犬堂愛珠(白石麻衣)を殺害した犯人はあのイケメン?ドラマ『ミステリと言う勿れ 第2話』

ドラマ『ミステリと言う勿れ 第2話』では、犬堂愛珠(白石麻衣)が殺害されてしまったので、その犯人を考察してみたので参考にしてみて下さい。

ドラマ『ミステリと言う勿れ 第2話』のキャスト

ミステリと言う勿れは、フジテレビで2022年1月10日から放送開始されました。

脚本&演出&原作

登場人物&俳優

  • 久能 整(演:菅田将暉)バスジャックに巻き込まれる大学生
  • 風呂光聖子(演:伊藤沙莉)バスが気になる女刑事
  • 池本優人(演:尾上松也)少しお調子者の刑事で性格は明るい
  • 青砥成昭(演:筒井道隆)冤罪を作った過去がある刑事
  • 熊田翔(演:永山瑛太)久能 整を助ける乗客
  • 犬堂愛珠(演:白石麻衣)事件に巻き込まれてしまった美女
  • 露木リラ(演:ヒコロヒー)連続事件を疑うジャーナリスト
  • 犬堂オトヤ(演:阿部亮平)バスジャックを起こす犯人
  • 坂本正雄(演:久保田悠来)犬堂オトヤの弟
  • 柏めぐみ(演:佐津川愛美)バスの乗客

ドラマ『ミステリと言う勿れ 第2話』のストーリー

久能 整は、美術館へ行くために、バスに乗り込んだら、犬堂オトヤがナイフをちらつかせて「大人しくしてろ!」と叫びバスジャックをしてしまいます。

風呂光聖子は、久能 整が美術館のチケットを忘れていた事に気づいて、すぐにバスをおいかけていきますが、バスはすでに走り去った後でした。ところが、その後にすぐ次のバスがきたので『どうして?』と少し気になってしまいます。

その頃、バスの車内では露木リラがスマホで、警察にバスジャックされている事を素早くメール送信していました。

犬堂オトヤは「なんで、人を殺しちゃいけねぇんだぁ?」といきりたちますが、久能 整から「別に悪くはないんです、罰則はありますけど」と挑発的な事を言われてしまい、イラついてしまって「うぉぉー!」とナイフで殺害しようとしたのです!

同じ乗客だった坂本正雄が、オトヤをぶっ飛ばして「あれだけ切れるなって言ったろ」と吐き捨ててしまいます。乗客たちは『グルがいたのか』と絶望しますが、二人に脅されるまま、犬堂家の屋敷に連れていかれます。

そこで、坂本正雄が「俺の妹 犬堂愛珠は、お前たちと同じバスに乗った後に殺害された。この中に犯人がいる。その犯人を特定するまで帰す訳にはいかない』。

みんなが驚く中で、風呂光聖子は不審なバスが気になり、捜査を始めていて『もしかして、バスジャックに巻き込まれたのではないか』と心配していました。はたして、久能 整たちは助かる事ができるのでしょうか?

『犬堂愛珠(白石麻衣)を殺害した犯人はあのイケメン』

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 白石麻衣 (@m.shiraishi.official)

www.instagram.com犬堂愛珠(白石麻衣)は美しい女性でしたが、バスに乗った後に殺害されて生き埋めにあいました。しかも、連続殺人事件が起きていて、若い女性だけではなく、中年も被害にあっていて、一貫性がありません。

そうなってくると、犯人はだいぶ限られていて、いじめられていたと告白した乗客は犯人とは考えづらいです。若い女性だけが被害者というのであれば、やるかもしれませんが、おどおどしている青年が中年の人にまで危害を加えるのは考えづらいですね。

犯人が誰かと色々と考えてみたら、久能 整に利き腕をごまかした熊田翔が怪しい感じがしますね。

『こいつは、するどい奴だから、感づかれるのは困るから、利き腕はごまかしておいたほうが良いかもしれない』と思った可能性があります。しかも、俊敏性や体力もあったので、何体もの人間を生き埋めにする事も十分に可能でしょう。

それなら、なぜ人を助けたのかと言えば、サイコパスな性格で、自分が人を殺害したいと思って、他の人間が先に、他人を殺害するのはプライドが許さないと思った可能性があります。

予告では少し探偵のような事を言っていたので、もしかしたら警察関係者か探偵で、犯人ではない可能性もありますが、色々な意味で考えると少し怪しい感じしますね。

ドラマ『ミステリと言う勿れ』を見られる動画配信

動画配信『FOD PREMIUM』に入会したら、ドラマ『ミステリと言う勿れ 第1話』をミアレます。

月額料金は税込976円ですが、初入会の方であれば2週間は無料で見られます。
ただし、本ページの情報は2022年1月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

ドラマ『ミステリと言う勿れ 第2話』の見所とまとめ

f:id:akira2013web:20220120024437p:plain

引用:https://www.fujitv.co.jp/mystery/

第2話では、犯人が誰か特定されないまま終わりましたが、やっぱり、あのイケメンが犯人かなぁと思ってしまいますね。

いじめられていた男も少し怪し感じはしますが、誰が犯人なのか気になる感じで終わってしまいました。

それにしても、ラストシーンで青砥成昭刑事が、久能 整について「こいつが、ふてぶてしいのは生まれつきだ、断じて警察関係者ではない」と言い切ってしまうのは、なかなか面白くて良かったですね(苦笑)。

個人的には、風呂光聖子が刑事として、少しずつ成長していっているので、嬉しくなる内容でした。なんか応援したくなるキャラクターなので、今後も刑事として活躍して欲しいです。