三原結月(横溝菜帆)が未成年なのに犯罪者になった理由!ドラマ『君と世界が終わる日に 第5話』

ドラマ『君と世界が終わる日に 第5話』では、三原結月(演:横溝菜帆)が、病弱な未成年なのに、なぜか犯罪者になってしまうので、その理由について紹介しましょう。

ドラマ『君と世界が終わる日に 第5話』のキャスト

『君と世界が終わる日に』は、日本テレビ系列で、2021年1月17日〜3月21日の間に放送されていました。

脚本&演出

  • 脚本:池田奈津子
  • 演出:菅原伸太郎&中茎強&久保田充

登場人物&俳優

  • 間宮響(演:竹内涼真自動車整備士で、恋人と大事な約束をする青年
  • 小笠原来美(演:中条あやみ)間宮響の恋人
  • 間宮拓郎(演:小市慢太郎)間宮響の父親
  • 間宮琴子(演:臼田あさ美)間宮響の母親
  • 等々力比呂(演:笠松将)間宮響の同級生で、本郷大樹の部下
  • 柊木佳奈恵(演:飯豊まりえ)人にあまり心のうちを明かさない女性
  • 甲本洋平(演:マキタスポーツ)引越し業者の男性
  • ユン・ミンジュン(演:キム・ジェヒョン)甲本洋平の部下
  • 三原紹子(演:安藤玉恵介護士
  • 三原結月(演:横溝菜帆)三原紹子の娘で、父親を破滅させる少女
  • 狛江聡(演:長谷川朝晴)三原紹子の元夫
  • 小池(演:井上依吏子)ゴーレムを調べようとする記者
  • 首藤公貴(演:滝藤賢一)ゴレームウイルスの研究者
  • 牛込浩二郎(演:神保悟志)首藤公貴を疎ましく思う自衛官
  • 桑田陸斗(演:浅香航大)間宮響たちに協力する自衛官
  • ユン・ジアン(演:玄理)ユン・ミンジュンの姉
  • 坪井(演:小久保寿人)刀集団のリーダー
  • ハル(演:田中道子)刀集団のメンバー
  • 中越美亜(演:芳根京子)元女優

ドラマ『君と世界が終わる日に 第5話』のストーリー

間宮響たちは、等々力比呂と別れた後に病院へ乗り込みますが、いくら探しても薬を見つけ出す事はできませんでした。このままでは、三原結月の病状が重くなっていく一方で、一刻の猶予もありませんでした。

その頃、自衛隊の駐屯地では、等々力比呂が小笠原来美に会いに行って「間宮響は死んだ」と嘘をついてしまいます。

間宮響はユン・ミンジュンと一緒に、薬を探そうとしていたら、一般人がゴーレムに襲われそうになっていたのです。急いで、一般人を助けたら、偶然にも助けた人物が、三原結月の父親 狛江聡でした。

間宮響たちは、他の病院でようやく薬を手に入れる事ができますが、自衛隊が発砲してきたので、急いで薬を持って仲間たちのもとへ戻っていきます。

ところが、三原紹子に会いに行った夫はDVを振るっていたので、三原結月はゴーレムを利用して父親は噛み付かれてしまい、ゴーレムになろうとしていました。間宮響は仕方なく、三原結月の父親の首をしめて殺害してしまうのです。

間宮響たちは、まだ安全と言われている横浜に向かって歩き続けますが、本当に横浜は安全なのでしょうか?

『三原結月(横溝菜帆)が未成年なのに犯罪者になった理由』

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 横溝菜帆 (@y_naho_te)

www.instagram.com三原結月(横溝菜帆)は、病弱な上に未成年だったので、体力も少なくて、いつ死んでもおかしくない状況でした。

そんな時に、父親が会いに来ますが、この父親はDVを振るう最低な父親だったので、三原結月はゾンビを利用して、父親に噛み付かせるようにけしかけてしまったのです。

このままでは、母親がまた暴力を振るわれると思った訳ですが、これで父親がゴーレム(ゾンビ)に変わろうとしてしまったので、間宮響は仕方なくゴーレムになる前にトドメをさしてしまった訳ですね。

ドラマ『君と世界が終わる日に』を見られる動画配信

動画配信『Hulu』に入会したら、ドラマ『君と世界が終わる シーズン1 第1〜10話』・『君と世界が終わる シーズン2 第1〜6話』を見る事ができます。

月額料金は税込1,026円ですが、初入会の方であれば2週間は無料で見られます。
ただし、本ページの情報は2022年1月時点のものです。最新の配信状況はHuluサイトにてご確認ください。

ドラマ『君と世界が終わる日に 第5話』の見所とまとめ

f:id:akira2013web:20220130183830p:plain

引用:https://www.ntv.co.jp/kimiseka/intro/

第5話では、三原結月(横溝菜帆)が父親をゴーレム(ゾンビ)にしてしまいますが、よく確認も取らずに、家族を再会させたほうも悪いですね(苦笑)。

これはゾンビと関わり合いのない現実世界であっても、家族だからと言って、安心して安易に会わせてみたら、DVを振るっていた家族という事が後に分かって問題になる事があります。

甲本洋平は、正義感ぶった事をいって三原を非難していましたが、安易に確認もせずに会わせたほうも悪いでしょう。