ブリジット・フウがユージーンに冷たく接していた訳!映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』

映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』では、ブリジット・フウ(演:ビビアン・スー)が、ユージーン(演:濱田岳)に冷たく接してしまうので、その理由について詳しく紹介しましょう。

映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』のキャスト

日本のドラマ映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』は、2020年7月23日に公開されました。

監督&脚本&原作

登場人物&俳優

コンフィデンスマンJP プリンセス編の登場人物や俳優さんたちは、以下の通りです。

  • ダー子(演:長澤まさみ)大富豪の後継者争いに目を付ける女詐欺師
  • ボクちゃん(演:東出昌大)危険な詐欺行為に忠告する青年
  • リチャード(演:小日向文世)ダー子を緊急救出する仲間
  • 五十嵐(演:小手伸也)大統領夫人にからまれる詐欺師
  • コックリ(演:関水渚)ダー子に救われる少女
  • トニー・ティン(演:柴田恭兵)フウ家に人物人物
  • レイモンド・フウ(演:北大路欣也)世界を牛耳るほどの大富豪
  • ブリジット・フウ(演:ビビアン・スー)レイモンドの長女で、男遊びが激しい
  • クリストファー・フウ(演:古川雄大)レイモンドの長男で、ビシネス面で活躍
  • アンドリュー・フウ(演:白濱亜嵐)レイモンドの次男で、男遊びばかりする人物
  • ジェシー(演:三浦春馬)ダー子と争う結婚詐欺師
  • 韮山波子(演:広末涼子)未亡人詐欺師で、年配の男を手玉にとる人物
  • スタア(演:竹内結子)ダー子と喧嘩別れする詐欺師
  • 鈴木さん(演:前田敦子)ダー子の弟子
  • モナコ(演:織田梨沙)海外で活動中の詐欺師
  • ヤマンバ(演:濱田マリ)みなしごを詐欺活動に手伝わせる女
  • 赤星栄介(演:江口洋介)ダー子たちを狙うマフィアのボス
  • 城ケ崎善三(演:石黒賢)宝石を鑑定する男
  • ホテルの支配人(演:滝藤賢一シンガポールの一流ホテルのオーナー
  • 元某国大統領夫人(演:デヴィ・スカルノ)宝石を無くしてしまう元大統領夫人
  • ユージーン(演:濱田岳)ブリジットの事を愛する貧乏画家

映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』のストーリー

ダー子は、同じ詐欺師の娘コックリが、ヤマンバに虐待を受けていたのを見て、険しい顔で止めさせます。

そして、リーチャードやボクちゃんたちの所まで、コックリを連れていって「シンガポールの大富豪レイモンド・フウの後継者としてコックリを連れていくよ」と言い出すので「そんなの、無理だろう」と反対されてしまうのです。

実は、レイモンド・フウには3人の子供達がいて、財産は3人の誰かに譲られると思っていましたが、死んだ後に前代未聞の遺言が発表されます。

それは「4人目の子供に財産を送る」というものであり、その名前は誰もが知らない人間だったので、多くの詐欺師がフウ家にやってきて「自分こそ、その4人目の子供だ」と言っては追い返されるようになったのです。

ダー子はコックリの母親のフリをして「この子供こそ、フウ家の4人目の子供」と主張しますが、レイモンドの子供たちは『本当かよ』と疑いの目を向けてしまいます。

ところが、ボクチャンが屋敷の召使いとして潜入して、ブリジット・フウに睡眠薬を飲ませて、眠っている間に綿棒を使い、舌の粘液を少しだけ盗み取ってしまうのです。

フウ家に仕えるトニー・テインは、本当にコックリが4人目の子供なのかDNA検査させますが、ボクちゃんがコッソリとブリジット・フウのDNAをコックリの物とすり替えて出したので、レイモンドのDNAを引き継いでいるという結果が出てしまいます。

兄弟たちは騒ぎ出してしまって、あの手この手で嫌がらせをしてくる上に、日本のマフィアのボスまでダー子たちを狙ってくるのです。

はたして、ダー子たちはフウ家の財産を引き継ぐ事ができるのでしょうか?

『ブリジット・フウがユージーンに冷たく接していた訳』

ユージーン(演:濱田岳)は、貧乏画家でしたが、大富豪の娘 ブリジット・フウ(演:ビビアン・スー)に何度も似顔絵の肖像画を送ろうとします。

しかし、厳重な警備に阻まれて、その絵は捨てられてしまうのです。

周りの金持ちの女性たちも「また、あのストーカーが来ているの?」と笑いあってしまい、ブリジット・フウは迷惑そうな顔をしてしまいます。

それでも、ラストシーンでは、ブリジット・フウはユージーンの所へかけよって、捨てられた肖像画を持ってきて、二人で微笑み合います。

二人は愛し合っていたはずなのに、なぜ冷たく接していたのかと言えば、やはり大富豪の娘だったので、貧乏画家の男と付き合うのは世間体が悪いと思ったのでしょう。

さらに、プライドの高い女性だったので、貧乏な男と付き合うのは自分らしくないと思い込もうとしていました。

しかし、レイモンドの遺言を聞いているうちに、ようやく自分の本当の気持ちに気づいて、ようやくユージーンと愛し合う事ができたのでしょう。

『コンフィデンスマンJP プリンセス編』と他の前作を比較

映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』の前作では、ダー子たちが赤星栄介を騙してしまうので、なぜ日本のマフィアのボスがダー子たちを狙ってしまうのか?そのいきさつがよく分かります。

しかし、前作よりも今作のほうが笑いどころが多いので、コメディ映画が好きな場合には、今作のほうがオススメですね。

www.akira-movies-drama.com

映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』のまとめ

コンフィデンスマンJP プリンセス編を見た感想について、詳しく解説します。

映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』のオススメ層

多くの詐欺師たちが、シンガポールに結集して、美しい街並みや豪華なホテルを見る事ができます。そのため、コメディ映画が好きな方だけではなく、旅行が好きな方にも、オススメの映画ですね。

  • 旅行好きの方:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • コメディ好きの方:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • キッズ:⭐️⭐️⭐️
  • 若年層:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 中年層:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • シニア層:⭐️⭐️⭐️

映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』の残念な所

コックリが、母親を亡くした事により、ヤマンバにこき使われてしまいますが、できればコックリの実の母親も登場させて欲しかったですね。

ラストシーンでは、スタアもコックリの母親のために、人肌ぬいで協力していたので、コックリの母親が出なかったのは残念です。

そして、動画配信では出てこなかったのですが、映画館で上映した時や予告では、長澤まさみさんが「死ぬんじゃないよ」とメッセージを送っていました。

このメッセージは誰に向けられたメッセージなのか?それとも、ただの演劇の発言だったのかは分かりません。

くしくも、この作品で出演していた三浦春馬さんや竹内結子さんたちが、次々に自ら命を絶ってしまいまいた。この死ぬんじゃないよのメッセージが、二人に届かなかったのも少し残念な所です。

三浦春馬さんが亡くなったのは、この作品が上映される寸前の時だったので、いまだに、なぜ亡くなってしまったのだろうかと思ってしまいますが、今はご冥福を祈るのみです。

映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』の見所

前作より、笑いどころが多くなっていて、何度も笑わせてくれる作品でした。特に、ダー子と結婚詐欺師たちが争って、マフィアのボスに生贄に出そうとするのは、面白かったですね(苦笑)。

そして、ボクちゃんがコックリに「怖かったらやめてもいいんだよ」と優しい言葉をかけても「怖くないです、やります」と即答されて、撃沈する所は思わず爆笑してしまいました。