俵屋勤役の佐野史郎がプロ失格と反省した事とは?ドラマ『コンフィデンスマンJP 第4話』

f:id:akira2013web:20220107143219p:plain

引用:https://www.fujitv.co.jp/confidenceman_jp/index.html

ドラマ『コンフィデンスマンJP 第4話』では、俵屋勤役を演じた事がある佐野史郎さんが、かつて「プロの俳優として失格」と反省した事があったので詳しく紹介しましょう。

ドラマ『コンフィデンスマンJP 第4話』のキャスト

コメディドラマ『コンフィデンスマンJP』は、2018年4月9日〜2018年6月11日で放送されました。

登場人物&俳優

主題歌

ドラマ『コンフィデンスマンJP』の主題歌(エンディングテーマ)は、Official髭男dismの『ノーダウト』です。

ドラマ『コンフィデンスマンJP 第4話』のストーリー

宮下正也は工場長になる事ができて、妻は息子に「工場長はえらいのよぉ」と語りかけます。

しかし、宮下正也は自分が勤めている会社が、外国産を国産と偽装している事に心を痛めてしまって、妻から「息子が嘘をつくから、あなたからも怒ってやってよ」と言われた時に、怒る事ができなかったのです。

俵屋勤社長に偽装を辞めるように訴えても「人聞きの悪い事を言うなよ、外国産と国産では品質に差がない、しかし外国産を差別する消費者がいるから、そいつらに合わせてやってるんだよ」と耳を貸してもらえません。

それどころか、言う事を聞かなかったら、降格されてしまったので、社長に忠誠を誓い工場長に戻ってしまうのです。しかし、偽装に心を痛めてしまい、深夜に酔いつぶれてしまった所で、ダー子に見られてしまい『大丈夫だろうか?』と心配されます。

ダー子たちは俵屋勤社長を調べたら、映画好きの性格だが、社員にパワハラやセクハラをする最低な奴だと思って、こらしめてやろうと計画を立てるのです。

そこで、ニセの映画作品に3億円を出資させようとしますが、あまりにも映画が好きすぎるので『私なんかが出資なんて、とてもとても』と引っ込み思案になってしまいます。

ダー子たちは『会社であれだけ好き放題するくせに、映画では、こんなウブで引っ込み思案になるなんて』と頭を抱え込んでしまいます。はたして、俵屋勤社長をこらしめる事ができるのでしょうか?

『俵屋勤役の佐野史郎がプロ失格と反省した事』

俵屋勤役を演じた事がある佐野史郎さんは、押しも押されもしない大俳優です。悪役を演じる事が多い俳優ですが、味のある表現力には、多くのファンがいます。

それほどの大俳優ですが、かつて「プロの俳優として失格」と反省した事があったのです。

参照元https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202105070001095.html

実は、佐野史郎さんはドラマ『リコカツ』に出演していた事があったのですが、その最中に腎臓機能障害を発症してしまって、降格する事になってしまいました。

佐野史郎さんは「プロの俳優として、恥ずかしく、健康管理をできていなかったこと、心底、反省いたしております」と反省したのです。しかし、俳優と言っても人間ですから、病気であれば仕方がないでしょう。

ドラマ『コンフィデンスマンJP』を見られる動画配信

詐欺師たちが活躍するドラマ『コンフィデンスマンJP 第1〜10話』は、動画配信『FODプレミアム』で見られます。

ただし、本ページの情報は2022年1月時点のものです。最新の配信状況はFODプレミアムサイトにてご確認ください。

ドラマ『コンフィデンスマンJP 第4話』の見所とまとめ

第4話では、俵屋勤(演:佐野史郎)が落ちそうで落ちなかったのに、いざ出資となると、いろいろと口出しをしてきて、ダー子たちが「引っ込み思案だった頃が懐かしいわ」とぐったりするので、なかなか面白かったですね。

長澤まさみさんは可愛らしい女優さんなのに、このシリーズではなぜかハニートラップもできない女性とされてしまうので、そのギャップもなかなか良いです。

ラストシーンでは、俵屋勤がダー子に体を迫るかと思っていたら、実はボクちゃんの体を狙ってしまい、ダー子がボクちゃんを差し出してしまいます。これには意外だなぁと思いましたが、あまりにも面白くて爆笑してしまいました。

最近では偽装のニュースが報道されていないのですが、この作品を見ていたら『どこかのブラック企業は偽装商品を製造しているんだろうなぁ』と思ってしまいましたね。