日比谷カンナ(水崎綾女)が狂犬病から恐水病になる原因!ドラマ『ドクターホワイト 第5話』

f:id:akira2013web:20220118000548p:plain

引用:https://www.ktv.jp/dr_white/

ドラマ『ドクターホワイト 第5話』では、日比谷カンナ(水崎綾女)が恐水病になってしまいますが、なぜ狂犬病になったら恐水病になるのか詳しく紹介しましょう。

ドラマ『ドクターホワイト 第5話』のキャスト

ドクターホワイトは、関西テレビで2022年1月17日から放送開始されました。

脚本&演出&原作

登場人物&俳優

  • 雪村白夜(演:浜辺美波)公園で発見される少女
  • 狩岡将貴(演:柄本佑)雪村白夜を発見する医療ジャーナル記者
  • 狩岡晴汝(演:岡崎紗絵)狩岡将貴の妹
  • 高森麻里亜(演:瀧本美織)高森巌院長の娘
  • 西島耕助(演:片桐仁)高森総合病院の精神科医
  • 仙道直樹(演:高橋努)高森総合病院の脳神経外科
  • 佐久間新平(演:高橋文哉)ポジティブな性格の研修医
  • 夏樹拓実(演:勝地涼)高森総合病院の皮膚科医
  • 奥村淳平(演:宮田俊哉)雪村白夜を調べようとする刑事
  • 高森勇気(演:毎熊克哉)高森麻里亜の兄
  • 高森巌(演:石坂浩二)高森総合病院の院長
  • 真壁仁(演:小手伸也)病院の院長に反抗的な外科医
  • 日比谷カンナ(演:水崎綾女)錯乱したグラビアアイドル

ドラマ『ドクターホワイト 第5話』のストーリー

グラビアアイドルの日比谷カンナは、写真撮影していましたが、なぜか後ろを振り返り、水面を見たら、なぜか錯乱状態に陥ってしまい、カメラマンに激しいキスをして、相手の唇を出血させてしまいます。

日比谷カンナは、病院へ運び込まれますが、真壁仁はCDTチームを解散させようと動き出していました。

CDTチームが反発してしまうので、真壁仁に招き入れた者たちと勝負をして、どちらが正しい治療をするのか?勝負する事になりました。

相手は、AIを利用して先進的な技術で特定しようとして、患者が錯乱状態になっていて東南アジアにも行っている事から『東南アジアは、ドラッグを手に入れやすいから、きっとドラッグの禁断症状が出ているのだろう』と決めつけます。

ところが、雪村白夜は「それ、誤診です!」と言ってきて「恐らく、日比谷カンナさんは東南アジアで狂犬病を発症したんだと思います。狂犬病は別名 恐水病とも言われています」。

確かに、日比谷カンナは、写真撮影で湖を見てから怖がっていたし、病院でも水を飲もうともしていませんでした。恐水病は一度かかったら、治る病気ではないと言われていました。

しかし、雪村白夜は「アメリカでは患者を眠らせる事によって、狂犬病にかかった子供の命を救った事例があります」と主張して、一か八か手術をする事になります。はたして、狂犬病に陥った日比谷カンナを救う事はできるのでしょうか?

『日比谷カンナ(水崎綾女)が狂犬病から恐水病になる原因』

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 水崎 綾女 (@misakiayame)

www.instagram.com

東南アジアに行っていた日比谷カンナ(演:水崎綾女)は、コウモリによって狂犬病を発症してしまいました。

しかし、ここで疑問になるのが、なぜ狂犬病になった人が、恐水病になるかです。

実は、神経が過敏になってしまい、水を飲もうとしたら、水の刺激により、強い痙攣が起こってしまって、水が飲めなくなります。

参照元https://www.pref.saitama.lg.jp/b0716/doubutu-kaikata-kyoukennbyouyobou.html

その結果、患者が水を飲むことを恐れてしまい、恐水病に陥ってしまう訳ですね。

ドラマ『ドクターホワイト 第5話』の見所とまとめ

第5話では、日比谷カンナ(演:水崎綾女)が、狂犬病から恐水病に陥ってしまいますが、何とも恐ろしい病気ですね。

ドラッグによる禁断症状に近いほど、錯乱してしまうとは、見ていて『ゾッ』としてしまいます。

日本は、衛生面がしっかりしていて、ペットを飼っている人たちの多くは、定期的にペットを動物病院に連れて行き、検査を受けさせているので、狂犬病になる可能性は低いです。

しかし、今回のように外国へ行ってしまうと、訪問国によっては狂犬病になる可能性があるので注意したいですね。