巻町操や四乃森蒼紫がミスキャストな理由! 映画『るろうに剣心 京都大火編』

映画『るろうに剣心 京都大火編』では、巻町操や四乃森蒼紫がミスキャストな感じがするので、その理由について紹介します。

映画『るろうに剣心 京都大火編』のキャスト

日本のアクション映画『るろうに剣心 京都大火編』は、2014年8月1日に上映されました。

監督&脚本

  • 監督:大友啓史
  • 脚本:藤井清美&大友啓史

登場人物&俳優

京都で激しい戦いを繰り広げる映画『るろうに剣心 京都大火編』に出演するキャストを紹介します。

緋村剣心(演:佐藤健

剣心は、自分の後継者である志々雄真実を討つべきか悩んでいましたが、ある事件をきっかけに志々雄真実を討つ事を決断します。

神谷薫(演:武井咲

京都へ旅立った剣心を追いかけて行こうとしなかった薫ですが、遂に一大決心をして剣心を追いかける事にしました。

明神弥彦(演:田中偉登)

子供ながら、少しませた所がある弥彦ですが、薫と共に京都で活躍していく事になります。

高荷恵(演:蒼井優

恵は医者の立場から、剣心の身を案じて、剣心を追いかけようとしない薫を説得しようとします。

相楽左之助(演:青木崇高

相楽左之助は剣心に置いていかれた事に腹を立てて、剣心の力になるために京都へ旅立とうとします。

斎藤一(演:江口洋介

斎藤は、大きな野心を抱いている志々雄真実の暴挙を止めるために、京都で激しい戦いを繰り広げていきます。

巻町操(演:土屋太鳳)

旅先で、偶然にも剣心は操という少女に出会います。この操は旧幕府の隠密御庭番の者で、密かに剣心を探していたのです。

四乃森蒼紫(演出:伊勢谷友介

伊勢谷友介さんは、四乃森蒼紫というよりは、どちらかと言えば斎藤一のほうに似ている顔立ちかなという感じがしました。

そして、この四乃森蒼紫は幕府が早々と降伏したので剣心と戦う事ができなくなりましたが、未だに剣心と戦う事を諦めていませんでした。

志々雄真実(演:藤原竜也

志々雄真実は新政府に裏切られて火を付けられて、全身火傷を負います。そのため全身を白い包帯に巻かれている状態で映画に登場しますが、その姿は原作通りの格好良さを感じるものです。

瀬田宗次郎(演:神木隆之介

原作では女性っぽい顔立ちをした美青年である宗次郎ですが、神木隆之介さんは少し男っぽい顔立ちをしています。ただし大久保利通を倒そうとするシーンは、なかなか見応えのあるものでした。

映画『るろうに剣心 京都大火編』のストーリー

平和を楽しんでいた剣心たちでしたが、そこへ内務卿の大久保利通の使いがやってきます。剣心たちは大久保利通の所へ出向いたら、大久保利道から志々雄真実が京都で暗躍している事を伝えられます。

実は、志々雄真実は剣心の後継者でしたが、あまりにも危険人物だったので同じ仲間である新政府の人間によって始末されていたのです。

しかし志々雄真実は不意打ちを食らった上に火を付けられましたが、それでも奇跡的に生き延びていたのです。志々雄真実は一大兵力を作り上げて、維新政府を転覆しようとしていました。

そこで大久保利通は剣心に協力を求めますが、しばらく考える時間を与える事にしたのです。所が志々雄真実の手下である宗次郎は、密かに大久保利通を襲撃して、新政府は最高指導者を失ってしまいます。

そこで、剣心はたった一人で、京都まで行き志々雄真実の暴挙を止めようと動き出します。旅先で、逆刃刀を盗もうとした操を捕まえようとしますが、そこへ志々雄真実によって犠牲になった者の弟が助けを求めてきたのです。

志々雄真実はいくつかの村を不法に占拠して、多くの者たちが虐げられていました。

その頃、斎藤一は志々雄真実が京都大火を狙っていた事を突き止めたので、剣心たちは志々雄真実の手勢を迎え撃ちます。しかし、志々雄真実の本当の狙いは京都ではなく江戸にありました。

それに気づく剣心でしたが、志々雄真実によって薫が連れ去れてしまったので、剣心は必死に追いかけようとします。果たして剣心は、薫を助ける事ができるのでしょうか?

『巻町操や四乃森蒼紫がミスキャストな理由』

土屋太鳳さんや伊勢谷友介さんたちは、素晴らしい俳優さんだとは思いますが、巻町操にしては顔が少しぽっちゃりしている感じがしますし、四乃森蒼紫にしては顔が細過ぎます。

こればかりは、漫画を実写化したら起こりやすい事なので、仕方がないかもしれませんが、他にも適役となる方はいたはずです。

剣心や神谷薫が、適役だっただけに、この辺りは残念な所でしたね。

土屋太鳳さんや伊勢谷友介さんたちは、顔だけは似ていなかったのですが、キャラクターの性格やしゃべり方はしっかりと的を得ていたので、そこはさすがベテラン俳優だなとは思いました。

映画『るろうに剣心 京都大火編』の前作

るろうに剣心 京都大火編』の前作では、武田観柳(演:香川照之)が大暴れして、幕末で活躍した志士たちが苦戦してしまいます。

香川照之のキレっぷりの演技や、江口洋介さんが牙突を構える所などが見られるので、見所の多い作品になっています。

そのため、るろうに剣心ファンであれば、是非とも前作も見ておく事をオススメします。

 

映画『るろうに剣心 京都大火編』の見所

るろうに剣心 京都大火編を見た感想について、詳しく解説しています。

映画『るろうに剣心 京都大火編』のオススメ層

前作同様に、今作も幕末を描いたストーリーになっているので、歴史好きの方にはオススメの映画です。

さらに、志々雄真実役として、藤原竜也さんが忠実に包帯を巻いているので、コスプレ好きの方も見ておいて、損はしないでしょう。

  • 歴史好きの方:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • コスプレ好きの方:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • キッズ:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 若年層:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 中年層:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • シニア層:⭐️⭐️

映画『るろうに剣心 京都大火編』の残念な所

適役となっている俳優さんがいる一方で、ミスキャストという感じの方もいるので、そこは原作ファンとして残念な所です。

演技をする上では何の問題もなかったのですが、やはり顔が似ていないのは、原作が好きな人にとっては気になってしまう所でしょう。

瀬田宗次郎(演:神木隆之介)が、身軽にトントーンと軽くジャンプする所がありますが、映画では原作ほど忠実ではなかったので、この辺りはやはり実写化するのが難しかったのかなと思う所でしたね。

映画『るろうに剣心 京都大火編』の見所

京都大火編では、何と言っても全身が包帯で巻かれていて火傷姿になっている志々雄真実の迫力が凄かったですね。藤原竜也さんが演じてきた役をいくつか見た事がありますが、その中で最もカッコいい役のように見えました。

そして、この京都大火編でも迫力ある戦闘シーンは健在で、そのスピード感のある迫力あるシーンは大きな見所の一つです。原作と少し顔が似ていない俳優や女優さんは何名かいますが、その迫力ある戦闘シーンは見応えが十分にありました。