カルデラ噴火は日本人を絶滅させるほどの破壊力!映画『2020』

砂漠のある風景

映画『2020』では、カルデラが噴火しそうになりますが、実はカルデラ噴火は日本人が絶滅寸前にま追い込まれるほどのエネルギーがあるので詳しく紹介しましょう。

映画『2020』のキャスト

f:id:akira2013web:20220123083534p:plain

引用:https://www.amazon.co.jp

2017年に制作されたアメリカ映画『2020』は、家族愛を取り上げながら、地球の危機を救うアクション映画です(DVDの収録時間は88分)。

監督&制作

  • 監督:ニック・ライオン
  • 制作:ニール・エルマン

登場人物

  • リブ・ヒリス
  • ステイシー・オリスターノ
  • ブルース・トーマス
  • クリス・アッシュワース

映画『2020』のストーリー

イエメンで、ある武装グループが、地球を破壊させるほどの危険性がある『ヘルストーム』を起動させるために、ケイトという女性を人質にします。この女性が人質にされたのは、ヘルストームを起動させる事ができるからです。

ケイトは拒絶しますが、一緒に人質にされていた男性は怖くなってしまい、見よう見まねでヘルストームを起動をしてしまうのです。

その時、ケイトを救出に来た部隊は、起動してしまった兵器を空爆で破壊して、上官には兵器を破壊できた事を報告しますが、ケイトは「いいえ、これは始まりよ」と言います。ケイトには、兵器が破壊できていない事を確信していたのです。

その不安は的中して、次々に大災害が起こり始めて、激しい土煙や竜巻が起こりながら、次々に噴火が起きていったのです。

そのような状況に、ロブはどうなっているんだと困惑します。そこへケイトが駆け込んできて、自分の妻が世界を救うためにイエメンで拘束された事を知って呆れ果ててしまいます。

その間にもヘルストームは地殻を掘り進んでいき、フランスや中国の大都市が未曾有の大災害に襲われてしまいます。しかし家族を優先しようとするロブと、世界の安全を優先しようとするケイトの間の溝は深くて、激しく口論します。

娘のジェシーは、そんな両親にうんざりしますが、何とかヘルストームを止めるために兵器のデータを収集しようとします。所が、その時にドリューはピアーズという上司に捕まってしまって、力づくで何をしていたか尋問されてしまうのです。

ケイトたちはヘルストームが、イエローストーンカルデラに直撃する事が分かったので、阻止しようと動き出しますが、どうなってしまうのでしょうか?

カルデラ噴火で日本人は絶滅寸前?』

噴火と言えば、山頂か山頂付近から火を噴くイメージを持っている方は多いでしょう。

実際に、通常の火山は火口がわずかな大きさなのに、人類に甚大な被害を与えてしまいます。

それに比べて、カルデラ噴火というのは、何回も噴火をする事により、隙間ができてしまって、山が重さに耐えきれず崩落してしまうのです。

そうなってしまうと、数百キロもの火口が突如、出現してしまい、日本人は絶滅寸前に陥る可能性があるのです。

九州にはカルデラ噴火が起きる箇所がいくつもあり、それが噴火してしまえば、700万人が一瞬のうちに命を落とすと言われています。

今は、富士山の噴火で騒がれていますが、カルデラ噴火は、富士山の噴火の300倍もの威力があるので、気をつけたい所です。

『2020』を見られる動画配信

動画配信『U-NEXT』に入会したら、映画『2020』を見られます。月額料金は税別1,990円ですが、初入会の方であれば31日間は無料で見られます。
ただし、本ページの情報は2022年1月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

『2020』と他の映画を比較

映画『エンド・オブ・カリフォルニア』では、アメリカ合衆国の西海岸で超巨大地震が起きてしまって、壊滅的な打撃を受けてしまいます。

そこで、地震砲を使って、地震のエネルギーを中和させようとします。今作ではテロリストたちが禁断の兵器を使って巨大な災害を起こそうとするので、内容自体はよく似ています。

しかし、映画のスケールの大きさは『エンド・オブ・カリフォルニア』のほうが遥かに上なので、今作では物足りないと思った方は、『エンド・オブ・カリフォルニア』のほうが、オススメですね。

映画『2020』の感想

家族愛を強調しながら、地球の危機を救うというストーリーは定番と言えば、定番です。そこで、その王道を行こうとする『2020』は、どのような映画だったのか?残念な所や、見所などを紹介するので、参考にしてみて下さい。

2020のオススメ層

カルデラや人工兵器などが登場するので、どちらかと言えば、お子様向けの映画というよりは大人向けの映画と言えますね。

カルデラ噴火は、日本人にとっても他人事ではないので、環境や災害に注意したいと思っている方は、見ておくのも悪くはないでしょう。

  • 環境に興味がある方:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 自然災害に注意したい方:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • キッズ:⭐️
  • 若年層:⭐️⭐️⭐️
  • 中年層:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • シニア層:⭐️⭐️⭐️⭐️

2020の残念な所

地球が破壊されていくシーンが出現しますが、CGに頼りすぎていて、もう少し迫力のあるシーンが欲しかったというのが本音でした。実際に岩が剥がれて飛んでくるシーンは、いかにもCGという感じがしました。

さらに、地球の危機ばかりを考えるケイトの困った性格を全面に出すという映画で、見ていたら気持ちが萎えるなぁと思ってしまいましたね。

そのため、数多くのアクション映画を見た事がある方が、2020を見て満足できるのか?……と言われたら、それは難しいのではないかという所でしょう。

2020の見所

映画『2020』の見所は、ヘルストームが地殻を掘り進められるシーンと、ヘルストームを何とか止めなければいけないという人たちのシーンが交互に出されるので、地球の危機が迫っているのが、よく伝わってくる所でした。

実際に地球に危機をもたらすアクション映画はいくつか見てきましたが、地殻を掘りすすめる兵器によって、地球に危機がもたらされるという発想はあまり見た事がなかったので、オリジナリティーの高いストーリー設定になっている映画と言えます。