ダー子に弟子入りしたモナコ役の織田梨沙について紹介!映画『コンフィデンスマンJP -ロマンス編-』

映画『コンフィデンスマンJP -ロマンス編-』では、モナコがダー子に弟子入りしてしまうので、このモナコ役を演じていた織田梨沙について、詳しく紹介しましょう。

映画『コンフィデンスマンJP -ロマンス編-』のキャスト

日本の映画『コンフィデンスマンJP -ロマンス編-』は、2019年5月17日に公開されました。

監督&脚本&制作

  • 監督:田中亮
  • 脚本:古沢良太
  • 製作:石原隆&市川南

登場人物&俳優

コンフィデンスマンJP -ロマンス編-の登場人物や俳優さんたちは、以下の通りです。

  • ダー子(演:長澤まさみ)性格が明るい女詐欺師
  • ボクちゃん(演:東出昌大)詐欺から身を引こうとする男
  • リチャード(演:小日向文世)少しドライな性格をしている詐欺師
  • 五十嵐(演:小手伸也)ダー子たちの仲間で、意外とフットワークが軽い
  • 矢島理花(演:佐津川愛美)ダー子の知り合い
  • 宝石研磨職人(演:小栗旬)合成の宝石を作る職人
  • モナコ(演:織田梨沙)ダー子に弟子入りする詐欺師
  • ラン・リウ(演:竹内結子)富豪の女性で氷姫という異名を持つ
  • ジェシー(演:三浦春馬)結婚詐欺師で、ラン・リウに近く男性
  • 赤星栄介(演:江口洋介)マフィアのボスで、ダー子たちを狙う男
  • 鈴木さん(演:前田敦子)結婚詐欺にあう女性

映画『コンフィデンスマンJP -ロマンス編-』のストーリー

ダー子は、モナコからペットを使った詐欺を仕掛けられますが、すぐに見破って、逆に仲間にならない?と誘います。

モナコは、ダー子の詐欺師としての実力に惚れ込んで弟子入りしますが、そこで出会ったボクちゃんから「こんな世界に踏み入れてはダメだ!」と詐欺師になる事を大反対されてしまうのです。

しかし、ダー子たちが多数決を取って、同じ仲間のリチャードたちは弟子入りを認めてしまって、モナコは一緒に詐欺をする事になってしまいます。

ダー子たちは、氷姫という異名を持つラン・リウから『パープル・ダイヤ』を盗み取ろうとしますが、日本では赤星栄介がダー子たちを密かに狙っていたのです。

赤星栄介は以前にダー子たちに騙された事があったので「俺の前で命乞いをさせてやる。そして、命乞いほど無駄なものはないという事を教えてやる」と殺気をみなぎらせていました。

香港に潜入していたダー子はモナコと一緒に占い師のフリをして、ラン・リウから宝石を騙し盗ろうとしたら、昔の恋人のジェシーが先にラン・リウに取り入っていたのです。

ジェシーは、ダー子たちがラン・リウを騙そうとしている事を先にバラす事によって、とり入る事に成功していました。このままでは、ジェシーに先を越される事は確実でしたが、ダー子たちは巻き返す事ができるのでしょうか?

『ダー子に弟子入りしたモナコ役の織田梨沙について紹介』

織田梨沙さんは、少女の頃からクラシックバレエを習っていて、そのスラリとしたスタイルは、少女時代の経験から活かされたのでしょう。

大人になってからは、モデルとして活躍を始めて、ついに女優として映画『コンフィデンスマンJP -ロマンス編-』に出演するまでに至りました。

そんな織田梨沙さんのプロフィールは、以下の通りです。

  • 名前:織田梨沙
  • 星座:さそり座
  • 特技:バレエ・乗馬・フラダンス・英語
  • 血液型:O型
  • 出身地:千葉県
  • 生年月日:1995年11月12日

『コンフィデンスマンJP -ロマンス編-』と他の映画を比較

コンフィデンスマンJPシリーズの最新作が、ついに2021年1月14日から上映されます。

最新作英雄編では、どのようにして人々を救う詐欺師が生まれたのか?それが判明します。しかし、途中でダー子が失敗したかのような予告が発表されるので、どのような結末になるのか?楽しみですね。

映画『コンフィデンスマンJP -ロマンス編-』のまとめ

コンフィデンスマンJP -ロマンス編-を見た感想について、詳しく解説します。

映画『コンフィデンスマンJP -ロマンス編-』のオススメ層

詐欺師たちが、ダイヤを盗もうとしますが、その理由は可愛い弟子の仇を取るためでした。そこには女同士の友情もあるハズなので、男性だけではなく女性も楽しめる映画になっています。

  • 男性:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 女性:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • キッズ:⭐️⭐️⭐️
  • 若年層:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 中年層:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • シニア層:⭐️⭐️⭐️⭐️

映画『コンフィデンスマンJP -ロマンス編-』の残念な所

途中までは、少し退屈な感じがするので、最後まで見ないで飽きてしまう可能性が高い映画になっています。

その退屈な感じのストーリーは、人によって好きになるのか?嫌いになるのか分かれる所もあるので、評価の分かれる映画と言えるかもしれません。

映画『コンフィデンスマンJP -ロマンス編-』の見所

途中までは、あまり刺激の多い作品ではなかったのですが、ラストシーンで騙す者と騙される者が、何回も入れ替わるので、その意外性が面白い映画でした。

そのため、ミステリー要素の多いドラマ映画が好きな方であれば、オススメの作品ですね。

個人的には、モナコ役の織田梨沙さんが可愛かったなぁと思ってしまいました(苦笑)。