前橋恵一(武田航平)が性的なつながりを指摘された訳!ドラマ『ゴシップ#彼女が知りたい本当の〇〇 第2話』

ドラマ『ゴシップ#彼女が知りたい本当の〇〇 第2話』では、前橋恵一(武田航平)が性的なつながりを指摘されますが、それには深い計算があったので詳しく解説します。

ドラマ『ゴシップ 第2話』のキャスト

f:id:akira2013web:20220113221518p:plain

引用:https://www.fujitv.co.jp/gossip/index.html

ゴシップ#彼女が知りたい本当の〇〇は、2022年1日6日から、フジテレビで放送開始されました。

企画&脚本

登場人物&俳優

  • 瀬古凛々子(演:黒木華)元経理部の女性社員で、氷のように冷めた性格
  • 根津道春(演:溝端淳平)瀬古凛々子と仲が悪い同期の男性社員
  • 下馬蹴人(演:野村周平)自社を卑下する人物
  • 椛谷静司(演:野間口徹)体力を使う仕事を嫌う男性社員
  • 一本真琴(演:石井杏奈)勝ち組になれず嘆く
  • 山田礼二(演:生瀬勝久)穏やかな性格をした編集長
  • 矢部涼介(演:一ノ瀬颯)一本真琴の同期
  • 仁和正樹(演:安藤政信)瀬古凛々子を利用して同期を蹴落とす
  • 竹富喜一郎(演:大鶴義丹)カンフルNEWSを批判する司会者
  • 女性アナウンサー(演:宇垣美里)竹富喜一郎をサポートする女子アナ
  • 前橋恵一(演:武田航平)不倫報道をされる人気俳優
  • 清瀬みさと(演:清水葉月)前橋恵一の妻
  • 牧紗耶香(演:秋元才加)根津道春の大学時代の先輩

ドラマ『ゴシップ 第2話』のストーリー

山田礼二は、フェイクニュースを記事にした責任を取り退職していき、新しい編集長として瀬古凛々子が就任しました。

同期の根津道春は『嘘だろう?』と衝撃が走りますが、それは周りの社員たちも同じであり『なんで、そうなるんだ』という空気が広がってしまいます。

新体制となったカンフルNEWSですが、そこに衝撃的なニュースが飛び込んできました。それは、人気俳優の前橋恵一・清瀬みさとの離婚報道です。

瀬古凛々子は、取材しようとしますが、牧紗耶香は「カンフルNEWSは出禁だからダメだわ」と追い返そうとしますが、大学時代の後輩 根津道春がカンフルNEWSで働いている事を知って「根津の顔に免じて今日だけよ」と取材を許可します。

ところが、瀬古凛々子は前橋恵一に「二人の性的なつながりはいつまで続いていたんですか?」とトンデモナイ質問を浴びせてしまって、牧紗耶香は鬼の形相で、追い出すように睨みつけるので、根津道春は慌てて連れ出していきました。

散々な取材でしたが、その後に他社が、前橋恵一が他の女性と不倫していたと報道してしまい、世間は一気に前橋恵一を叩き始めてしまいます。しかし、瀬古凛々子はある部屋のコンセントのカバーの画像を見て、不敵な笑みを浮かべてしまうのです。

はたして、コンセントカバーと不倫報道に何か関係があるのでしょうか?

『前橋恵一(武田航平)が性的なつながりを指摘された訳』

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 武田航平 (@kouhei_takeda.official)

www.instagram.com瀬古凛々子(演:黒木華)が、前橋恵一(武田航平)に性的なつながりを指摘しますが、このような事を聞いてしまえば、炎上してしまうのは仕方のない事です。

それでは、なぜ、このような事を聞いたのかと思えば、どちらかが不倫していたのではないかと最初から疑っていたからでしょう。

もしも、不倫をしないで、本当に円満離婚であれば、少し前まで性的なつながりがある事は多いハズです。しかし、不倫をしている場合には、配偶者と体のつながりが遠ざかっていきます。

そのため、瀬古凛々子は突拍子もない話をいきなりぶち込んでしまったのでしょう。

ドラマ『ゴシップ 第1〜2話』を見られる動画配信

動画配信『FODプレミアム』に入会したら、ドラマ『ゴシップ#彼女が知りたい本当の〇〇 第1〜2話』を見られます。

月額料金は税込976円ですが、初入会の方であれば2週間は無料で見られます。
ただし、本ページの情報は2022年1月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

ドラマ『ゴシップ 第2話』のまとめ

第2話では、前橋恵一(武田航平)がとんでもない質問をぶつけられてしまって『よく、そんな質問をぶつけるよなぁ』とひいてしまいました。

実際に、日本のマスコミは深く傷ついた芸能人相手に、信じられない質問をぶつけてしまいます。

以前までは、芸能人が我慢するばかりでしたが、最近ではネット民が『あの記者はふざけている』と批判の声を投稿するようになったので、これからはマスコミの暴走の抑止につかながるかもしれませんね。