野々宮希和子に赤ちゃんを連れ去られても自業自得?映画『八日目の蝉』

映画『八日目の蝉』では、野々宮希和子に赤ちゃんを連れ去られても、母親は自業自得な所があるので詳しく紹介しましょう。

『八日目の蝉』のキャスト

2011年4月29日に日本で上映された『八日目の蝉』は、日本のサスペンス映画になります(DVDの収録時間は147分)。

監督&脚本&原作

登場人物&俳優

『八日目の蝉』のストーリー

野々宮希和子は、妻がいる秋山丈博を愛していました。そんな時に愛する男との間に赤ちゃんができます。しかし秋山丈博の頼みで、赤ちゃんを生む事を諦めるのです。

秋山丈博の妻 恵津子には、愛人関係である事に気づかれてしまって、赤ちゃんをあきらめた事について「あんたなんか母親になれる訳ないじゃない」となじられてしまいます。

しかも、夫の間で出来た赤ちゃんがお腹にいるのを知らされた上に、お腹を無理に触らされてしまうのです。

野々宮希和子は頭がおかしくなりそうになっていた時に、ついに秋山丈博と妻の間で出来た赤ちゃんが生まれます。野々宮希和子は、ひとめでも赤ちゃんが見たくなって、ひそかに秋山家の自宅に忍び見込みます。

そこには可愛らしく笑う赤ちゃんがいて、あやしている間に、野々宮希和子は赤ちゃんをあきらめてしまった罪の意識もあって、何と秋山家の赤ちゃんを連れ去ってしまうのです!

秋山えりは、自分を連れ去った相手が誘拐犯だとは知らずに、本当の母親だと信じ込みます。しかも野々宮希和子は、自分に凄く優しい母親だったので、偽の母親とは知らずに凄く好きな人物になっていました。

野々宮希和子は警察に捕まってしまい、本物の母親だと思っていた人物と離されてしまって秋山えりは泣き叫んでしまいます。

秋山えりは本物の母親のもとへ帰らされてしまいますが、本物の母親は愛情が空回りしてしまい、激しくカンシャクを起こすような母親だったのです。

はたして、この先、秋山えりは幸せになれるのでしょうか?

『野々宮希和子に赤ちゃんを連れ去られても自業自得』

秋山恵津子は、夫に不倫されていたので、不倫相手の野々宮希和子を責める気持ちは分からなくもありません。

しかし、野々宮希和子は不倫相手から頼まれて、泣く泣く赤ちゃんを堕したのに、妻の秋山恵津子から「あんたみたいなのが母親になれる訳がない」となじられてしまうのです。

秋山恵津子は、夫との間で赤ちゃんができていたので、強引に妊娠したお腹を野々宮希和子に触らせてしまいました。

ここまでの事をしたら、いくら不倫していたとは言え、赤ちゃんを誘拐されても自業自得な感じがしますね。赤ちゃんだけが被害にあってしまって、赤ちゃんが可哀想に思えてしまいます。

『八日目の蝉』と他の映画を比較

今作は、少し気分が憂鬱になってしまう映画ですが『朝が来る』では、永作博美さんが明るく振る舞う演技を見られて、和やかな気分で見られます。

しかし、ラストシーンでは「養子縁組で迎え入れた子供を返して欲しい」と言われてしまうので、人間って本当に勝手だよなぁと思ってしまいますね。

今作と共通する所もあって、永作博美さんは、こういう映画と縁があるのかもしれませんね。それにしても、赤ちゃんの人生を何だと思っているのだろうと憤慨したくなります。

動画配信『U-NEXT』に入会すれば、映画『八日目の蝉』や『朝が来る』を見られます。

月額料金は税別1,990円ですが、本ページの情報は2021年12月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

『八日目の蝉』の感想

野々宮希和子は赤ちゃんを誘拐してしまうような女性ですが、しっかりと赤ちゃんに深い愛想を注ぐ誘拐犯でもありました。

少し身勝手な女性のように見えるかもしれませんが、八日目の蝉では、そこまでに至った複雑な女性の感情にスポットを当てたストーリーが展開されていきます。そのようなミステリー映画を見た私の感想を紹介するので、参考にしてみて下さい。

八日目の蝉のオススメ層

不倫相手が、夫婦の娘をさらってしまう映画なので、誰にオススメするべきか悩む作品です(苦笑)。

それでもあえてオススメするとしたら、やはり夫婦で見て欲しい作品ですね。どちらかが不倫をしたら、赤ちゃんも不幸になってしまう事が、この映画を見たら分かるはずです。

そして、この映画を見て、普段から夫婦仲を大事にして欲しいですね。

  • 夫婦:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • キッズ:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 若年層:⭐️⭐️⭐️
  • 中年層:⭐️⭐️⭐️
  • シニア層:⭐️⭐️

八日目の蝉の残念な所

映画『八日目の蝉』では、野々宮希和子が不倫をしていたとは言え、赤ちゃんを諦めてしまう上に妻から激しくなじられて、あまりにも可哀想に見えてしまいました。

赤ちゃんをさらわれてしまいますが、赤ちゃんを諦めてしまった女性に対して、あれだけ激しくなじってしまえば、それは赤ちゃんをさらわれても、少し自業自得だろうと思ってしまいます。

妻の怒りは不倫をした愛人ではなく、夫にぶつけるべきだろうと思ってしまったので、そこが残念な所ですね。ただし現実でも、不倫が発覚した時は、そうなってしまうケースが多いのが悲しい所です。

今の日本は不倫報道が過熱しすぎて、第三者が口をはさむべきではない事に一喜一憂しているので、この映画には色々と考えさせられてしまいます。

八日目の蝉の見所

野々宮希和子は、警察から追われる身となっていて、ある出来事から島に潜伏している事がバレてしまう時がきました。

野々宮希和子は秋山えりに島を出る事を言いますが、島が好きになっていた秋山えりは、それを拒もうとします。それを見ていたら、そんな事を言ってたら野々宮希和子が捕まってしまうとヤキモキしてしまう所が、この映画の見所ですね。

この映画を見ていたら、いつの間にか野々宮希和子を応援したくなるから、不思議なものです。