サリマンの犬の犬種や画像を紹介!映画『ハウルの動く城』

映画『ハウルの動く城』で、魔法使い サリマンの犬が出てきますが、この犬の犬種が何か?詳しく紹介しましょう。

映画『ハウルの動く城』のキャスト

日本のジブリ映画『ハウルの動く城』は、2004年11月20日に上映されました。

監督&脚本&原作

ヒロインが老婆になってしまうというのは、ジブリでは初の試みでした。そのような記念碑的な作品『ハウルの動く城』を製作したのが、宮崎駿監督です。

登場人物と声優

ソフィーが、多くの魔法使いから翻弄されていく『ハウルの動く城』では、ジャニーズの木村拓也さんも参加していました。その声は、木村拓也さんの普段の声と大きく違っていたので、声優としての才能もあるんだなと驚かされます。

映画『ハウルの動く城』のストーリー

ソフィーは街を歩いていたら、兵士にナンパされてしまって、断ろうとします。しかし兵士があまりにもしつこい所で、金髪をしたイケメンが助けに来てくれて、ソフィーを連れて空を歩いていき、ソフィーの行きたかった所まで連れていったのです。

それから、ソフィーは、妹のレティーに会いに来て、今までの経緯を説明したら「それ魔法使いじゃないの?その魔法使いがハウルだったら、お姉ちゃん心臓を食べられちゃうよ。」と忠告されます。

ソフィーは「美人じゃなかったら、狙われないわ」と言って、妹の忠告に耳を傾けません。しかし、レティー荒地の魔女まで来ている事を心配しますが、ソフィーはお店に戻っていきます。

ソフィーは、夜遅い時間帯にお店に一人でいたら、そこに小太りで怪しそうな女性が来店して「安っぽい店、安っぽい帽子あなたも十分安っぽいわね」と言ってきました。

ソフィーはムカッとてき「ここは、しがない帽子屋のお店です、どうぞお引き取りください」と言い放ちます。

怪しい女性は荒地の魔女に張り合おうなんて良い度胸ね」と言って、飛びかかってきて「その呪いは人には話せないからね、ハウルによろしくね」と言って、立ち去っていきました。

ソフィーは気がついたら、自分の肌がシワシワになって、血管が浮き上がっている事に気付きます。鏡を見たら、何とソフィーは老婆に変わっている事に気付きます。もう帽子屋にはいられないと思って、一人で旅に出ていくのです。

やがて、ソフィーはハウルの動く城に到着して、そこには金髪のイケメンが主人のハウルと分かり、城に住まわせてもらう事になりました。

しかし、ハウルは国王から戦に出るように迫られて危機が迫っていたのです!

『サリマンの犬の犬種』

f:id:akira2013web:20220307082151p:plain

引用:https://dog.benesse.ne.jp/doglist/medium/content/?id=41208

(上の画像は、プチバセットグリフォンバンデーン)

ソフィーは、ハウルの頼みで国王のもとへ向かいます。しかしハウルは変身してついていく事を言っていたので、ソフィーは途中からついてきた犬が、ハウルと勘違いします。しかし、その犬はサリマンのペットで『ヒン』という名前をしていました。

そのヒンには、モデルになった犬がいるとインターネットでは、大きな話題を呼んでいます。そして、その犬のモデルになったのが『プチバセットグリフォンバンデーン』です。

その犬は、上の画像にありますが、これも正式に発表された訳ではありません。そのため、都市伝説のように思ってもらえれば、幸いです。

このヒンは、サリマンの使いという事もあって、ソフィーに信用されなくなりました。しかし、ハウルの城までついてくるので、観念したソフィーはヒンにも優しく接していきます。

そして、ヒンはラストシーンでは、少し心憎い行動をしてくれて、見る人の心を和ませてくれるのです。

ハウルの動く城』と他の映画を比較

老婆になったソフィーが、若い美青年のハウルに恋をしてしまい、年齢差の壁を超えて、愛が育まれようとします。

しかし、それ以上に高い壁を乗り越えようとする映画があって、それがジブリ作品の『崖の上のポニョ』です。この作品では、魚だったポニョが、人間の少年に助けてもらい、種別の壁を超えて、少年の恋人になろうとするのです。

作品自体は、それほどリアルではありませんが、今作以上に高いハードルを越えようとするので、見てみる価値はあるでしょう。

映画『ハウルの動く城』の感想

f:id:akira2013web:20220307083206j:plain

引用:https://www.amazon.co.jp/

ハウルの動く城で、ヒロインが老婆になってしまうので、見る人によって、好みの分かれる作品になっています。そのような好みが分かれそうなアニメを見た感想を紹介するので、参考にしてみて下さい。

映画『ハウルの動く城』のオススメ層

少女から老婆に変わってしまいますが、それでもハウルを助けて愛する作品になっているので、キッズからシニア層までオススメの映画です。

ただし、ジブリ作品としてはあまりリアルではない作品なので、ややお子様向けの映画かなという感じはしますね。

  • キッズ:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 若年層:⭐️⭐️⭐️
  • 中年層:⭐️⭐️⭐️
  • シニア層:⭐️⭐️⭐️⭐️

映画『ハウルの動く城』の残念な所

ソフィーは、荒地の魔女によって老婆に変わってしまいますが、その荒地の魔女も途中で老婆に変わってしまいます。そのため、美しい女性があまり登場してこないのが、このアニメの残念な所になっています。

ただし、途中からソフィーは若返ったり老婆に戻ったりするので、途中からはあまり気にならなくなります。そのため、最後まで見ていれば、それほど不満に思う所は少ないアニメと言えるでしょう。

映画『ハウルの動く城』の見所

若いソフィーが、老婆に変わる事によって、歩く事が辛くなったり、冷静になれたりします。そのため、このアニメを見ていたら、歳を取った時に苦労を知る事ができるのは大きな見所になっています。

さらに、ソフィーだけではなく、鳥に変身するハウルや、老婆になってしまう荒地の魔女など、様々な人物が変わっていくストーリーも見逃せないポイントです。そしてジブリの名作に名曲あり!」

これは、私がそう思っているだけですが、風の谷のナウシカ耳をすませば千と千尋の神隠しなどでもジブリの名作には心に響く音楽が流れています。

このハウルの動く城でも、心に響く繊細で切ない音楽が流れるので、その辺りも、この作品の大きな見所になっています。