AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


罰と罪とは何だったのか詳しく紹介!映画『かぐや姫の物語』

ジブリ映画『かぐや姫の物語』では、かぐや姫の罰と罪について詳しく解説されていなかったので、それが何か?詳しく紹介しましょう。

映画『かぐや姫の物語』のキャスト

日本のジブリ映画『かぐや姫の物語』は、2013年11月23日に上映されました。

監督&脚本&原作

日本の最古の物語と言われている『竹取物語』が原作になっている映画『かぐや姫の物語』を製作したのが、高畑勲監督です。

登場人物と声優

映画『かぐや姫の物語』には、俳優や女優たちが声優陣として参加しています。

主題歌

映画『かぐや姫の物語』のストーリー

昔、おきなという者が竹を取っていたら、光り輝く竹を見つけたので、恐る恐る光り輝く竹に近づいたら、近くにあった竹の子が伸びていき、そこから可愛らしい女の子が見えたのです。

翁は、この女の子は天からの授かりものと思って、家へ持ち帰りますが、この女の子の罪深さに翁は気づいていませんでした。翁は家に帰り、妻のおうなに竹で女の子を拾ってきた事を打ち明けます。

竹から授かった娘は、みるみる成長していき、周りの若者たちから「たけのこ、たけのこ」と冷やかされるのです。

翁は、姫に見合うほどの屋敷に住まわせようとしていて、姫は捨丸と離れ離れになってしまいました。

翁は、相模に姫に英才教育をしてもらおうとしますが、姫は稽古中にふざけたり抜け出したりしました。相模は、そんな姫に手を焼きますが、書道や琴の稽古をつけていきます。

翁は斎部秋田に、姫の名前を付けてくれるように頼みます。斎部秋田は、姫を見たら、その美しさに圧倒されます。斎部秋田は、なよ竹のようにしなやかな姿で、光り輝くような美しさから『かぐや姫』と名付けます。

その話が都に広まったら、多くの尊き男たちが、姫に一目会いたいと熱望するようにな

ります。そして、大納言や皇子など5人の尊き男たちが、かぐや姫の前で自分の妻になっていもらいたく、必死に口説き始めます。

しかし、姫は男たちに無理難題な条件ばかりつきつけて、誰もが夫になる事ができませんでした。

ついに帝までもが、かぐや姫を妻にしたいと思いますが、誰が、かぐや姫の夫になれるのでしょうか?

かぐや姫の罰と罪』

かぐや姫には、罪と罰があるようにPRされていましたが、それが何か?詳しくは出てこなかったように見えました。

しかし、あえて言えば、かぐや姫は男を惑わし、結局は誰とも付き合わずに、男がうろたえる姿を見て笑っていたので、このような行為が罪だったのではないでしょうか?

かぐや姫の行為により、大きな悲劇が生まれてしまったので、そんな姫は地球から月を返されていきますが、まだ地球にいたいようなそぶりを見せます。

男と付き合う気もなかったのに、ここまでの事をしたら付き合っても良いと、もてあそんだ姫を、早く月に戻そうとしたのが罰だったようにも感じられます。

ジブリファンの間では、本来は月にいるハズなのに、地球で様々な感情を抱き体験をした事が罪ではないのか?という意見もありますが、私は男をたぶらかしたほうが罪だったような気がしてなりません。

ジブリ映画の全作品の豆知識・ストーリー

www.akira-movies-drama.com上の内部リンクをタップ(クリック )したら、ジブリ映画の全作品の豆知識・キャスト・ストーリーなどを見られるので、良かったら参考にしてみて下さい。

かぐや姫の物語』と他の映画を比較

かなり古い映画になりますが、日本の代表的な物語『里見八犬伝』を実写化したものがあり、里見家で生き残った静姫のもとに八人の剣士たちが集まっていきます。

やがて、妖怪たちの巣窟に攻め込んでいきますが、その壮大なスケールや迫力は、かぐや姫の物語をはるかに匹敵していました。

どちらも日本の昔の物語を映画化したものですが、見どころの多さで言えば、里見八犬伝のほうが上かなという感じますね。

映画『かぐや姫の物語』の感想

f:id:akira2013web:20220309192351j:plain

引用:https://www.amazon.co.jp/

月で罪を犯して、地球でも罪を犯した姫の映画『かぐや姫の物語』を見た感想を紹介するので、参考にしてみて下さい。

映画『かぐや姫の物語』のオススメ層

かぐや姫が、高貴な男たちを困らせて、笑ってしまうので、どちらかと言えば女性よりの映画と言えますね。普段から、男に対してうっぷんがたまっていて、ギャフンと言わせたい方が、この映画を見たら、爽快な気分になってしまうかもしれません。

その代わり、男が見たら、容姿は可愛くても性格がちょっとなぁと思ってしまうでしょう。

  • 女性:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 男性:⭐️⭐️
  • キッズ:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 若年層:⭐️⭐️⭐️
  • 中年層:⭐️⭐️⭐️
  • シニア層:⭐️⭐️⭐️

映画『かぐや姫の物語』の残念な所

かぐや姫は月で、地球の生活に憧れてしまいますが、この事が罪になる事を不思議に思う方は多いでしょう。私も、この映画を見た時はサッパリ意味が分かりませんでした。所が、色々と調べてみたら、少しずつ分かってきました。

それは、当時の日本では、この世に生きる事は修行であるという考えがありました。つまり、その地球上に生きる人間は半人前の生き物であり、そのような者たちが生きる所の生活に憧れるのは、罪以外の何物でもないという事です。

しかし、原作の竹取物語では、かぐや姫の犯した罪はしっかりと描かれていません。それでも多くの学者たちは、多くの男たちの求婚を断ってから、かぐや姫の罪がなくなって迎えがきた事から、禁断の恋をしたのではないかと推測している方が多くいます。

何にせよ、この作品はストーリーは難しすぎるので、その辺りは残念な所ですね。

映画『かぐや姫の物語』の見所

かぐや姫の物語はストーリーが難しすぎて、分かりづらくなっていますが、淡いタッチで描かれた絵は美しいの一言です。そのため、アニメーションというよりは、美しい絵画が何枚も動いているように見えてしまう所が、この作品の大きな見所です。