AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


J役の三浦誠己は元芸人だった?ドラマ『ケイヤク 第8話』

ドラマ『ケイヤク 第8話』で、凄みを見せるJ役を演じていた三浦誠己さんは、元芸人という噂があるので、それが本当なのか詳しく紹介しましょう。

ドラマ『ケイヤク 第8話』のキャスト

f:id:akira2013web:20220114001951p:plain

引用:https://www.ytv.co.jp/keiyaku/story/1.html

ケイヤクは、日本テレビで2022年1月13日から放送開始されました。

監督&脚本&原作

登場人物&俳優

  • 国下一狼(演:鈴木伸之)危険な捜査をする公安捜査官
  • 英獅郎(演:犬飼貴丈)裏社会に生きる人物
  • 央莉音(演:栗山千明)公安の女性捜査官
  • 田口晶(演:徳井義実)警視庁の公安部長
  • 大須公昭(演:板尾創路内閣総理大臣
  • 中村雄司(演:松本利夫)峰上組に所属する男
  • 大須匡(演:吉村界人大須公昭の息子
  • 葉月千夏(演:萩原みのり)国下一狼の幼馴染
  • 澤口実(演:前原滉)秘密がある医師
  • 槙村エミリ(演:青野楓)謎の女
  • 野々村(演:眞島秀和)20年前の爆破事件の容疑者
  • J-林(演:三浦誠己)Jと呼ばれる諜報員
  • 山田(演:平田満)床屋の店員だが謎の多い人物

ドラマ『ケイヤク 第8話』のストーリー

国下一狼は、大須匡が入院している病院にS(スパイ)を潜入させていましたが、危険を感じて違う病院へ移ろうとしている事が分かってしまいます。

英獅郎たちは「まずいな、違う病院へ移られては、またSを潜入させなくてはいけないから、時間がかかる」と話し合っていたら、大須公昭総理大臣が英獅郎に会いたいと連絡を取ってきたのです。

危険を覚悟で会う事にしたら「獅郎。私が何をしにきたか分かっているハズだ、お前は何を考えて近づいてきた?」「どうぜ俺を殺すために来たんでしょ」「獅郎。すぐに手を引くんだ。私の言う通りにしてくれたら、悪いようにはしない」。

「やっぱり、20年前の爆破事件に関わっていたのか?アンタが隠蔽したのか」と言い合いをしてしまって、平行線をたどってしまいます。

国下一狼は、大須匡に連絡を取り「お前は命を狙われているから、他の仲間と同じように消されてしまうぞ。だから、俺たちに協力しないか?守ってやる代わりに20年前の事件について全てを話すんだ」ともちかけて、大須匡を車で護送しようとしました。

しかし、そこで、再び槙村エミリが現れてピストルで撃ってきたのです!英獅郎と央莉音は槙村エミリを追いかけていきますが、その間にJが襲いかかってきて、激しい銃声が鳴り響きます。

英獅郎たちは槙村エミリを捕まえて、急いで戻りますが、央莉音は撃たれてしまい、大須匡はJのほうへ寝返ってしまって取り逃します。はたして、このまま20年前の事件は闇に葬られてしまうのでしょうか?

『J役の三浦誠己は元芸人だった?』

f:id:akira2013web:20220304011233j:plain

引用:https://eiga.com/person/71244/gallery/0466959/

J役の三浦誠己さんは、実は元芸人であり、お笑いコンビ『トライアンフ』のメンバーでした。

大物芸人の千原ジュニアさんから目をかけてもらっていましたが、あまり芸人として活躍できなくて、トライアンフを解散して東京でピン芸人として活動するようになります。

しかし、そんな時に映画の仕事の話が舞い込んできて、どうするべきか悩んでいた時に、千原ジュニアさんに背中を押してもらって、それ以降は俳優として活躍するようになっていきました。

自分の好きな事をして生きるのは難しいものですが、自分の得意な分野を仕事にする事により成功する方は意外と多くいます。もしも、自分の好きな事でいつまでも成功できない場合には、思いきって得意分野で勝負してみるのも悪くはないでしょう。

ドラマ『ケイヤク』を見られる動画配信

動画配信『Hulu』に入会したら、ドラマ『ケイ×ヤク-あぶない相棒- 第1話』を見られます。月額料金は税込1,026円ですが、初入会の方であれば2週間は無料で見られます。

ただし、本ページの情報は2022年1月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

ドラマ『ケイヤク 第8話』の見所とまとめ

第8話では、J(演:三浦誠己)が、なかなか凄みのある感じで、良かったですね。いまいち理解しづらいのは、槙村エミリが射殺されても構わないという感じになっていた事ですね。

あれほど強かった女性が、簡単に捕まってしまうのも不自然ですし、そのあたりの真相は次回で分かるのかなと期待したい所です。

ラストシーンでは、央莉音が撃たれてしまうので、致命傷にならないのか?少し気になってしまいますね。