ダイエットの停滞期から抜け出る方法!体重測定の時間が重要

f:id:akira2013web:20220204195452j:plain

ダイエットの停滞期はストレスがたまりやすいので、停滞期から抜け出す方法を紹介します。特に体重測定の時間が重要になるので参考にしてみて下さい。

体重は朝のタイミングで測る事が重要

食事量に気をつけていても、水分を飲んだ量によって、体重は簡単に1kg近く違ってしまうので、気をつけなければいけません。

そこで、オススメなのが朝起きてから、トイレで用をたした後に体重を測る事です。

朝起きてから、トイレで用を足した後であれば、水分量を限りなくリセットした状態に近づけるので、あなたの本来の体重の数値が出やすくなります。そして、体重を計るときは、できれば裸で測って下さい。

それができなければ、いつも同じパジャマで測りましょう。そうしなければ、重さの違う服を着ている状態で測ったら、体重の数値が違ってしまいます。

自分の消費カロリーと摂取カロリーを把握

毎朝体重を計るようになっても、食べ過ぎたら意味がありません。そこで、自分がどのぐらいカロリーを消費しているのか把握した状態で、それよりも少ないカロリーを摂取しておきましょう。

そうしておけば、停滞期がきたとしても、数週間から1ヶ月で体重は減っていくはずです。

まれに2ヶ月間は体重が減らない場合もありますが、少なくとも体重がリバウンドしなければ、それほどショックを受ける事もなく、ダイエットを続けられるハズです。

就寝6時間前までに食事を終わらせる事

ダイエットしていても、食事を済ました後にすぐ寝てしまえば、摂取したカロリーを消費しないで、それが脂肪に蓄えられるので注意しなければいけません。

可能であれば、夕食を済ましてから6時間後ぐらいから寝るようにしましょう。それができなければ、最低でも3時間後ぐらいにしたほうが、ダイエットしやすくなります。

ライザップで停滞期対策を講じるのも有効

自己流で、筋トレや食事制限しても、なかなか停滞期から抜け出せない場合もあります。

これはカロリー計算を失敗していたり、栄養が偏っていたりする場合が該当するので、自分だけでは停滞期から抜け出せない場合は思い切ってライザップを利用するのも有効な方法です。

ライザップは、あまり厳しい食事制限をしなくて、バランスの良い食事やトレーニングを上手くアドバイスしてくれるので、効率よくダイエットしたい方にはオススメです。

ライザップを利用している方たちの中には、わずか2ヶ月で体重を14kg以上も減らした方もいるので、なかなか痩せられない方は検討してみる価値があります。