AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


浅海寛人(松田翔太)の失脚は他のドラマと酷似?ドラマ『ムチャブリ! わたしが社長になるなんて 第8話』

f:id:akira2013web:20220118052237p:plain

引用:https://www.ntv.co.jp/muchaburi/

ドラマ『ムチャブリ!  第8話』では、浅海寛人(松田翔太)が失脚してしまいますが、これは他のドラマと酷似しているので詳しく紹介しましょう。

ドラマ『ムチャブリ!  第8話』のキャスト

ムチャブリ! わたしが社長になるなんては、日本テレビで2022年1月12日から放送開始されました。

脚本&演出

脚本:渡邉真子
演出:猪股隆一&狩山俊輔

登場人物

ドラマ『ムチャブリ! わたしが社長になるなんて』に登場する人物や、俳優たちは以下の通りです。

株式会社リレーション・ゲート
  • 浅海寛人(演:松田翔太)リレーション・ゲートの社長でムチャブリの多い
株式会社リレーション・フーズ
  • 高梨雛子(演:高畑充希)社長にこきつかわれる元秘書
  • 大牙涼(演:志尊淳)高梨雛子の部下になってしまう男性社員
  • 宮内剛(演:荒川良々)リレーション・フーズの総務
  • 深山和湖(演:山田真歩)リレーション・フーズの経理
  • 田辺和真(演:忍成修吾)リレーション・フーズの営業
株式会社リレーション・ゲート
  • 葛原啓次郎(演:坪倉由幸)野上フーズとつながっていた専務
  • 水科柚(演:片山友希)浅海寛人の担当秘書
セゾンヌヴェル
その他の人々

ドラマ『ムチャブリ!  第8話』のストーリー

浅海寛人社長が、リレーション・フーズにやってきたので、高梨雛子や社員たちは『どうしたんだろう』と動揺してしまいます。

実は、リレーション・フーズの中に、野上フーズに情報を売っている裏切り者の可能性が出てきたので、早めに対処をする必要が出ていたのです。

社員たちは「これから展開しようとしているお弁当の情報が、野上フーズに真似されて、値段を安く設定されたら、どうする事もできない」と懸念してしまいます。

翌日になり、その不安は的中して、野上フーズはリレーション・フーズのお弁当とソックリの物を安い値段で出そうとして、商談をまとめられなくなってしまいました。

大牙涼は、今まで優しい上司と思っていた葛原啓次郎専務が、野上フーズとつながっていて、リレーション・フーズの情報をライバル企業に売っていたのです。

その話を知って、大牙涼は葛原啓次郎専務に「俺の事を裏切ったんですか?」「口の聞き方には気をつけろよ、近々、本社に行く事になっているんだぞ」。

『自分のせいで、うちの会社が』とショックを受けて会社にも出勤できなくなってしまいました。高梨雛子は、水科柚が野上豪と付き合っている事を知って、嫌な予感がしますが、ハッキリと利用されているとは言えずに、八方塞がりになってしまいます。

いつまで経っても、頼りになる大牙涼が出勤してこなくて、リレーション・フーズの社員たちは仕事をうまくこなせなくなりますが、このまま会社は立ち行かなくなるのでしょうか?

『浅海寛人(松田翔太)の失脚は他のドラマと酷似』

浅海寛人(松田翔太)が、多くの幹部たちの裏切りによって、解任させられてしまいます。しかし、このシーンはドラマ『この恋あたためますか』に酷似しています。

『この恋あたためますか』では、コンビニのアルバイトをしていた井上樹木(演:森七菜)が、身分違いの浅羽拓実社長(演:中村倫也)に恋をしてしまいますが、その社長が解任をさせられてしまうのです。

部下が上司に恋をしたり、幹部たちによって社長が解任させられたりしてしまうのは、ドラマ『この恋あたためますか』に酷似していて『どこかで見たシチュエーション』と思ってしまいました。

まぁ、ドラマなので、他のドラマに似てしまう事はよくある話なので仕方ない事かもしれませんね。これからは、他のドラマとは違う独自性を見せて欲しいものです。

『ムチャブリ! 』を見られる動画配信

動画配信『Hulu』に入会したら、ドラマ『ムチャブリ! わたしが社長になるなんて 第1〜話』を見られます。

月額料金は税込1,026円ですが、初入会の方であれば2週間は無料で見られます。
ただし、本ページの情報は2022年1月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

ドラマ『ムチャブリ!  第8話』のまとめ

第8話では、他のドラマによく似たストーリーだったので、デジャブという感じでした。しかし、そのような内容を吹き飛ばすほど、志尊淳さんの熱い演技が良かったですね。

「自分が大好きな会社を引っ張って、そんな自分が許せないんですよ」と叫ぶシーンは良かったですね。

今まで、高飛車な態度で、高梨雛子を参らせていましたが、いつも違って落ち込んでいたら、高梨雛子も調子が狂っていて、それはそれで面白かったです。