キキが空を飛べなくなった理由を解説!映画『魔女の宅急便』

映画『魔女の宅急便』では、キキが空を飛べなくなってしまうので、その理由について解説するので、参考にしてみて下さい。

映画『魔女の宅急便』のキャスト

1989年7月29日に日本で公開されたジブリの映画『魔女の宅急便』は、魔女の見習いが独り立ちをする時に辛い経験を乗り越えて、たくまく成長していくアニメ作品です。DVDの収録時間は102分になります。

監督&脚本&原作

ジブリ魔女の宅急便では、幼いキキが苦難を乗り越えて行く物語ですが、実は原作のほうは、さらに内容が長くなっています。

登場人物&声優

アニメを見ている時には気が付かなかったのですが、キキとウルスラは同じ方が声優を務めていました。そのため、キキとウルスラの声の違いを聞いてみるのも、このアニメの楽しみでしょう。

映画『魔女の宅急便』のストーリー

魔女のキキは13歳になり、独り立ちをする事になり、海辺にある大きな街を見つけて、ここに住もうと思って降り立ちます。しかし、街の人たちはキキによそよそしくて、警察が交通事故になりそうな降り方をしてきたので補導しようとするのです。

所が「ドロボウ!」という声が聞こえたので、警察はその場を離れていきます。その時に声を出したのはトンボという少年で、キキを助けようとして嘘をついたのです。しかしキキは、突然なれなれしく声をかけてきたトンボに、怒ってしまいます。

新しい街になじめそうにないキキは落ち込んでしまいますが、パン屋の女主人おソノさんと知り合います。おソノさんは今までの人とは違って、キキを気に入って「自宅の空き部屋を使って良いよ」と言ってくれたのです。

キキは空を飛ぶ事しか取り柄がなかったので、そこで宅急便の仕事をしようと思いつきます。それを話したら、おソノさんも賛同してくれて、ここに魔女の宅急便が誕生します。

それから、キキは仲の悪かったトンボとのわだかまりがとけて、一緒にパーティへ行く事にしますが、配達の帰り道に大雨に打たれてしまい、服がビショビショになりパーティへ行けなくなり落ち込みました。

翌日になり、キキは黒猫のジジの言葉が分からなくなり『まさか』と思って、ホウキにまたがってみても、空へ飛べなくなってしまったのです。

魔法が使えなくなり、焦ってしまいますが、そんな時に、トンボが飛行船から落ちそうになっているニュースが報道されてしまいます。キキは、不完全な魔法で、ふらふらと空へ飛び立ちますが、はたしてトンボを助ける事ができるのでしょうか?

『キキが空を飛べなくなった理由を解説』

キキは、なぜ空を飛べなくなったのか?それはネットでも熱く議論されていて、大きく分けると、3つの理由が考えられます。

  • 少女から大人の体に変わろうとした為
  • 異性に恋をした為
  • ショックを受ける出来事があった為

女性は、少女から大人になる時に、体に大きな変化が起きていくので、それは魔女と言えども、無関係とは言えないので、これは関係しているように思えます。

しかし、本当にそうであれば、キキが旅立つ前に、母親から「成長していくうちに、魔法が使えなくなる時があるけど、それは一時的なものだから」と言うハズです。

異性に恋をして空が飛べなくなるのであれば、これも両親から聞かされるハズなので、この理由も可能性的に低いでしょう。

そうなってくると、考えられるのは、ただ一つ。ショックな出来事がキキを追い詰めて、魔法を弱めてしまったと考えられます。

キキはパーティへ行く事を楽しみにしていましたが、配達先で「おばあちゃんのパイはあまり好きじゃないのよね」と言われて、唖然としてしまうのです。

おばあちゃんは、キキに優しく接してくれていたので『その孫があんな性格だったなんて』とショックを受けてしまい、自分の仕事にも疑問を抱いてしまったのかもしれません。

このようなショックは、親も予想するのは難しいので、アドバイスのしようがないので、キキが空を飛べなくなった理由は、ショックを受けた事が関係しているハズです。

魔女の宅急便』と他の映画を比較

ジブリの映画『魔女の宅急便』は、実写化されて上映されましたが、原作ファンから「あれは実写化して欲しくなかった」という声が多くあがってしまいました。

しかし、キキ役は、あの小芝風花さんが演じています。日本で上映されたのは2014年だったので、批判もありましたが、現在の小芝風花さんは実力派の女優として知名度も高くなっていたので、現在上映されていたら、評価は変わっていたかもしれません。

映画『魔女の宅急便』の感想

私にとって、魔女の宅急便は、耳をすませばの次に好きな映画なので、思い入れの強い作品です。そのような作品の感想を紹介するので、良かったら参考にしてみて下さい。

映画『魔女の宅急便』のオススメ層

若いキキやトンボが恋人になりそうで、なかなか、ならない感じがして、少しヤキモキする内容です。そのため、大人よりも若年層の方が見やすい映画です。

しかし、この先何が起きるのか分からないストーリーになっているので、大人であっても、見応えのあるアニメ映画ですね。

映画『魔女の宅急便』の残念な所

キキが魔法を使えなくなってしまうシーンが登場しますが、なぜ魔法が使えなくなったのか?それが全く分からない状態でストーリーが進んでいきます。そこは、もう少し魔法が使えない理由を知りたかったので、少し残念な所ですね。

恐らくは、ショックな出来事が原因だとは思いますが、魔女の宅急便ファンの間では、長らく議論する事となりました。

映画『魔女の宅急便』の見所

空を飛ぶ事しか取り柄のないキキが、数少ない取り柄から仕事を見つけようとしたり、自分を理解してくれる協力者もいる事に気付いたりして、たくましく独り立ちをしていきます。

おソノさんの家に厄介になりますが、このストーリーは今まで独り暮らしをしてこなかった方と共通する所は多くあるので、この映画から学べる事は多いでしょう。

私は、この映画で魔女が魔法を使うストーリーと、ほのぼのとした音楽や主題歌が好きで、ジブリの中でも気に入っているほうの映画です。