アンジェリカが駆け引きの道具に利用したモノ!映画『パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉』

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉』では、アンジェリカが駆け引きの道具に、あるモノを利用しようとするので詳しく紹介しましょう。

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉』のキャスト

アメリカ合衆国のアクション映画『パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉』は、2011年5月20日に上映されました。

監督&脚本

登場人物&俳優

生命の泉を巡って、イギリス・スペインなどが入り乱れる争奪戦を熱演したキャストを紹介します。

ジャック・スパロウ(演:ジョニー・デップ

ジャックが、かつて愛した女性『アンジェリカ』と再会する事によって、黒ヒゲの元で、生命の泉まで道案内をさせられます。

アンジェリカ(演:ペネロペ・クルス

世界で一人しかいない父親『黒ヒゲ』の寿命がわずかという事を知って、何とか生命の泉を見つけようとします。

ジョシャミー・ギブス(演:ケヴィン・マクナリー)

バルボッサの元で、生命の泉まで道案内しようとしますが、それまでに数多くの修羅場が待ち構えていました。

ヘクター・バルボッサ(演:ジェフリー・ラッシュ

イギリスの軍人としてジョージ2世に仕える事になって、ジャックに見損なわれてしまいす。

黒ヒゲ(演:イアン・マクシェーン

アンジェリカの父親である黒ヒゲは、残虐な海賊として、数多くの悪事を重ねてきた人物です。

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉』のストーリー

バルボッサはジョージ2世に仕えて、生命の泉まで道案内します。しかし、バルボッサはブラック・パール号を失った事を言って、自分の船だったブラック・パール号が無くなった事に激怒するジャック。

ジャックはその後に、かつて愛した女性『アンジェリカ』と再会して、生命の泉の儀式について聞き出します。アンジェリカは「人魚よジャック」と言った所で不意打ちをくらわされて、ジャックは気絶します。

その頃ギプスはバルボッサに捕まってしまって、極刑にされる所を生命の泉まで道案内させる事で刑を中断させます。

ジャックが気づいた頃には、黒ヒゲという恐ろしい海賊の船に乗っていました。ここにはアンジェリカもいて、神のお告げによれば父親黒ヒゲが、義足の男によって2週間後に亡くなってしまう事を知らされます。

アンジェリカはたった一人の父親のために生命の泉まで行こうとしていたのです。そしてアンジェリカから「生命の泉を聖杯2つに汲んで、人魚の涙を加えたら、他人の寿命を吸い取る事ができる」と言います。

アンジェリカは道案内をしてもらうために、瓶の中に入れていたブラック・パール号をあげる事を約束します。

そして黒ヒゲ達は恐ろしい噂がある『ホワイトキャップ湾』に到着して、多大な犠牲を払って、美しい姿をしていながら恐ろしい人魚を捕まえる事に成功しますが、はたして人魚の涙まで手に入れる事ができるのでしょうか?

『アンジェリカが駆け引きの道具に利用したモノ』

アンジェリカにとって、父親の黒ひげはかけがえのない存在だったので、少しでも長生きして欲しいと考え、生命の泉まで行く必要がありました。

しかし、そのためにはジャックたちの協力が必要になったので『ブラックパール号をあげる代わりに協力』を求めたのです。

ジャックたちにとっては、ブラック・パールはかけがえのにあ船だったので、生命の泉を案内する事になった訳ですね。

パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉』と他の映画を比較

今作では海賊だけではなく、多くの人魚も登場して、ファンタジー色の強いアクション映画になっていました。

映画『ドラゴン・ウォーズ』も人魚が登場して、架空の生物が多く活躍するので、ファンタジー映画が好きな方であれば、どちらともオススメしたい作品です。

ただし、人魚に焦点を当てているのは、どちらかと言えば『パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉』のほうが強まっているので、人魚に強いこだわりを持っている方であれば『パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉』のほうがオススメですね。

www.akira-movies-drama.com

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉』の感想

パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉』を見た感想について、詳しく解説しています。

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉』のオススメ層

今まで、海賊ばかりが目立つ映画でしたが、今回は美しい人魚から、恐ろしい人魚まで登場して、ファンタジー色の強い内容でした。

そのため、ファンタジー映画が好きな方や、おとぎ話が好きな方でも満足しやすい内容になっているので、家族で一緒に見てみるのも悪くはないでしょう。

  • ファミリー層:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • キッズ:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 若年層:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 中年層:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • シニア層:⭐️⭐️⭐️

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉』の残念な所

人魚の涙を巡って、激しい戦いが行われるので、少し人魚が可哀想に見えてしまう映画でしたね。

まぁ、人魚が登場する映画ではありがちなので、仕方のない所かもしれません。それにしても、人魚は多くの国々の伝承で登場するので、もしかしたら本当に人魚っているのかなぁと思ってしまいますね。

もし、本当に美しい人魚がいるのであれば、一度は見てみたい気がします。

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉』の見所

パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉」の見所は、美しくも恐ろしい人魚の登場でした。

人魚は上半身は美しい人間の姿をしていますが、人間に襲いかかる時は激しく牙をむき出しにして、まるで人間の腕のようなものを何メートルも伸ばしていき人間達を海の中へ引きずり込んでいくのです。

あの美しさと恐ろしさは、男性が女性にイメージするものと少し似ているかもしれません。そして生命の泉では、ジャックが最後に巧妙なトラップをアンジェリカと黒ヒゲに仕掛けるのも面白かったですね。