AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


葉山今日子(内山理名)に超音波検査が有効な理由!ドラマ『ラジエーションハウス 第3話』

ドラマ『ラジエーションハウス 第3話』では、葉山今日子(内山理名)の乳ガン検査に、超音波検査が採用されるので、なぜ超音波が有効なのか詳しく解説します。

ドラマ『ラジエーションハウス 第3話』のキャスト

ラジエーションハウス  第1シリーズは、フジテレビ系列で、2019年4月8日〜6月17日の間に放送されました。

脚本&原作

登場人物&俳優

  • 五十嵐唯織(演:窪田正孝)好きな人のために放射線技師になった男性
  • 甘春杏(演:本田翼)幼馴染の五十嵐唯織を忘れてしまった女医
  • 広瀬裕乃(演:広瀬アリス)五十嵐唯織と同期の放射線技師
  • 小野寺俊夫(演:遠藤憲一放射線技師長
  • 黒羽たまき(演:山口紗弥加)技師長を何とも思わない部下
  • 軒下五郎(演:浜野謙太)女好きの放射線技師
  • 威能圭(演:丸山智己)口数が少なくて冷静な放射線技師
  • 悠木倫(演:矢野聖人)五十嵐唯織の動向に呆れてしまう放射線技師
  • 辻村駿太郎(演:鈴木伸之)技師を軽んじる医師
  • 鏑木安富(演:浅野和之放射線技師に注文ばかりする診療部長
  • 大森渚(演:和久井映見)甘春総合病院の病院長
  • 葉山今日子(演:内山理名)女性の編集者
  • 平田公太(演:松下洸平)葉山今日子の婚約者
  • 谷山医師(演:小松和重)葉山今日子の担当医

ドラマ『ラジエーションハウス 第3話』のストーリー

葉山今日子は、乳ガンにかかっているのか検査を受けますが、デンスブレスト(乳腺が濃い)だったので、乳ガンになっているのかどうか?判断がつきづらかったのです。

五十嵐唯織は、甘春杏に「この患者さんは、デンスブレトなので、マンモグラフィ検査だけでは乳ガンを見つける事が難しいです」とお願いしますが「多くの日本人女性はデンスブレストなんですよ?全員が再検査したら、キリがない」と反対されます。

確かに、多くの女性が再検査をしていたら、検査を受けられなくなる人が出てくるので、甘春杏の言葉には一理ありました。

しかし、五十嵐唯織は諦めきれずに「葉山今日子さん、あなたはデンブレストです。マンモグラフィ検査だけでは、乳ガンがあるのか見つける事は難しいです。今すぐ超音波検査を受けて下さい」と頼み込みます。

葉山今日子の担当医 谷山医師は「私が診察した患者を、なんで再検査したんだ?」と文句を言いに来ますが、マンモグラフィ検査の結果では乳ガンは見つけられませんでした。

それでも、五十嵐唯織は「この写真を見て下さい。ここにわずかに怪しい所があります。贈与剤を投与して、再検査させて下さい」と頼み続けるので、ついに甘春杏も一緒に頭を下げて再検査する事になります。

その頃、黒羽たまきも乳ガンの可能性があったので、甘春杏が「10万円払うので、私に検査させて下さい」と頼んでいました。はたして、葉山今日子や黒羽たまきたちは乳ガンを発症しているのでしょうか?

『葉山今日子(内山理名)に超音波検査が有効な理由』

葉山今日子(内山理名)は、乳ガン検査をする時に、マンモグラフィ検査で異常なしと出ました。

しかし、乳腺密度の高いデンブレストだったので、本当は乳ガンの可能性が否定できないのに、医師が「ほかのケースでも、こういう場合は異常なしと出しているので、仕方ないから異常なし出すしかない」という勝手な理屈で出した誤診です。

それでは、なぜ五十嵐唯織が、超音波検査を提案したのかと言えば、それは2つの検査による色が大きく関係しています。

マンモグラフィ検査では、脂肪が黒く写り、乳腺とガン細胞は白く写ります。つまり、乳腺濃度が高い場合だと、どの白がガン細胞か?どの白が乳腺なのか?判断しづらい訳です。

参照元https://www.docknet.jp/media/cancer-26/

それに引き換え、超音波検査では、しこりとなる部分が黒く写るので、デンブレストの場合でも乳ガンを見つけやすくなります。そのため、デンブレストで乳ガンになっているかどうか?心配な場合は、超音波検査も受けたほうが良いでしょう。

ドラマ『ラジエーションハウス 第3話』の見所とまとめ

f:id:akira2013web:20220302234343p:plain

引用:https://www.fujitv.co.jp/radiationhouse/index.html

第2話に続いて、第3話でもガンがテーマになっていますが、多くの日本人がガンによって亡くなっているので、これは仕方のない所かもしれません。

最近では、医療ドラマで、現実ではありえない治療の仕方をしますが、このドラマはリアリティーのある部分が多いので、好感が持てますね。

それにしても、甘春杏(演:本田翼)は安易な診察をしてしまうので、そんな事では浜辺美波さんから「それ、誤診です」と突っ込まれてしまいますよ(苦笑)。

www.akira-movies-drama.com黒羽たまきは、後輩から心配されているのに、10万円を要求する所があるので、もう少し後輩に優しく接してあげれば良いのにと思ってしまいましたね。