車は地方在住でもいらない!駅近を選べば可能?

f:id:akira2013web:20211222082327j:plain

地方在住だと車を購入して、多くのお金を使う事になってしまいます。しかし、地方でも駅近を選べば、車がいらない生活も可能なので、そのコツを紹介しましょう。

駅近の公共交通を確認

地方在住であっても、人口が30万都市以上の中心の駅近であれば多くのバスや電車が通って、利用しやすくなっています。

そのため、自分の住んでいる都市の駅近は、公共交通がどのぐらいまで走っているのか?便数や目的地のバス停などを把握しておく事が重要です。

今は、多くの地方都市でコンパクトシティを進めているので、ある程度の都市であれば、病院・スーパー・映画館・大型ショッピングセンター近くまで移動できるようになっています(地方によって違いがあるので注意)。

転職を視野に入れる事も重要

効率がよくて、楽な生活を送りたい場合であれば、駅の近くにある会社で働く事も視野に入れたほうが良いでしょう。

私は、新潟駅から歩いて5分の所の賃貸マンションに住んでいて、通勤も5分程度です。こうなってくると、車がいらないばかりか、生活も凄く楽になります。

大雨が降ろうが、大雪になろうが、全くと言っていいほど苦になりません。困る事と言えば、会社から通勤手当を貰えないぐらいですね(苦笑)。

転職が難しい場合であれば、あなたが働いている会社が、駅から公共交通で通勤できるのか調べておく事もオススメします。地方都市になると、公共交通で通勤できる所は多くないので、やはり転職がベターでしょう。

家賃を払えるか計算

駅の近くのアパートやマンションなんて、家賃が高いに決まっていると思っていませんか?実は、駐車場のないアパートやマンションを選べば、駅近でも家賃が安い所があります。

私の賃貸マンションは、1DKの6畳(洋室)で、家賃4万3000円ぐらいです。駅近であっても、駐車場のない所を選べば、地方都市であれば家賃の安い所を見つけやすくなっています。

駅ビルの近くを選ぶ

人口30万以上ぐらいになると、その中心となる駅は、駅ビルが入っている事が多いです。仮に駅ビルがなかったとしても、駅の近くにビルがある場合が多いです。

もしも、駅ビルの近くに住む事ができれば、駅ビルに入っているお店で、生活必需品や食料品を買い揃える事もできて、車のない生活が地方都市でも可能になります。

ちなみに新潟駅構内や駅ビルにはコンビニ(セブンイレブンファミリーマート・ローソン)・ジュンク堂ビックカメラ・病院・マツモトキヨシ・飲食店などがあります。

公共交通が脆弱な所の場合は、駅の近くに店・病院・会社などがある事をチェックしておきましょう。

近畿地方在住の方であれば、ハウスーモを利用したら、仲介手数料を安く抑えて入居する事もできます。

車を引っ越し費用に充てる事もオススメ

私は、今の会社に働く際に、自転車で7分こいで、バスで50分もかかるほど通勤時間が長い毎日でした。

会社が駅近くという事もあり、早く車を手放して、楽な毎日を過ごしたいと思っていましたが、引っ越し費用を貯める事ができず、悪戦苦闘の毎日でした。

そこで、愛車のオーリスを売却して60万円を手に入れて、一気に引っ越す事ができたのです。

もしも、引っ越し費用がなくて、困っている場合には、車を売却する事も考えてみましょう。

注意して欲しいのは、車をディーラー店に売ろうとしたら、たいした金額にならい事が多いので、多くの会社で一括査定できる所を選んでみましょう。

私もインターネットで愛車を一括査定してみたら、30万円の所もあれば、60万円の所もありました。その額は2倍も違う所があったのです。もしも、30万円であれば引っ越しは難しかったでしょうね。

一括査定したら、多くのお店が他社も査定しているから、負けなように金額をアップしてくれるので、そのあたりが嬉しかったです。

車は地方在住でもいらなくてOK

地方在住なら、車は足のようなものだから、手放すなんて考えられないと思っていた方は多いでしょう。

私も、以前までは、そのように考えていましたが、駅近に住めば車を手放しても、生活する事が十分に可能になります。

私は、車を手放す前は、家賃5万6500円・車の維持費2万5000円(ガソリン代・車検代・保険代など)もかかっていましたが、今では家賃4万3000円・バス代4000円ぐらいです。

バスは、料金の安い映画館へ行く時だけ使っているので、使わなくても生活が可能と言えば、可能です。さらに、会社が通勤徒歩5分で済むので、通勤が楽ですし自由な時間も増えました(仕事開始15分前に自宅出発でOK)。

さらに、会社の昼休みは自宅に戻って、のほほんとネットをしながら食事もできるので、最高な毎日です。もしも、車を使う毎日に負担を感じている場合は、車を手放して、駅近に住んでみましょう。