照橋心美(橋本環奈)の自意識過剰ぶりに山崎賢人が幻滅!映画『斉木楠雄のΨ難』

映画『斉木楠雄のΨ難』では、照橋心美(演:橋本環奈)の自意識過剰ぶりに、斉木楠雄(声:山崎賢人)が幻滅してしまうので、詳しく紹介しましょう。

斉木楠雄のΨ難』のキャスト

日本のコメディー映画『斉木楠雄のΨサイ難』は、2017年10月21日に日本で上映されました。そして、DVDの収録時間は97分です。

監督&脚本&原作

少し独特な映画を製作してきた事で知られている福田雄一監督が、漫画『斉木楠雄のΨ難』を実写化して、映画『斉木楠雄のΨ難』を製作しました。

登場人物と役者

超能力を持つ斉木楠雄に様々なΨ難がふりかかってくる映画『斉木楠雄のΨ難』に登場する人物や役者を紹介します。

  • 斉木楠雄(声:山崎賢人)超能力に苦しむ男子高生
  • 斉木國春(声:田辺誠一)楠雄の父親
  • 斉木留美(声:内田有紀)楠雄の母親
  • 照橋心美(声:橋本環奈)自意識過剰な学校のアイドル
  • 燃堂力(声:新井浩文)頭の悪い男子高生
  • 海藤瞬(声:吉沢亮中二病になっているクラスメート
  • 灰呂杵志(声:笠原秀幸)目立ちたがり屋な性格
  • 窪谷須亜蓮(声:賀来賢人)転入を機にヤンキーを卒業
  • 蝶野雨緑(声:ムロツヨシ)学園祭で手品を披露
  • 神田品助(声:佐藤二朗)天然な校長先生

斉木楠雄のΨ難』のストーリー

道ばたで若い女性が犬を散歩していたら、そこに男がやってきて「このワンチャン、超可愛いですねぇ」と話しかけてきました。所が、その男は、心の中では『犬好きをアピールしておけば、女なんて一発な訳でしょ。

本当は俺、犬、大嫌いなんだよ』と思っていました。それを近くで見ていた斉木楠雄は、ウンザリとした顔をするのです。

斉木楠雄は超能力を持っていたので、他人がどのような事を思っているのか分かっていたので、このように他人が思っている事と実際に行なっている事の違いを目撃してしまう事はよくあるのです。

さらにバス停で、美しい女性を見ても、そんな女性が心の中では「すごく、超ウ◯コしたいし、早く家に帰りたいし、早くバス来いよ、ウ◯コもれるぅ」と思ってしまう事まで分かってしまうので、斉木楠雄は美しい女性にときめく事もできません。

所が、そんな斉木楠雄に、猛アタックしてくる学校のアイドルがいるのです。

その人物こそ、この学校の人気No.1のアイドル照橋心美でした。

照橋心美は、学園祭こそ斉木楠雄に「おっふ」と言わせてやると意気込んでしまいます。しかし、この学校には、転入をキッカケにヤンキーから卒業した窪谷須亜蓮や、派手なマジックを学園祭で披露しようとする蝶野雨緑までいたのです。

そのため、斉木楠雄は騒動が起きないように様々な所で超能力を駆使してトラブルを防いでいきます。

しかし、照橋心美はしつこい性格をしていて、自分のファンクラブを使ってまで、斉木楠雄と体育館裏で二人っきりになれるシチュエーションになるまで運んでいきます。

所が、この時に斉木楠雄の制御装置が取れてしまって、辺りは氷河期のように凍ってしまったのです。はたして斉木楠雄は、このΨ難を乗り越える事ができるのでしょうか?

