AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


高森巌が死んだ後の新院長が誰になるのか紹介!ドラマ『ドクターホワイト 第7話』

f:id:akira2013web:20220118000548p:plain

引用:https://www.ktv.jp/dr_white/

ドラマ『ドクターホワイト 第7話』では、高森巌が死にそうになるので、院長が死んだ後に、新院長が誰になるのか、詳しく紹介しましょう。

ドラマ『ドクターホワイト 第7話』のキャスト

ドクターホワイトは、関西テレビで2022年1月17日から放送開始されました。

脚本&演出&原作

登場人物&俳優

  • 雪村白夜(演:浜辺美波)公園で発見される少女
  • 狩岡将貴(演:柄本佑)雪村白夜を発見する医療ジャーナル記者
  • 狩岡晴汝(演:岡崎紗絵)狩岡将貴の妹
  • 高森麻里亜(演:瀧本美織)高森巌院長の娘
  • 西島耕助(演:片桐仁)高森総合病院の精神科医
  • 仙道直樹(演:高橋努)高森総合病院の脳神経外科
  • 佐久間新平(演:高橋文哉)ポジティブな性格の研修医
  • 夏樹拓実(演:勝地涼)高森総合病院の皮膚科医
  • 奥村淳平(演:宮田俊哉)雪村白夜を調べようとする刑事
  • 高森勇気(演:毎熊克哉)高森麻里亜の兄
  • 高森巌(演:石坂浩二)高森総合病院の院長
  • 真壁仁(演:小手伸也)病院の院長に反抗的な外科医
  • 伊勢崎隼人(演:時任勇気)高森麻里亜の元カレ

ドラマ『ドクターホワイト 第7話』のストーリー

雪村白夜は、狩岡将貴に「実は、私は以前まで狭い部屋にずっといました。そして、高森勇気さんから、ここにいては殺されると言われていたので」と、ずっと内緒にしていた事を謝ります。

狩岡将貴は、事情が事情だけに、雪村白夜を責めるような事はしませんでした。そんなある日、高森麻里亜の前に元カレの伊勢崎隼人が現れてしまって、狩岡将貴は『俺の好きな人の前に、邪魔な奴が現れた』と苛立ってしまうのです。

その一方で、雪村白夜の様子がおかしかったので、周りの医師たちは『どうしたんだろう、白夜さん』と心配しますが、西島耕助は「白夜さんは、恋をしているんですよ」と言い出して、みんなが「恋?」と驚いてしまいます。

体調が悪いと思い込んだ雪村白夜は自宅に帰ってしまいますが、その間に、高森麻里亜が、体調が悪くなっていた元カレを治療しようとして、ステロイドを利用していました。

そうしたら、一気に体調が悪くなってしまい、真壁仁が「やってくれましたね」と現れて、誤診の責任を取らせようとします。ところが、病院に戻っていた雪村白夜が「私が責任を取って、病気を特定します」と言い放ちます。

伊勢崎隼人は、頭痛・神経痛・記憶障害などの症状が現れていて、よく公園に行く事もありましたが、はたして、どのような病気を発症していたのでしょうか?

『高森巌が死んだ後の新院長が誰になるのか紹介』

f:id:akira2013web:20220228225235j:plain

高森巌は、いよいよ亡くなりそうですが、それでは誰が新院長になるのか?気になる方は多いでしょう。

実は、原作の小説で、その答えが書いており、新院長は……残念ながら、真壁仁です。

真壁仁は、雪村白夜や高森巌の活躍で助けた患者について、まるで自分の手柄のようにPRしてしまったので、院長になる事ができてしまいました。

やはり、長年にわたって生きてきたこともあり、高森麻里亜では叶わなかったのかもしれません。

しかし、ドラマでも、原作通りに真壁仁が新院長になるのか?それとも原作の筋書きを変更して、高森麻里亜が新院長になるのか?そこが凄く気になる所です。

原作を読んだ自分としては、しっかりと原作通りに進んで欲しいですが、あの男は性格が悪すぎるので、複雑な心境ですね(苦笑)。

ドラマ『ドクターホワイト 第7話』の見所とまとめ

第7話では、いよいよ院長のガンが進行していたので、いよいよ政権交代しそうな予感がします。原作では、真壁仁が新院長になるので、恐らくドラマでも、その通りになるのでしょう。

そうなってくると、雪村白夜たちは診察しづらくなってしまうので、どうなっていくのか?今後の展開に期待したい所です。