていました。

はたして、ザイオンと人類の未来はどうなってしまうのでしょうか?

『アーキテクトが明かしたネオの存在価値』

アーキテクトは、ネオに恋人を助けられないと言ったばかりか「お前(ネオ)は、救世主ではなく、お前もプログラムされた存在だ」と言い放ちます。

ショックを受けるネオでしたが、モーフィアスに「ネオは預言者の言葉も嘘であり、何もかもプログラムされたものだ」と伝えてしまうのです。

しかし、それでもネオは恋人の救出に成功しているので、アーキテクトの言葉がどこまで正しいのか?まだまだ分からない所がありますね。

映画『マトリックス リローデッド』と前作を比較

マトリックス リローデッド』の前作では、アンダーソンが救世主に目覚めようとする所が描かれていて、なぜネオが戦いに身をおくのか?分かる内容になっています。

しかも、人類とコンピュータとの戦いの歴史も出てくるので、マトリックスのストーリーをよく理解したい場合には、前作も見ておく事をオススメします。

動画配信『U-NEXT』に入会すれば、映画『マトリックス』や『マトリックス リローデッド』などが見られます(2021年12月時点)。

www.akira-movies-drama.com

映画『マトリックス リローデッド』のまとめ

マトリックス リローデッドを見た感想について解説します。

映画『マトリックス リローデッド』のオススメ層

ネオとトリニティーが愛し合いながら、戦いに身を投じていくので、恋人同士でSF映画を見たい場合には、オススメの作品ですね。

そして、アーキテクトやモーフィアスなど年輩の俳優さんが多く登場するので、若年層の方たちだけではなく、中年層の方たちにもオススメしたい映画です。

  • 恋人同士:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • キッズ:⭐️⭐️
  • 若年層:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 中年層:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • シニア層:⭐️⭐️⭐️

映画『マトリックス リローデッド』の残念な所

前作よりは、多少分かりやすい内容になっていますが、それでも難しい所がありますね。

アーキテクトは予言めいた事を言いますが、結局はトリニティーを救えるので、ネオが救世主でないと行った言葉が本当に正しいのか疑わしいものがあります。

その真偽のほどは、次回作で分かるかもしれないので、しっかりと見ておきたい所です。

映画『マトリックス リローデッド』の見所

確実に強くなってきたネオが、高速で飛び回って『まるでスーパーマンみたいだなぁ』と思う所があり、以前よりもスピード感のある所が大きな見所になっています。

そして、序盤でトリニティーが命を失いかける夢のシーンが出てくるので、トリニティーがどうなっていくのか?その辺りを楽しいながら見られる展開も良かったですね。