『照橋心美(橋本環奈)の自意識過剰ぶりに山崎賢人が幻滅』

照橋心美は、他の生徒たちからミスコンに出ないのと聞かれても「私なんて、無理無理」と言いながら『私って美少女な訳でしょ、それは自意識過剰じゃなくて、単なる事実。スカウトなんて来られたら面倒くせぇし』と思っていました。

さらに照橋心美は「リカちゃん可愛いんだから出ればいいじゃん」と言って、心の中では『つって、友達を可愛いって言っちゃう私が、可愛いすぎるやろ、どこまで可愛いねん私!』と思っていたのです。

この自意識過剰ぶりには、斉木楠雄は『もはや怖い』と思って、ドン引きしてしまいます。

斉木楠雄のΨ難』と他の映画を比較

福田雄一監督の作品で、橋本環奈さんが出演している作品は、今作の他にも『銀魂』というものがあります。

銀魂でも、福田雄一ワールドが炸裂していて、あの千年のアイドルと言われた橋本環奈さんが鼻に指を突っ込んでしまうシーンがあって、多くのファンの度肝を抜いてしまいました。

どちらとも、コメディ映画として最高に面白いギャグが炸裂していますが、銀魂は激しいアクションシーンも見られるので、激しく戦いあう所も見られるコメディ映画を見たい場合には、映画『銀魂』もオススメです。

www.akira-movies-drama.com

斉木楠雄のΨ難』の豆知識

 『斉木楠雄のΨ難』を製作した福田雄一監督は、今まで様々な映画を製作したり、番組に出演したりしてきました。そこで、福田雄一監督や、この映画に関連する情報を紹介するので、ご覧になってみて下さい。

福田雄一監督が『指原の乱』に出演

福田雄一監督は、AKB48総選挙で何回も一位を取った事がある指原莉乃さんと一緒に『指原の乱』に出演していた事がありました。そこでは、指原莉乃さんの写真集を製作したり、さしはらーめんというプロジェクトを立ち上げたりしていたのです。

このように、福田雄一監督はマルチに活躍する方なので、斉木楠雄のΨ難を実写化する事ができたのでしょう。

映画『斉木楠雄のΨ難』の主題歌

斉木楠雄のΨ難の主題歌は、ゆずの『恋、弾けました』です。ゆずを知らない日本人は、ほとんどいないかと思いますが、男性二人組で、爽やかで明るい曲を多くリリースしています。

そのため、この主題歌でも明るい曲調になっていて、不思議な力やΨ難に悩まされる者の気持ちを表す歌詞になっています。

映画『斉木楠雄のΨ難』の感想 

超能力を持つ斉木楠雄が苦しむストーリーが展開される『斉木楠雄のΨ難』を見た感想を紹介するので、参考にしてみて下さい。

映画『斉木楠雄のΨ難』のオススメ層

若い方たちの間で高い人気を集めている俳優さんが多く出演しているので、シニア層よりも、若年層向けの映画になっています。

さらに、福田雄一ワールドが炸裂している映画なので、コメディ好きには、たまらない作品になっているのも見逃せないポイントですね。

  • コメディ好き:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • キッズ:⭐️⭐️⭐️
  • 若年層:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 中年層:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • シニア層:⭐️⭐️

映画『斉木楠雄のΨ難』の残念な所

斉木楠雄のΨ難は、面白い所はあるのですが、その他には舞台を見せられているようなシーンがあって、少しドン引きしてしまう所が多くありました。

特に、海藤瞬が不思議な一団と妄想の話を延々と続ける所は「もういいよ」とつぶやきたくなるほどです。

ただし、そのようなシーンでも、好きになる人もいるかもしれないので、そこは個人の好みの分かれる所です。

映画『斉木楠雄のΨ難』の見所

この映画で、最も面白く感じられたのは、冷静な斉木楠雄と、自意識過剰な照橋心美が絡み合うシーンですね。

照橋心美が何回も猛アタックするのに、斉木楠雄に避けられてしまって、美少女が大口を開けて「ガーン」とショックを受ける所は最高に面白かったです。

仮にも、千年に一度のアイドルと言われている橋本環奈さんが、そんな表情や行動を取るのは大きなギャップがあって見応えがありました。