AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


恭平(演:新原泰佑)の優しさが恨まれた理由!ドラマ『ゴシップ 第8話』

f:id:akira2013web:20220113221518p:plain

引用:https://www.fujitv.co.jp/gossip/index.html

ドラマ『ゴシップ 第8話』では、恭平(演:新原泰佑)が優しい言葉をかけたのに、なぜか恨まれてしまうので、その理由について詳しく紹介しましょう。

ドラマ『ゴシップ 第8話』のキャスト

ゴシップ#彼女が知りたい本当の〇〇は、2022年1日6日から、フジテレビで放送開始されました。

企画&脚本

登場人物&俳優

  • 瀬古凛々子(演:黒木華)元経理部の女性社員で、氷のように冷めた性格
  • 根津道春(演:溝端淳平)瀬古凛々子と仲が悪い同期の男性社員
  • 下馬蹴人(演:野村周平)自社を卑下する人物
  • 椛谷静司(演:野間口徹)体力を使う仕事を嫌う男性社員
  • 一本真琴(演:石井杏奈)勝ち組になれず嘆く
  • 山田礼二(演:生瀬勝久)穏やかな性格をした編集長
  • 矢部涼介(演:一ノ瀬颯)一本真琴の同期
  • 仁和正樹(演:安藤政信)瀬古凛々子を利用して同期を蹴落とす
  • 竹富喜一郎(演:大鶴義丹)カンフルNEWSを批判する司会者
  • 女性アナウンサー(演:宇垣美里)竹富喜一郎をサポートする女子アナ
  • 黄実子(演:りょう)薬膳カフェの店長
  • 笹目虎太郎(演:寛一郎)瀬古凛々子に近く男
  • 阿久津舞衣(演:小林涼子)根津道春の元カノ
  • 道真(演:飯田基祐)根津道春の父親であり、立東大学の学長
  • 恭平(演:新原泰佑)裏口入学の疑惑があがる学生

ドラマ『ゴシップ 第8話』のストーリー

根津道春は、元カノの阿久津舞衣から「私たち、やり直さない?」と言われてしまい、戸惑ってしまいますが「急がないから、考えてみて欲しい」。

そんなある日、インターネットで、立東大学に合格した城島の息子の恭平が、実は裏口入学していたという書き込みがされました。

根津道春たちは、早速、PV稼ぎのための証拠をつかもうとしますが、立東大学の学長は何と!根津道春の父親 道真だったのです。

瀬古凛々子は「無理しなくていい」と優しい声をかけますが「いや、俺がやるよ」と二人で、道真の所へ裏口入学の話を聞く事になりました。

道真は息子に向かって「お前は記者になりたいと言っていたが、結局は三流の所か」と蔑んで、裏口入学を認めようとしません。ところが、派遣社員として働いていた女性から、裏口入学の取引をしていた時の音声データを貰えたのです。

根津道春は「これだけの証拠があれば、十分だ。記事にしよう」と主張しますが、瀬古凛々子から「学長は裏口を否定している。しかも、ネットで裏口入学の事を書き込んだ人の裏も取れていない」と反対されます。

思わず、二人は言い合いをしてしまいますが、どうなってしまうのでしょうか?

『恭平(演:新原泰佑)の優しさが恨まれた理由』

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 新原泰佑 (@taisukeniihara.official)

www.instagram.com恭平(演:新原泰佑)は、いつも父親のお陰で成功していると思われていて、必死に勉強をして、ようやく立東大学に入学する事ができました。

ところが、立東大学に行った時に、派遣社員として働いている女性に「もし、良かったら、これ」と言って缶コーヒーを差し出して「さっき当たったので、幸運のおすそ分けです」と優しい言葉をかけてあげます。

派遣社員の女性は、この言葉を聞いて「馬鹿にしている」と激怒してしまい、とんでもない逆襲を思いついてしまうのです。

なぜ、そこまでして怒ったのかと言えば、自分は親に理解されなくて大学に行けず、派遣社員として働くハメになったのに、あの人(恭平)は親に大事にされて大学にも入れたと思っていたからです。

そんな恵まれた人間から「幸運のおすそ分け」と言われたので、いかにも自分が不幸な女に見えたんだろうと思ったのでしょう。

言葉というのは難しいものであり、違う人にとっては嬉しい事でも、環境や考え方の違いで、激しい憎悪を抱かせてしまうので、気をつけたいものです。

ドラマ『ゴシップ 第8話』のまとめ

第8話では、恭平(演:新原泰佑)が半ば逆恨みされてしまって『イケメンでも女性に恨まれる事があるんだなぁ』と思ってしまいました。まぁ、当たり前と言えば、当たり前ですよね(苦笑)。

それにしても、根津道春が父親から馬鹿にされていると思っていたのに、影では父親がしっかりと息子の事を「あいつは一人でしっかりと生きているから」と言っていたシーンは、思わずジーンとくるものがあって、良かったです。