月島汐が住んでいた柏崎について詳しく紹介!映画『耳をすませば』

映画『耳をすませば』では、月島雫の姉 月島汐が住んでいた柏崎について、詳しく紹介するので、参考にしてみて下さい。

映画『耳をすませば』のキャスト

耳をすませばは、ジブリのアニメ作品として、1995年7月15日に日本で上映されました。DVDの収録時間は111分です。

監督&脚本&原案

ジブリ映画の中でも、ストレートな恋愛アニメになっているのが、耳をすませばです。その耳をすませばは、りぼんに連載されていた漫画からジブリの映画作品となりました。

登場人物と声優

耳をすませばの声優陣の中で、特に異色を放っていたのが、立花隆さんです。この方は作家であり評論家なのですが、この方の喋り方が、他の方とは大きく異なっているものがありました。

映画『耳をすませば』のストーリー

雫は本を読む事が好きで、今まで何冊も読んできましたが、その図書カードには、決まって雫よりも、天沢聖司のほうが先に書かれていました。

それを知った雫は、どんな人なのだろうか?もしかして素敵な人なのかなと勝手なイメージ像を作り上げていきました。

雫は、自分が書いたコンクリートロードを友人に見せますが、あまりにも、ふざけた内容だったので、二人で大笑いしてしまいます。

ところが、本をベンチに忘れていた事を思い出して、独りで取りにいったら、そこには見た事がない男子生徒が本を読んでいました。

そうしたら男子生徒が「あぁ、これあんたのか?お前さコンクリートロードは辞めたほうが良いと思うよ」と言って立ち去っていきます。

それを聞いた雫は「読んだなぁー!嫌な奴、嫌な奴、嫌な奴、コンクリートロードは辞めたほうが良いと思うぜ……何よ!」と激怒。

雫は、地球屋という店を訪れたら、そこにあの男子生徒がやってきます。嫌な奴と会ったと思ってしまいますが、その男子はバイオリンを作っていて、その出来栄えに驚きます。

ところが、この男子生徒が天沢聖司だと分かりショックを受けますが、今まで雫と仲良くなりたくて「俺、お前より先に図書カードを書くために、いっぱい本を読んだんだからな」と告白します。

その言葉に胸をときめかせる雫でしたが、聖司はバイオリン職人になるために一時的に外国で見習いとして行く事になってしまいました。

そして聖司が外国から帰国した時に、雫と聖司は見晴らしの良い所まで行って、聖司は中学生なのに結婚のプロボーズをしてしまいます。雫はそれに驚きますが、はたして何と答えるのでしょうか?

『月島汐が住んでいた柏崎を紹介!』

f:id:akira2013web:20100214082500j:plain

月島雫は、女子中学生として平凡な毎日を送っていて、そんなある日に父から「雫も柏崎に行けばよかったのに」と言われますが「いい、お姉ちゃんと一緒だと疲れる」とそっけなく答えました。

雫の姉が行っていた柏崎とは、かなりの高い確率で新潟県柏崎市だと思います。それは耳をすませばの中で、メロンの箱を母親が持っていたのですが、そこには柏崎と書かれていて「日本海」の文字もありました。

新潟県柏崎市日本海側ですし、柏崎という地名は全国でもあまりないのです。ちなみに、この柏崎市は、私の故郷です(さりげなくアピール)。

の画像は柏崎を象徴する山で、標高993mになります。微妙な高さですが、象形文字の「山」に似ている事から、地元では愛されている山です。

f:id:akira2013web:20100131121426j:plain

そして、柏崎は山だけではなく海もあります。中央にある橋は「米山大橋」で心霊スポットで、この近くで私は交通事故を起こした事もありました。 さらに米山大橋より左側には、米山観光のホテルやお土産屋などが数多くある観光地です。

f:id:akira2013web:20180315024013j:plain

米山観光のお土産屋がこの海を象徴するようなマークがある所です。ここにはディズニー関係のヌイグルミが置いてあって、かつて3万円もする巨大なクマのぷーさんを当時付き合っていた彼女にプレゼントした事がありましたね(感慨深い)。

耳をすませば』を他の映画を比較

耳をすませばで、月島雫が書いた小説の中で登場する男爵が、ジブリ映画『猫の恩返し』で再登場します。

猫の恩返しでは、命がけで猫を助けた女子高生が、猫の国に招かれますが、そこで人間から猫に変えられてしまうのです。

このまま、女子高生を猫の国にとどめようとする猫と、女子高生を助けようとする猫たちが激しく戦い合う事になります。少し、現実離れしている映画ですが、本当に猫が恩義を感じる動物なのか、半信半疑の方は見てみるのも悪くはないでしょう。

映画『耳をすませば』の感想

耳をすませばは、ジブリ映画の中で最も好きな映画ですが、そのような作品にも残念な所もあれば、見所もあるので、詳しく紹介しましょう。

映画『耳をすませば』のオススメ層

f:id:akira2013web:20220302205122j:plain

引用:https://www.amazon.co.jp/

月島雫は、最初は天沢聖司が嫌いでも、少しずつ惹かれていくので、恋愛映画が好きな方にはオススメの作品ですね。

どちらかと言えば、男性より女性が好きになる作品かもしれませんが、男性の目から見ても、素敵な恋愛物語を見られるので、多くの方が気にいる可能性が高いでしょう。

自分が一番好きなアニメ映画なので、初のオールファイブの採点とさせていただきました。

  • 男性:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 女性:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • キッズ:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 若年層:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 中年層:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • シニア層:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

映画『耳をすませば』の残念な所

若い頃に、耳をすませばを聞いていた頃は、あまり気にならなかったのですが久しぶりに見返してみたら、月島靖也役の立花隆さんの棒読みが気になりました。

あの喋り方は狙って行なっているのかは知りませんが、もう少し感情を込めた喋り方でも良かったのではないかと思って、その所だけは残念でしたね。

映画『耳をすませば』の見所

耳をすませばでは、聖司が図書カードに名前を書いてまで、好きな女性と一緒になりたいと思う健気な男心から物語が始まっていきます。

今では、それはストーカーに近い行為ですが、聖司のようなイケメンがしたら、それはストーカーではなく、運命の出会いとなる訳です(イケメンの特権は羨ましいですね)。

そして主題歌のカントリーロードは、この映画で気に入って、若い頃はカラオケで歌った事もありましたね。実際にカントリーロードは故郷に続いている道があっても、夢を叶えるために今は帰れないという強い意志のある歌詞になっています。

しかし、そんな強い意志のある曲でも、優しさがにじみ出ているような曲で、耳をすませばの映画にピッタリな主題歌になっています。そんな歌が登場するシーンも、この映画の大きな見所です。