お菊(演:佐津川愛美)がリングばりの迫力で成敗?ドラマ『妖怪シェアハウス 第2話』

f:id:akira2013web:20220212211648p:plain

引用:https://www.tv-asahi.co.jp/youkai/

ドラマ『妖怪シェアハウス 第2話』では、お菊(演:佐津川愛美)がリングばりの迫力で成敗しようとするので、詳しく紹介しましょう。

ドラマ『妖怪シェアハウス 第2話』のキャスト

妖怪シェアハウスシリーズは、テレビ朝日で2020年8月1日〜9月19日の間に放送されていました。

監督&脚本

登場人物&俳優

  • 目黒澪(演:小芝風花)彼氏に貢いでいたが捨てられてしまう人間の女性
  • 四谷伊和(演:松本まりか)目黒澪を助けようとする、お岩さん
  • 酒井涼(演:毎熊克哉)少し言い方がキツイ酒呑童子
  • 沼田飛世(演:大倉孝二)弁護士の振りをする、ぬらりひょん
  • 和良部詩子(演:池谷のぶえ)料理が得意な座敷わらし
  • 水岡譲(演:味方良介)シェアハウスの大家で荒波八幡神社の神主
  • 原島響人(演:大東駿介)こんじゃくプロダクションの社長
  • 山中美雪(演:内藤理沙)こんじゃくプロダクションの中堅編集者
  • 柳沙羅(演:宮本茉由)こんじゃくプロダクションの若手編集者
  • 宗像公介(演:蕨野友也)公英社のイケメン編集者
  • お菊(演:佐津川愛美皿屋敷で有名な、お菊

ドラマ『妖怪シェアハウス 第2話』のストーリー

目黒澪は、こんじゃくプロダクションから連絡が来て、1週間だけ、お試しバイトをする事になりました。ところが、初日に分からない事があったので、質問しようとしたら「ぐぐって、分からなくても出来ると思うけど」と冷たくあしらわれてしまいます。

しかも、食事をする時間も与えられず、お腹が「ぐぅぅ」と鳴らしてしまったら、上司の原島響人から「腹を鳴らしていなくて、さっさと仕事をしろ」と言われてしまう始末でした。

「どこもかしこも厳しい所で、ブラックだ」と落ち込みますが、公英社のイケメン編集者 宗像公介が「目黒さん、良かったら、僕と一緒に仕事してみない?」。

その優しい言葉に感動して、心がウキウキしながら、一緒に仕事をする事になりますが、睡眠薬を入れられたお酒を飲んでしまって、眠ってしまいました。宗像公介は、静かに、目黒澪の足の太ももをゆっくりと撫で回していきます。

ところが、そこに厳しい上司と思われていた原島響人が「宗像さん、うちのバイトが粗相をしたら、悪いので」と目黒澪を連れ帰っていきました。

宗像公介は「チッ」と舌打ちしますが、懲りずに、再び目黒澪を誘い込んで「お前、仕事が欲しいんだろう。そのためには、脱げ」と迫って、服を次々に脱がせていき「ほら、いちまぁ〜い、にまい」と高笑いしてしまいます。

ところが、そこにお菊が現れて、宗像公介と目黒澪を異次元に引き摺りずり込んでしまいます。はたして、目黒澪はどうなってしまうのでしょうか?

『お菊(演:佐津川愛美)がリングばりの迫力で成敗』

目黒澪は、イケメン編集者に強姦されそうになりますが、そこに青灰色の井戸が突然現れて「さんまぁ〜い、よんまぁ〜い」と言いながら、女性の手が『バッ』と出て、イケメン編集者を井戸に引き摺り込んでしまいます。

その迫力は、ビデオテープを見たら短期間で呪い殺される映画『リング』を彷彿(ほうふつ)させるものがあります。

しかし、よくよく考えてみたら、リングを作った人は、もしかしたら『皿屋敷』をヒントにして、井戸を題材にしたホラー映画『リング』を思いついたのかもしれません。

こればかりは確証がないのですが、このドラマを見ていたら、そう思ってしまいました。

ドラマ『妖怪シェアハウス』の見逃し配信を無料で見る方法

動画配信『Hulu』に初めて入会した場合には、ホラードラマ『妖怪シェアハウス 第1〜8話(最終話)』を無料で見る事ができます。

ただし、本ページの情報は2022年2月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
2週間を過ぎたら、月額1,026円(税込価格)かかるので、2週間のうちに今後もHuluを契約し続けるか考えるのも悪くありません。

ドラマ『妖怪シェアハウス 第2話』の見所とまとめ

第2話では、あの有名なお菊が現れますが、すごくノリノリな感じで喋る所もあり『そこは真面目にホラーをしてよ』と突っ込みたくなりました(苦笑)。

しかし、有名な妖怪が次々に現れるのは見ていて、ワクワクする所があるので、今後は、どんな妖怪が出てくるのか楽しみです。

まぁ、お菊を妖怪の部類に入れて良いのかどうかは、意見が分かれるかもしれません。