小栗旬が妻夫木聡から言われた強烈な皮肉!実写化 映画『ミュージアム』

映画『ミュージアム』で、沢村久志(演:小栗旬)がカエル男(演:妻夫木聡)から言われた皮肉で、鳴咽(おえつ)してしまうので詳しく紹介しましょう。

ミュージアム』のキャスト

日本の漫画から実写化されたサスペンス映画『ミュージアム』は、2016年11月12日に日本で上映されました。DVDの収録時間は132分になります。

監督&脚本&原作

巴亮介先生の漫画『ミュージアム』を原作にしたのが、猟奇的な事件が行われる映画『ミュージアム』です。

  • 監督:大友啓史
  • 脚本:高橋泉&藤井清美&大友啓史
  • 原作:巴亮介

登場人物と役者

ミュージアムで、猟奇的な事件を起こすカエル男を演じるのが、なんと爽やかなイケメン俳優である妻夫木聡さんです。この映画では特殊メイクでスキンヘッド姿になって、沢村久志刑事(演:小栗旬)を追い詰めていきます。

  • 沢村久志(演:小栗旬)家庭を顧みない刑事
  • 西野純一(演:野村周平)久志の後輩
  • 沢村遥(演:尾野真千子)久志の妻
  • 堤優一(演:田口巧輝)カエル男に襲撃される男性
  • カエル男(演:妻夫木聡)猟奇的な事件を起こす犯人

実写化映画『ミュージアム』のストーリー

沢村久志は刑事の仕事ばかりを優先していて、妻の遥から「あなたは父親として最低よ」と言われた事がありました。それから妻は息子を連れて出ていくのですが、久志は未だに、その過去を引きずっていたのです。

過去に悩まされている久志は、電話で事件があった事を知らされて、現場へ急行します。そこでは後輩の西野が気分が悪くなって吐いていました。それを見た久志は仕方ないなと思いながらも現場検証を行っていきます。

現場検証の結果では、被害者は生きたままの状態で、犯人が放った犬たちによって、噛み付かれて亡くなった事が分かりました。その他に分かった事と言えば、雨合羽あまがっぱを着た者がいた事ぐらいでした。

カエル男は、次々に残酷な殺害を繰り広げながら、遺体を作品のようにして残していき、刑事たちは、もどかしい思いにさいなまれます。

ところが、西野純一刑事の調べにより、被害者の共通点が分かりました。それはすし詰め事件の裁判で、裁判員を務めた者たちばかりだったという事です。

沢村久志は「俺の妻も、その裁判で、裁判員を務めていたんだ」と焦りますが、妻とは別居状態で連絡も取れない状態でした。急いで、妻を探し求めますが、後輩の西野純一刑事は殺害されてしまい、自分の妻子まで人質に取られてしまいます。

なんとか、カエル男を捕まえようとしますが、逆に自分まで監禁されてしまいますが、この先どうなってしまうのでしょうか?

小栗旬妻夫木聡から言われた強烈な皮肉』

沢村久志(演:小栗旬)は、後輩刑事が残酷な殺害現場を見てから立ち直れないので、食事をしながら「食って体力つけるのも仕事のうちだぞ、あれ見てハンバーガーぐらいペロッと食べれるようにならねぇと」…と説教してしまいます。

ところが、カエル男(演:妻夫木聡)は沢村久志を監禁して、ハンバーガーを差し入れに放り投げるので、沢村久志はハンバーガーを食べて脱出してやると殺気立ちます。

ようやく、部屋から出られるようになり、近くのキッチンへ行ったら、そこにはハンバガーを調理したあとでしたが、髪の毛や、沢村一家の写真が残されていました。

恐る恐る、扉を開いたら、そこには妻子の二つの生首があったのです!「うわぁあああ」と泣き叫び『俺が食ったのは、妻や子供の肉だったのか』と絶望にうちひしがれて、吐いてしまいます。

そこにカエル男がいきなり登場して「食って体力つけるのも仕事のうちだぞ、それ見ても、ぺろっとハンバーガーぐらい食べるようにならねぇ」と強烈な嫌味を言ってきたのです。

あまりの残酷なダークヒーローぶりに、今までとは違う妻夫木聡さんを見れて、大満足な映画でした。

実写化映画『ミュージアム』の豆知識

カエルの仮面を被った犯人によって、次々に被害者が出ていくサスンペンス映画『ミュージアム』の主題歌を紹介しながら、共通点のある映画『予告犯』と比較してみます。

ミュージアムの主題歌

映画『ミュージアム』の主題歌は『Taking Off』で、ONE OK ROCKというバンドが担当しました。このバンドは、その他にも映画の主題歌を担当した事があります。

この歌は、ほとんどが英語なので何を歌っているのか分かりませんが、テンポの早い曲調で、1秒でも早くカエル男を捕まえようとする久志の気持ちを表しているようです。

映画『ミュージアム』と他の作品を比較

ミュージアムではカエルの仮面を被っていましたが、映画『予告犯』では新聞紙のマスクを被った男が犯行を予告するものでした。顔を隠して犯行を繰り返すという点では一致しています。

しかしミュージアムとは違って、予告犯では被害者となる人物には落ち度があって、命まで奪われるものではありませんでした。そのため、予告犯は世間から支持されていたのです。

そのため、顔を隠すという点では同じでも、ストーリーの内容には大きな違いがあるので、ミュージアムが面白かった方は、予告犯も見ておく価値はあります。

www.akira-movies-drama.com

実写化映画『ミュージアム』のまとめ

映画『ミュージアム』を見た感想について、詳しく解説します。

ミュージアムのオススメ層

ミュージアムでは、カエル男が裁判員になった者たちを次々に、残酷な処刑をしていき、作品にしていく事を楽しんでいきました。

沢村久志は、家族と離れ離れになっても、カエル男の魔の手から助けようと必死になります。この映画を見たら、いかに家族の絆が大事か分かるので、家族そろって見てみるのも悪くはないでしょう。

カエル男は、恐ろしい作品(遺体)を作り上げて「僕はアーティストだ!」と感動してしまうので『アーティストが見たら、怒るぞ(苦笑)』と思ってしまいましたね。

そのため、アーティストの人は、広い心を持って、この映画を見たほうが良いでしょう。

  • アーティスト:⭐️⭐️
  • ファミリー層:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • キッズ:⭐️⭐️⭐️
  • 若年層:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 中年層:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • シニア層:⭐️⭐️

ミュージアムの残念な所

この映画の冒頭で、経験のある刑事が現場へ向かったら、そこには経験の浅い刑事が気分を悪くして吐いているシーンがあります。しかし、そのようなシーンは多くの映画で使われているので、正直な話ですが「またか」と思ってしまいました。

カエル男が猟奇的な犯行を繰りかえす動機は、処刑した人々の写真を見て楽しむ事でした。しかし、そのような経緯に至った話があまり出てこなかったのです。

そのため、カエル男が猟奇的な犯行に及ぶようになった理由が、もう少し出てきたら良かったのになぁと思いましたね。

ミュージアムの見所

ミュージアムでは、妻夫木聡さんがカエル男を熱演していて、残酷な犯罪を無上の喜びとして感情を爆発させていました。その姿は、どこからどうみても異常者にしか見えなくて、この映画のストーリーが盛り上がる瞬間でした。

この映画のストーリーに引き込まれるのも、妻夫木聡さんの熱演が大きかったので、ミュージアムを見る時には妻夫木聡さんに注目して欲しいですね。