マルセル役の瀬戸康史が江口洋介の顔を滅茶苦茶にする!映画『コンフィデンスマンJP -英雄編-』

映画『コンフィデンスマンJP -英雄編-』では、マルセル役の瀬戸康史江口洋介の顔を滅茶苦茶にしてしまうので詳しく紹介しましょう。

映画『コンフィデンスマンJP -英雄編-』のキャスト

日本のコメディ映画『コンフィデンスマンJP -英雄編-』は、2022年1月14日に公開されました。

監督&脚本

登場人物&俳優

  • ダー子(演:長澤まさみ)仲間たちに勝負を提案する女詐欺師
  • ボクちゃん(演:東出昌大)ダー子に足を洗わせようとする仲間
  • リチャード(演:小日向文世)ボクちゃんの誘いを断る男性
  • 五十嵐(演:小手伸也)多くの詐欺師と手を結ぶ人物
  • 赤星栄介(演:江口洋介)ダー子たちを狙うマフィアのボス
  • コックリ(演:関水渚)海外で富豪になった女性
  • モナコ(演:織田梨沙)ダー子をサポートする愛弟子
  • 波子(演:広末涼子)リチャードと手を組む女性
  • 丹波(演:松重豊ツチノコを狙う日本の刑事
  • 三代目ツチノコ(演:角野卓造)多くの犯罪者から崇められる義賊
  • 城ヶ崎善三(演:石黒賢)宝石や遺産を鑑定する人物
  • マルセル真梨邑(演:瀬戸康史)多くの難事件を解決したと言われる人物
  • ジェラール・ゴンザレス(演:城田優)踊るビーナスを持つ資産家
  • 畠山麗奈(演:生田絵梨花)ゴンザレスの内縁の妻
  • ちょび髭(演:赤ペン瀧川)ダー子の仲間
  • 政府官僚(演:髙嶋政宏)ダー子たちを護送する官僚
  • 謎の女(演:真木よう子)謎の多い美女
  • 海上自衛官(演:徳永えり)日本からマルタへやってきた海上自衛官
  • バトラー(演:Michael Keida)ダー子たちに仕える執事

主題歌

映画『コンフィデンスマンJP -英雄編-』の主題歌は、髭男dismの『Anarchy』です。少しエキゾチックな感じがする曲調ですが、コンフィデンスマンのストーリーと同調するかのように、何が起きるか分からない事を歌う曲になっています。

映画『コンフィデンスマンJP -英雄編-』のストーリー

ボクちゃんは「捜査の包囲網が狭まっていて、ジェシーやスタアたちが日本で詐欺をできなくなった。僕たちはもう詐欺から足を洗うべきだ」と訴えます。

しかし、ダー子は全く足を洗うつもりはなく、逆に「それじゃ、私たち3人で戦ってみる?誰が一番騙し取る事ができるのか?負けた者は勝った者の言う事は何でも聞く事!」と提案してしまうのです。

ボクちゃんや、リチャードはその話の乗って、3人はマルタ共和国で7日の間に誰が一番稼げるのか勝負する事となりました。

ダー子は「ザ・ラストコンゲーム グランドフィナーレバトルロワイヤル、スタート!」と名付けますが、ボクちゃんから「長い!」と突っ込まれてしまうのです。

期間はわずか7日間だったので、ダー子は富豪のジェラールから『踊るビーナス』という像を盗み出そうと動き出します。しかし、ボクちゃんも同じように潜りこんで、どちらが先に盗み出すのか競い合う事となりました。

ところが、インターポールのマルセル真梨邑が警備についてしまって、簡単には踊るビーナスを盗み出せない状況だったのです。そんな状況で、なぜかボクちゃんとマルセル真梨邑の妻 畠山麗奈が何者かに拉致されてしまいます。

犯人の望みは、踊るビーナスだったのですが、何と犯人はリチャードでした。勝負に勝つためには手段を選ばないやり方でしたが、心臓が弱かったマルセル真梨邑が重症に陥ってしまうのです。

はたして、ダー子たちはリチャードに負けてしまうのでしょうか?

『マルセル役の瀬戸康史江口洋介の顔を滅茶苦茶にする』

インターポール(国際警察機構)のマルセル(演:瀬戸康史)は、日本のマフィアのボスである赤星栄介(演:江口洋介)から、ダー子たちの情報を聞き出そうとします。

しかし、なかなか教えようとしないので、何と赤星栄介の髪をつかんで、テーブルに叩きつけてしまうのです。

それでも、喋ろうともしないので、ついに食材が置いてあるメニューにも赤星栄介の顔を押し付けてしまって、江口洋介さんの顔には食材についていたケチャップらしきものがべったりとついてしまったのです。

演技とはいえ、あの江口洋介さんの顔がメチャクチャになってしまうとは、驚かされるシーンでした。

映画『コンフィデンスマンJP』シリーズ

映画『コンフィデンスマンJP』シリーズでは、今作に登場しなかったジェシー(演:三浦春馬)やスタア(演:竹内結子)が登場するので、ファンにとってはかけがえのないシリーズ作品となっています。

さらに、コックリやモナコたちが、いかにしてダー子の仲間になっていったのか分かる内容になっているので、コンフィデンスマンJPをよく知りたい方は見ておいて損はしないでしょう。

www.akira-movies-drama.com

ドラマ『コンフィデンスマンJP』シリーズ

www.akira-movies-drama.comコンフィデンスマンJPは、もともとはドラマから映画化されたものなので、ドラマを見ておかなければ、その半分の魅力も分からないと言っても過言ではありません。

まだ、ドラマを見ていなくて、よく分からないという方は、よければ上の内部リンクをクリックしたら、ドラマ『コンフィデンスマンJP』シリーズの全話のストーリーが分かります。

映画『コンフィデンスマンJP -英雄編-』の感想

コンフィデンスマンJP -英雄編-を見た感想について、詳しく解説します。

映画『コンフィデンスマンJP -英雄編-』のオススメ層

詐欺師たちが活躍していき『これは、もうダメだろう』と思う展開になっても、毎回恒例のどんでん返しが待っているので、ミステリー好きの方にはたまらないストーリーになっています。

今回は、美しいマルタの景色が見られるので、地中海に旅行してみたい方にも、オススメの映画ですね。

  • 旅行好きの方:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • ミステリー好きの方:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • キッズ:⭐️⭐️⭐️
  • 若年層:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 中年層:⭐️⭐️⭐️
  • シニア層:⭐️⭐️⭐️

映画『コンフィデンスマンJP -英雄編-』の残念な所

終盤で思わぬ逆転劇が待っていますが、今までも同じような展開だったので、驚きは少なかったというのが本音です。

笑いどころがラストシーンで、一気にドーンと連発するので面白かったのですが、途中まではシリアスな展開ばかりだったので、前半から中盤も笑いどころを増やして欲しい感じがしましたね。

映画『コンフィデンスマンJP -英雄編-』の見所

多くのコンフィデンスマンJPファンが気になっている所だとは思いますが、竹内結子さんや三浦春馬さんが亡くなっても、しっかりとジェシーやスタアの名前が出てきました。

そこはスタッフの方もしっかりと配慮しくれたので、大きな見所の一つになっています。

今回は、いつもと違うリチャードだったので、なかなか迫力がありましたね。やはり小日向文世さんはベテラン俳優だけあって、演技力の桁が違いました。