AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


武田信義(演:八嶋智人)の子孫は極悪非道な大名?大河ドラマ『鎌倉殿の13人 第6話』

f:id:akira2013web:20220115131322p:plain

引用:https://www.amazon.co.jp

大河ドラマ『鎌倉殿の13人 第6話』で、武田信義(演:八嶋智人)が登場しますが、この者の子孫は、極悪非道な戦国大名だったので詳しく紹介しましょう。

大河ドラマ『鎌倉殿の13人 第6話』のキャスト

鎌倉殿の13人の登場人物や俳優さんたちは、以下の通りです。

北条家

源氏

伊東家

三浦家

朝廷

大河ドラマ『鎌倉殿の13人 第6話』のストーリー

源頼朝と北条勢は、石橋山の合戦で大敗をしてしまい、山中に潜んでいましたが、大庭景親の家臣 梶原景時に見つかってしまったのです。しかし、なぜか梶原景時は、源頼朝がいた事を知らせようとしませんでした。

源頼朝は「梶原景時か、よく覚えておく」。その頃、北条義時たちは、甲斐の武田信義に援軍を要請しますが「頼朝は源氏の棟梁を名乗っているようだが、ワシを棟梁と認めるというのであれば、助けてやってもよい」と言われてしまうのです。

『そんな事をすけ殿が認める訳がない』と思い、仕方なく石橋山へ戻っていき、源頼朝と合流して、小舟で安房国へ落ち延びる事ができました。

しかし、北条宗時がいつまで経っても戻ってこれず、北条勢は『もう討ち死にしたのだな』と絶望感が広がってしまいます。

源頼朝は「もう戦はせぬ」と投げやりになってしまいますが、北条義時は「もう、すけ殿の思いを超えて、平家に不満を持つ者たちの思いが塊になっております」と諌められるので、覚悟を決めます。

多くの武士たちの前で、源頼朝は冷静に振る舞い、坂東の豪族を味方につけるように命じていきました。はたして、源頼朝は、平家に逆襲する事ができるのでしょうか?

武田信義(演:八嶋智人)の子孫は極悪非道な大名』

武田信義(演:八嶋智人)の子孫は、あの有名な武田信玄です。

なぜ、武田信玄が極悪非道なのかと納得できない方はいるかと思いますが、武田信玄は敵方の兵士たちの生首をずらりと並べて、城に立てこもった兵たちを激怒させる事がありました。

さらに、敵国の女を人質にして売買してしまい、男には重労働と言える金山の採掘に当たらせてしまいました。しかも、諏訪頼重切腹に追い込んでおきながら、諏訪頼重の娘を側室にするなど、少し常軌を逸した所があります。

信濃(長野県)では、悪行の限りを尽くした所はありますが、甲斐(山梨県)では堤防を作ったり、新産業をおこしたりして、民を豊かにした功績もあります。

英雄は善悪で判断できない所がありますが、武田信玄は、その典型的な例と言えます。

大河ドラマ『鎌倉殿の13人 第6話』の見所とまとめ

源頼朝と対抗した源氏と言えば、木曾義仲が有名ですが、実は武田信義源頼朝と張り合った豪族でした。

しかし、あの源義経源頼朝に従った事から、誰が天下人になるのか?もう決したと言っても良いでしょう。

今後は、源頼朝が、どのようにして豪族たちを味方につけていったのか?その辺りに注目していきたいですね。