ソーの姉ヘラは史上最悪の女王?映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』

映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』では、アスガルド王の息子ソーが、民を救おうとしますが、史上最悪の姉ヘラによって苦しめられるので詳しく紹介しましょう。

映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』のキャスト

映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』は、2017年11月3日に日本で上映されました(上映時間は約130分)。

監督&脚本

アスガルドで激戦が行われていく映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』を制作したのが、タイカ・ワイティティ監督になります。

登場人物&役者

映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』に登場する人物や役者さんたちは、以下の通りです。

映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』のストーリー

皇子ソーは、父王に謁見しますが、すでに病が重くて長くは生きられない状態でした。

父王は「お前の姉ヘラが復活する」と打ち明けられますが、今まで姉がいなかったので『俺には姉がいたのか』と感慨深くなってしまいます。

そして、アスガルド王だった父は亡くなってしまいますが、その後すぐに不気味なたたずまいの女が現れます。この女こそ、ソーの姉ヘラでした。ヘラは「もう死んだの?残念、見逃したみたい」と不敵な笑みを浮かべます。

そして、自分こそアスガルドの王にふさわしいと思っていたヘラは、ソーたちに襲いかかります。

ソーはハンマーを投げつけますが、何とヘラは、ハンマーを手で受け止めて木っ端みじんに破壊してしまったのです。その光景を見たソーは絶望にうちひしがれますが、ヘラは兄弟が相手でも情け容赦なく叩き潰したのです。

ヘラはアスガルドへ向かって、力づくで制服しようとして、歯向かう者は誰であろうと構わず殺害していったのです。それは王族とは思えない残酷な性格であり、多くの者たちは絶望にうちひしがれてしまいます。

ソーは、これ以上の暴虐は許さんと思い立ち向かおうとしますが、再び叩きのめされて目を失ってしまうほどの深手を負います。はたして、誰が史上最悪の女王ヘラを食い止めるのでしょうか?

『ソーの姉ヘラは史上最悪の女王』

ヘラは史上最悪の王族で、父が亡くなっても、全く悲しまず、その最後を見てみたかったと笑うような女でした。しかも、自国を制圧するためであれば、相手が弟であっても、民であっても構う事なく、叩き潰すような人物でした。

アスガルドで、ついにヘラは「私はヘラ。死の女神、我が父は死んだ。オーディンは9つの世界で侵略を辞めた。私が宇宙を支配する。私の前にひざまずけ、偉大なる侵略に身を投じよ」と呼びかけてしまうのです。

ホーガンは兵士を従えてヘラを倒そうとしますが、ヘラはたった一人で兵士たちを全滅させます。

さらに、剣を盗み出した者を捕まえるために、民を殺害しようとしていました。そこで、ソーは自分が囮(おとり)になっている間に民を避難させようとします。

虹の橋では、民が大きな野獣と兵士たちによって挟み撃ちにあってしまうのです。

まさに史上最悪の女王であり、ソーはとんでもない姉を持ってしまったと言えますね。

マイティ・ソー バトルロイヤル』と他の映画を比較

三谷幸喜監督が制作した歴史映画『清須会議』は、織田信長亡き後、羽柴秀吉豊臣秀吉)と柴田勝家織田家の後継者を巡って対立していくストーリーです。

少し、役者さんたちが、滑稽とも思える演技を見せますが、それが今までにない歴史映画として面白みを感じさせます。

マイティ・ソー バトルロイヤルで出演していた浅野忠信さんは、この清須会議では前田利家役として出演していて、少し渋い武将として前田利家を見事に演じきっているのです。

www.akira-movies-drama.com

映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』の感想

動画配信U-NEXTで配信されている『マイティ・ソー バトルロイヤル』を見た感想を紹介するので、参考にしてみて下さい(本ページの情報は2018年8月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。)

マイティ・ソー バトルロイヤル』のオススメ層

ソーが、とんでもない姉と戦おうとする映画なので、ここはかえって兄妹で一緒に見て欲しい映画ですね。そこで、どっちのほうがひどいのか?議論するのも悪くないかもしれません。

まぁ、どこをどう考えても、姉のヘラが悪いんですけどね(苦笑)

  • 兄弟:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • ファミリー層:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • キッズ:⭐️⭐️⭐️
  • 若年層:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 中年層:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • シニア層:⭐️⭐️

マイティ・ソー バトルロイヤル』の残念な所

マイティ・ソーシリーズの第3弾という事もあって、前作を知らない方は、この映画を見ても分かりづらい所がいくつもあります。そのため、この映画を見るのであれば、前作を見ておいたほうが良いでしょう。

そのような事を考えたら、もう少し前作を見た事がない人のための、解説とかあっても良かったのではないかと思ってしまいました。

マイティ・ソー バトルロイヤル』の見所

マイティ・ソー バトルロイヤルでは、悪役であるヘラが、強大な力でソーたちを倒していく辺りは、見ていて圧倒されましたね。映画では、このように敵のボスが早く登場して、主人公を圧倒するのはあまり多くないので、その辺りは見応えが十分でした。

それにしても、主人公の姉が、兄弟や民たちを殺害しようとするのは、何とも恐ろしいストーリーだなと思ってしまいましたね。

さらに、敵か味方かハッキリとしないキャラクターたちの立場が変わっていって、この後はどうなるのか予測する事が難しくなるのも、この映画の大きな見所と言えるでしょう。