AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


佐伯竜二(演:細田善彦)とTAKTAKの意外な関係が判明!ドラマ『ユーチューバーに娘はやらん! 特別編』

f:id:akira2013web:20220120041545p:plain

引用:https://www.tv-tokyo.co.jp/youtuber_musume/

ドラマ『ユーチューバーに娘はやらん!  特別編』では、佐伯竜二(演:細田善彦)とTAKTAKの意外な関係が判明するので、詳しく紹介しましょう。

ドラマ『ユーチューバーに娘はやらん! 特別編』のキャスト

ユーチューバーに娘はやらん!は、テレビ東京で2022年1月17日から放送開始されました。

監督&原作&企画

登場人物&俳優

  • 平千紗(演:佐々木希)花婿を持ち逃げされた女性
  • 榎本信(演:金子ノブアキ)TAKTAKに嫉妬するテレビ局員
  • TAKTAK(演:戸塚純貴)大人気のYouTuber(ユーチューバー)
  • 平総一郎(演:遠藤憲一)平千紗の父親
  • 平風花(演:若月佑美)平千紗の妹で、シングルマザー
  • 平大吾(演:白石絃馬)平風花の息子
  • 平美恵子(演:斉藤由貴)平千紗の母親で、事なかれ主義
  • 佐藤光輝(演:栗山英宜)平千紗の幼馴染で、心配性な性格
  • 鈴川弘美(演:陽月華)平千紗の上司
  • 小松あかり(演:三戸なつめ)平千紗の同僚
  • 二階堂哉太(演:永田崇人)平千紗の同僚
  • 和久井凛(演:石川萌香)平千紗の同僚
  • 小林雄太(演:三浦獠太)テレビ局のAD
  • ケンケン(演:田中穂先)TAKAをを撮影する人物
  • ミカジャン(演:上原実矩)編集の担当者
  • 佐伯竜二(演:細田善彦)平千紗

ドラマ『ユーチューバーに娘はやらん! 特別編』のストーリー

TAKTAKは「皆さんから、どうなったんですか?これから、どうなるんですかという声をいただいたので、ここでしか見られない未公開映像を公開していきます」と手を叩きながら紹介していきます。

「まずは、相手の方はどんな方ですか?という事でしたが、女性は下着メーカーの女性の方です」と答えて、問題が発生した結婚式を思い出します。

結婚式では、花婿が花嫁を永遠に愛する事を誓おうとしたら、そこに見知らぬ男が乱入してきて「迎えに来たよ、一緒に逃げよう」と言ってきました。多くの親族や友人たちは『もしかして、花嫁を迎えに来たの?』と息を飲みました。

ところが、男が連れ出したのは花婿のほうであり、平千紗は花婿を見知らぬ男に連れ出されるという屈辱を味わってしまうのです。

結婚式は終わり、披露宴は辞めようかという話になりますが、平千紗は「ヤル。だって、私にとって黒歴史じゃないもん」。平風花は、人気YouTuberのTAKTAKを見かけて「お願いがあるんだけど、おねえの披露宴を動画にしてくれない?」と頼み込みます。

TAKTAKは『平千紗と結婚を考えてますか?』という質問を受けますが「考えてません、嘘です」とおどけますが、かつて平家で食事した事を思い出してしまうのです。

はたして、TAKTAKは平千紗と結婚する事になってしまうのでしょうか?

『佐伯竜二(演:細田善彦)とTAKTAKの意外な関係が判明』

(上の動画は、細田善彦さんが出演作の映画についてコメントしている動画)

人気YouTuberのTAKTAKが、平千紗の結婚式に参加していて、動画を撮影しようとしていました。それに気づいたTVマンの榎本信は「お前は何を勝手に撮影しているんだ?」と肖像権の大事さを訴えられます。

よくよく考えてみると、なぜ人気YouTuberのTAKTAKが、平千紗の結婚式に参加していたのか?そこが謎でした。

ところが、この特別編で、TAKTAKが質問に答えていく中で、花婿が自分の従兄弟と発表したのです。

『なるほど、それで結婚式に参加していたんだなぁ』と納得できましたが、それなら最初から、それを説明していれば、あれほどの騒動にならなかったのではないかなぁとも思いましたね。

ドラマ『ユーチューバーに娘はやらん! 特別編』のまとめ

特別編なので、今までにないストーリーが展開されていくのかと思っていたら、TAKTAKが質問に答えながら、今までにあったストーリーを紹介していく内容でした。

こんな内容なら、今まで見ていた視聴者は分かっているし、わざわざ放送する必要はないだろうと思ってしまいましたね。

ドラマ『ユーチューバーに娘はやらん!』の出演者の多くがコロナウイルス にかかってしまったので、新しいストーリーを放送できないのは理解できます。それなら、無理に放送するのではなく、1日休めば良いだけなのにと思うと、少し残念な特別編でした。