映画『亜人』永井圭の妹(浜辺美波)が日本を救った?

映画『亜人』では、一般の日本国民が壮絶な復讐を味わいますが、永井圭の妹(浜辺美波)が日本を救う事になるので詳しく紹介しましょう。

亜人』のキャスト

日本の映画『亜人』は、2017年9月30日に日本で上映されました。DVDの収録時間は109分になります(上の広告はサウンドトラックです)。

監督&脚本&原作

亜人同士の衝突を描いたアニメ『亜人』を映画に実写化したのが、本広克行監督です。

亜人の主題歌『BLACK MEMORY』

映画『亜人』の主題歌は、日本のロックバンド『THE ORAL CIGARETTES』の『BLACK MEMORY』という曲です。亜人同士が激しく戦い合うストーリを象徴するように、ギターやドラムの音が鳴り響き、ハイテンポで激しく歌われる曲になっています。

登場人物と役者

人類が予想できない戦いを繰り広げる映画『亜人』に登場する人物と役者を紹介します。

亜人』のストーリー

命を落とす事がない亜人は、26年前にアフリカで発見されていて、日本政府は亜人を保護するという名目で3体もの亜人を確保してきました。

しかし、日本国民たちの知らない所で、壮絶な人体実験が行われていたのです。永井圭はトラックにひかれてから、起き上がった事で多くの国民から亜人とバレてしまいました。日本政府は、亜人に懸賞金をかけていたので、永井圭は捕まってしまいます。

人体実験に絶望していた永井圭ですが、そのビルに、同じ亜人の佐藤と田中たち亜人が、永井圭を救出するために侵入して警備員を襲って行きます。

永井圭は、最初こそ佐藤たちに感謝しますが、佐藤が楽しむように警備員たちを殺害していく所を知ってしまい、思わず佐藤を攻撃して警備員を助けてしまうのです。

佐藤は「君は、とんだ期待ハズレだ!」と激怒して、圧倒的な力にひるみ逃げ出していきました。

それから、佐藤たち亜人は、今まで政府が行っていた人体実験を暴露して、亜人だけが住む自治区の設立を要求。その頃、田中は病院に入院している永井圭の妹に黒い幽霊を向かわせますが、そこにいた警備員の泉も黒い幽霊を出したのです。

彼女も亜人だった事に、田中は「人間ぶっていた訳だ」と驚きます。永井慧理子は、兄と対面する事ができて、つかの間の再会に少し微笑みます。所が、佐藤は「政府から返答が来ないので、亜神研究所の主導機関である厚生労働省を攻撃する」。

永井圭は、罪もない国民までもが攻撃されるのを防ぐために、同じ亜人たちと戦う事を決意しますが、はたして佐藤の暴走を食い止められるのでしょうか?

『永井圭の妹(浜辺美波)が日本を救えた理由』

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 浜辺美波 (@hamabe__minami829)

www.instagram.com永井圭の妹(浜辺美波)は特別な力を持っていた訳ではなかったのですが、凄く重要なキーマンだったと言えます。

なぜなら、永井圭は妹想いの男だったので、妹の病気を治すために勉強していたほどでした。

日本政府によって、度重なる人体実験を受けながら、佐藤たちのように復讐しようとしなかったのは、妹の前でそのような事ができなかったからでしょう。

そういった事を考えたら、永井圭の妹の存在によって、亜人同士が戦うようになって、日本を救ったと言えるでしょう。

映画『亜人』を見られる動画配信

動画配信『U-NEXT』に入会したら、映画『亜人』を見る事が出来ます。月額料金は税別1,990円ですが、初入会の方であれば31日間は無料で見られます。
ただし、本ページの情報は2021年12月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

U-NEXTでは、以下の最新映画も見られます。

亜人』と他の映画を比較

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』でも、特殊な体を出現させて、攻撃をするアクション映画です。

大人気の漫画作品から実写化させる事もあって、ファンの間では賛否両論に別れましたが、山岸由花子(演:小松菜奈)がドSな恋愛を押し付けていく所は、なかなか面白みがあって、必見ですね。

www.akira-movies-drama.com

亜人』の感想

命を落とす事がない亜人同士が衝突していく映画を見た感想を紹介するので、この映画に興味を持った方は、参考にしてみて下さい。

亜人のオススメ層

漫画から実写化された映画ですが、激しいアクションシーンが多いので、どちらかと言えば、子供向けというよりも大人向けのアクション映画と言えますね。

意外と知られていないのですが、今ほど知名度が高くない時期に浜辺美波さんも出演していたので、まだ今作を見ていない浜辺美波ファンにとっては必見の作品と言えます。

動画配信『U-NEXT』であれば、映画『亜人』を見られます(本ページの情報は2021年12月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください)。

  • 浜辺美波ファン:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • キッズ:⭐️⭐️⭐️
  • 若年層:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 中年層:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • シニア層:⭐️⭐️

亜人の残念な所

映画『亜人』の残念な所は、原作であるアニメを見ないと疑問に思う事がある所です。例えば、亜人である泉が、何度も身体をはって戸崎を助けるシーンがあります。

この映画を見ている時に、亜人なのに戸崎をそこまで助けるというのは、戸崎に恋をしているのかな?と思ってしまいましたが、どうやら違うようです。

アニメでは、戸崎が亜人である泉をかばう代わりに、協力するように求められた経緯があったのです。

しかし、そのような経緯もアニメを見ないと分からないのですが、2時間近い時間で、その全てを公開する事は難しいので、これが実写化された映画の問題点なのでしょう。

亜人の見所

亜人は瀕死の状態になったら、わざと命を奪うほどのダメージを自分で与えて、完全復活する方法があります。そのため、佐藤は追い込まれても、自分の首や心臓にダメージを与えて蘇生して反撃に打って出るのです。

さらに、ある場所に手首を設置してから、命を落とすほどのダメージを受けたら、そこに瞬間移動して蘇生する事もできます。

このように、映画『亜人』では黒い幽霊を扱ったり、蘇生したりするなど常識では考えられない戦いを佐藤健さん・綾野剛さん・城田優川栄李奈さんたちが素早いアクションで熱演する所は大きな見所です。

その他にも、重低音を響かせて、亜人同士が衝突していく戦いを盛り上げるBGMも格好良かったですね。

そして、綾野剛さんが独特な喋り方をして、人の命を奪う事を楽しむ佐藤役はリアリティーを感じて圧倒されました。