AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


全成(演:新納慎也)が義経より信頼された意外な理由?大河ドラマ『鎌倉殿の13人 第7話』

f:id:akira2013web:20220115131322p:plain

引用:https://www.amazon.co.jp

大河ドラマ『鎌倉殿の13人 第7話』では、全成(演:新納慎也)が登場しますが、頼朝は義経より全成を意外な理由で信頼するので、その理由について紹介しましょう。

大河ドラマ『鎌倉殿の13人 第7話』のキャスト

鎌倉殿の13人の登場人物や俳優さんたちは、以下の通りです。

北条家

源氏

伊東家

その他

平氏

藤原家

朝廷

大河ドラマ『鎌倉殿の13人 第7話』のストーリー

北条義時たちは、坂東の大豪族 上総広常を味方にしょうと説き伏せようとしますが「頼朝に味方して、何の得がある?実は、大庭方の梶原景時も来ているんだ、双方で一緒に話し合え!」。

そこに梶原景時も現れるので、双方ともに、どのような得があるのか言い合いますが、上総広常はハッキリと味方するとは言いません。

しかし、北条義時は帰り際に「梶原殿、なぜ頼朝様を見逃してくれたんですか?」「あの時、私以外は頼朝を気づいていなかった。お前の言うように、頼朝は天に守られているのかもしれない」。

千葉常胤は、早くにも加勢する事を決めて「よく来てくれた、千葉殿」と感謝されたら「思わず、義朝殿と見間違えてしまいました」と述べて、共に戦う事を誓い合います。

それから、上総広常はようやく2万もの軍勢を引き連れてやってきますが、源頼朝は「遅い!お前の2万の軍勢を見た。だが、それが何だ。自分の値打ちをあげたかったのか?」と叱責されます。

上総広常は、源頼朝が対象の器でなければ打ち取るつもりでしたが、なかなかの器と感じて「田舎侍ゆえ、無礼の段、申し訳ありませんでした」と素直に頭を下げました。

奥州では、日本史に名前を残す名将 源義経が、いよいよ源頼朝のもとへ駆けつけようとしていましたが、はたして源氏の勢いはどこまで続くのでしょうか?

『全成(演:新納慎也)は義経より信頼された意外な理由』

全成(演:新納慎也)は、兄の頼朝と会った時に、泣いて喜ばれたと伝えられています。そのあとに、義経も駆け付けた時は、頼朝は表面上は喜びますが、あまり信用しなかったのです。

なぜ、このような差が出てしまったのでしょうか?それは、義経のそばには藤原家の家臣がついてきたからです。

伊豆に流されて、用心深くなっていた源頼朝は『義経は一人で来た訳ではなくて、そばにいる奴らは、藤原がワシを監視するためにやってきたな』。

このように疑ってしまいましたが、藤原秀衡は天下の行方が気になっていたので、そのつもりだったのでしょう。しかし、源義経には、そのような気がなかったので、この時から源義経の悲劇は始まっていたのかもしれません。

しかも、源頼朝は家臣たちに、勝手に朝廷から褒美を受け取らないように目を光らせていたのに、源義経はアッサリと褒美を受け取ってしまいました。

戦場では、周りの御家人たちの意見を一蹴して、平家に勝ち続けてしまい、周りからの不平不満の声が源頼朝の耳に届いていたのも、源義経の運命を決したと言っても、過言ではありません。

このような理由から、源頼朝は、大きな功績がある義経より、全成を信頼してしまいます。実際に、全成は、武蔵国の領地を与えられ、源頼朝正室 北条政子の妹 阿波局と夫婦(めおと)にまでなりました。

大河ドラマ『鎌倉殿の13人 第7話』の見所とまとめ

第7話では、全成(演:新納慎也)が「風を起こす」と言っておきながら、全くの無風で「いやいや、お前は何がしたいんだ」と突っ込んでしまいました(苦笑)。

ラストシーンでは、ついに源義経が出立しようとしますが、これから大きな悲劇が起きていくんだなぁと思うと、何かと感慨深いものがあります。

源頼朝が、上総広常を叱りつけますが、このシーンもあまりにも有名ですが『よく2万もの兵がいる豪族を叱りつけられるなぁ』と感心してしまうばかりです。