AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


カメがイカダを何回も大破してしまう理由を紹介!映画『レッドタートル ある島の物語』

日本のジブリ映画『レッドタートル ある島の物語』では、亀が男の邪魔をして、何度もイカダを大破してしまうので、その理由について詳しく紹介しましょう。

映画『レッドタートル ある島の物語』のキャスト

レッドタートル ある島の物語は、ジブリのアニメ作品として、2016年9月17日に日本で上映されました。そして、DVDの収録時間は81分です。

監督&脚本&原作

レッドタートル ある島の物語は、ジブリ作品としては珍しく、日本だけではなくフランスと合作した映画になります。そして、監督はマイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット氏が務めました。

登場人物

亀と人間の男の間で育まれる愛にスポットを当てた映画『レッドタートル ある島の物語』に登場する人物を紹介します(声優は発表されていません)。

  • 男:無人島に漂着した男
  • 女:不思議な現象を起こす女性
  • 息子:男と女の間に生まれた息子

映画『レッドタートル ある島の物語』のストーリー

男は海で航海している時に、荒波にのまれて、無人島に漂着したら、近くを歩いてきたのが、生まれたばかりの亀でした。男は亀を捕まえますが、近くに亀たちが行進していたので、そっと離してあげます。

島には誰もいないので、男はついにイカダを作って島から出ようとしますが、何かが海中から築き上げていき、大破してしまいました。それでも、めげずに再びイカダを作ったら、大きくて赤い亀が突き上げていき、再びイカダが大破されてしまったのです!

男は、何回も船を大破したのは、あの亀だったんだなと怒りに燃えます。そして、その亀が島に上陸してきたので、今までの恨みを晴らすために、木の棒で亀の顔を思いっきり叩きます。それから、男は亀をひっくり返してしまうのです。

男はざまぁみろと思いますが、それから日差しが強くなってきました。さすがに可哀想と思ったのか、亀をひっくり返して元に戻そうとしますが、重すぎてひっくり返せません。

それどころか、亀は動かなくなってしまって、男は後悔し始めます。所が、いつの間にか甲羅の中に入っていた亀は人間の女に変わっていました。男は、女の顔に水を与えて、日差しが当たらないように、木と葉を使って日陰を作ってあげます。

日陰を作ってあげてから、雨が降り始めて女は目を覚まします。そして、女は男に貝を与えようとしますが、男は木の棒で叩いた事を気にしてしまいます。それでも女は貝を与えようとして、二人は少しずつ惹かれあっていきます。

二人の間に息子が生まれますが、息子は成長していき、3匹の亀が海岸で迎えにきます。息子は亀に案内されるように航海を始めました。

その間に男と女は白髪姿になってしまうほど、年齢を重ねていき、男は息を引き取り、女性は嘆き悲しんで亀に戻っていきました。

はたして、この亀は、これからどこへ向かおうとするのでしょうか?

『亀がイカダを何度も破壊した理由とは?』

男が何度も無人島から脱出しようとして、イカダで航海しようとしますが、カメに何度も破壊されてしまいました。

なぜ、カメはこんな事をしたのか?それは男を愛していたのではないでしょうか?

そのため、男が無人島から離れてしまうのは困ると思って、イカダを何度も破壊したのでしょう。

亀が人間に変わっていきますが、なぜか子供はカメでした。そう考えたら、もしかしたら、最初から人間に変わったのではなく、男の幻覚でカメが人間の女に見えたのかもしれません。

謎の多い作品ですが、カメが男と、一緒に無人島で暮らしたかったのは間違いないハズです。

ジブリ映画の全作品の豆知識・ストーリー

www.akira-movies-drama.com上の内部リンクをタップ(クリック )したら、ジブリ映画の全作品の豆知識・キャスト・ストーリーなどを見られるので、良かったら参考にしてみて下さい。

レッドタートル ある島の物語』と他の映画を比較

レッドタートル ある島の物語は、ジブリ映画『崖の上のポニョ』とよく似ている作品で、海に生きる動物が人間と愛し合う作品になっています。

唯一違うのは、レッドタートル ある島の物語は言葉が出てこなくて、叫び声や波の音ぐらいしか聞こえない所ですね。

しかし、ここも実は類似点があって、ジブリは今までにない挑戦をしたかったのではないでしょうか?崖の上のポニョは、今までの作品と違って、あまりリアルに描かない事によって、どういった作品になるか?それに挑戦した作品と言えます。

それに比べて、レッドタートル ある島の物語は言葉をあえてカットする事によって、どこまでの作品に昇華できるのか?挑戦したかったように見えますね。

www.akira-movies-drama.com

映画『レッドタートル ある島の物語』の感想

f:id:akira2013web:20220310062626j:plain

引用:https://www.amazon.co.jp

亀と人間の男が愛し合う映画『レッドタートル ある島の物語』を見た感想を紹介するので、参考にしてみて下さい。

映画『レッドタートル ある島の物語』のオススメ層

人間同士の言葉のコミュニケーションがないとは言え、男が無人島で美しい女性と一緒に暮らして、のんびりと過ごせるのは、何やら凄く羨ましい作品に思えました。

そういった事を考えたら、忙しい毎日から抜け出したいと思う方は、この作品を見たら、少し癒されるように思えます。自分は、この作品を見たら『こんな生活を送ってみたいねぇ』と思ってしまいましたね。

  • 忙しい毎日を過ごしている方:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 男性:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 女性:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • キッズ:⭐️⭐️⭐️
  • 若年層:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 中年層:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • シニア層:⭐️⭐️⭐️

映画『レッドタートル ある島の物語』の残念な所

亀だったものが人間の女性に変わって、美しい島で人間の男と愛し合いますが、お互いに言葉を話さない内容になっています。そのため、男が絶望した時に、叫び声をあげるぐらいだったので、少し物足りなく感じてしまう方は多いかもしれません。

そのため、謎に思う事があるので、よく見ておかなければ、ストーリーについていけない内容になっています。

映画『レッドタートル ある島の物語』の見所

亀が男を愛するようになったのは、生まればかりの時に男と触れ合った事が大きく関係しているでしょう。

そのため、イカダをつき上げたのも男に会いたかっただけかもしれません。しかし、必死に作り上げたイカダを何回も壊された男に叩かれてしまう上に、ひっくり返されてしまいます。

そのようなヒドイ目にあったのに、亀が男を愛し続けたのは、日陰を作ってくれた事が大きいでしょう。そして、美しい島で、亀から人間の女に変わって、男女が美しい島で愛し合う姿は幻想的で美しい内容になっています。

そのため、こんな世界で美しい女性と生きられたら良いだろうなぁと思ってしまいます。このように、心が癒される所が、この映画の大きな見所でしょう。