青野郁(演:上國料萌衣)の歌声に騙されて救われた理由!ドラマ『ゴシップ#彼女が知りたい本当の〇〇 第3話』

ドラマ『ゴシップ#彼女が知りたい本当の〇〇 第3話』では、男子高生がJKシンガーの青野郁(演:上國料萌衣)に騙されたのに、なぜか救われるので、その理由について紹介しましょう。

ドラマ『ゴシップ 第3話』のキャスト

f:id:akira2013web:20220113221518p:plain

引用:https://www.fujitv.co.jp/gossip/index.html

ゴシップ#彼女が知りたい本当の〇〇は、2022年1日6日から、フジテレビで放送開始されました。

企画&脚本

登場人物&俳優

  • 瀬古凛々子(演:黒木華)元経理部の女性社員で、氷のように冷めた性格
  • 根津道春(演:溝端淳平)瀬古凛々子と仲が悪い同期の男性社員
  • 下馬蹴人(演:野村周平)自社を卑下する人物
  • 椛谷静司(演:野間口徹)体力を使う仕事を嫌う男性社員
  • 一本真琴(演:石井杏奈)勝ち組になれず嘆く
  • 山田礼二(演:生瀬勝久)穏やかな性格をした編集長
  • 矢部涼介(演:一ノ瀬颯)一本真琴の同期
  • 仁和正樹(演:安藤政信)瀬古凛々子を利用して同期を蹴落とす
  • 竹富喜一郎(演:大鶴義丹)カンフルNEWSを批判する司会者
  • 女性アナウンサー(演:宇垣美里)竹富喜一郎をサポートする女子アナ
  • 椛谷涼太(演:大西利空)椛谷静司の息子で、現役JKの大ファン
  • 青野郁(演:上國料萌衣)謎の多いJKシンガー
  • MIZAC(演:濱津隆之)20年前に大ヒットさせたシンガー
  • 井出(演:金剛地武志)EDEN RECORDのプロデューサー
  • 黄実子(演:りょう)薬膳カフェの店長

ドラマ『ゴシップ 第3話』のストーリー

椛谷静司は、自宅で息子の涼太と話をしようとしても、覆面のJKシンガーの歌ばかり聞いて、ロクに話をしてくれない毎日が過ぎていました。

そんな時に、瀬古凛々子はPVを稼ぐために「覆面のJKシンガーの素顔を暴く」と言い出して『自分はどうするべきか』と自問自答するようになります。

さらに、息子が父親を『マスゴミ、うざい』という書き込みをしていたアカウントを目撃してしまって、ますます頭を悩ませてしまうのです。

調査を続けていく中で、覆面のJKシンガーは『青野郁』という名前である事が判明します。ライブを見た客は『あまり印象に残らない歌だったなぁ』と言うのに、音楽関係者たちは『凄い才能を感じましたね』と賛否両論に分かれていました。

瀬古凛々子は『なぜ、同じ人物を評価する声が、こうも違うのか?』と、ますます気になってしまいます。

夜遅くまで、調べようとしていたら、根津道春も一緒に遅くまで働いていたのに、一緒に食事をする事になりました。

瀬古凛々子は『椛谷静司さんから、仕事のやる気が感じられない』と悩みますが「まぁ、こんな所へ飛ばされたんだから、俺には椛谷さんの気持ちが分かるなぁ」。

はたして、椛谷静司は息子が大ファンなのに、覆面のJKシンガーの素顔を暴くのでしょうか?

『青野郁(演:上國料萌衣)に騙された男子高生が救われた理由』

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 上國料萌衣 (@moe_kamikokuryo.official)

www.instagram.com椛谷涼太は、父親の事をマスゴミと批判して、架空のJKシンガー青野郁(演:上國料萌衣)に夢中になっていました。

しかし、それは大きな嘘に騙されていて、美しい歌声はJKシンガーのものではなかったのです。

それでも、男子高生の椛谷涼太が『ふっ』と笑って、救われたのは、父親の記事にある『いいものは良い』という文言でしょう。

確かに、騙されていたかもしれませんが、その歌は間違いなく良いものであり、それに気づいた事の安心感と、あの父親から気付かせてくれた事の感謝が合わさって、騙されていたのに男子高生は救われたはずです。

ドラマ『ゴシップ 第3話』を見られる動画配信

動画配信『FOD PREMIUM』に入会したら、ドラマ『ゴシップ#彼女が知りたい本当の〇〇 第1話』を見られます。

月額料金は税込976円ですが、初入会の方であれば2週間は無料で見られます。
ただし、本ページの情報は2022年1月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

ドラマ『ゴシップ 第3話』のまとめ

第3話では、瀬古凛々子が「事実をどう伝えるかは、私たち次第です」という言葉は心に響きましたね。これは編集者だけではなく、多くの方たちがブログまたはYouTubeで情報を発信しているので、今は総発信時代になっていると言えます。

そのような事を考えれば、自分たちがどのように情報を発信していくのか、よくよく考えて投稿していきたいものです。

椛谷静司が仕事のやる気を出したので、恐らく他の社員たちも少しずつ仕事のやる気を出していくのでしょう。